TOP > 失敗しない色選び > 外壁・屋根塗装の配色事例を紹介-色選びの参考になる写真付き|外壁塗装110番

外壁・屋根塗装の配色事例を紹介-色選びの参考になる写真付き

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

外壁・屋根塗装の色を決める場合は、まずは他の方の施工事例を見て気に入った配色を探すことをオススメします。他の方の配色を見るには、お住いの近くを探して写真を撮ることをオススメしますが、時間がかかります。そこで、このページでは、当サイトを通して過去に施工した事例を色別で掲載していきます。

ますは、様々な方の施工事例を見て、気に入った配色を探してみてください。
※この画像は、当サイトを通して施工したお客様で公開の許可を得たもののみとなります

艶による色の見た目の違いは「写真で比べる5種類の艶の違いと特徴」で説明しています。

ベージュ系

一番人気のベージュ。色を薄くすると落ち着いた優しいイメージになり、少し濃いめだと可愛らしいイメージになります。

ホワイト系

2番目に人気なホワイト。どんな色にでも相性がよく、周りの住宅とも調和しやすいので失敗の少ない色です。但し、汚れが目立つというデメリットもあります。

グレー系

3番目に人気なグレー。落ち着いた大人っぽいイメージになります。汚れも目立ちにくい色です。

ブラウン系

4番目に人気な茶色。明るい茶色にすると可愛らしくなり、濃いめの茶色にすると落ち着いたイメージになります。

イエロー系

意外と多い黄色。明るく元気なイメージになります。

オレンジ系

温かみのあるイメージになるオレンジ。あまり多くはありません。

ピンク系

薄い色で使うと可愛らしいイメージになるピンク。

パープル系

癒しの色とされる紫色。住宅の塗装ではあまり使われませんが、華やかなイメージになります。

レッド系

インパクトが強くあまり使われない赤色。周りの家との調和もあるので、しっかりと考えて選びたい色です。

グリーン系

自然の色に近い緑色。色の濃さで全然違うイメージになります。

ブルー系

薄い水色なら海辺にあるような爽やかなイメージの色になり、濃い青色は落ち着いたイメージの色になります。

ブラック系

ツートンカラーで使われることが多い黒色。大人っぽい落ち着いたイメージになります。

その他、見積書を取るときの注意点に関するコンテンツ

外壁塗装経験者268人に聞いた色などに関するアンケート

「色は何色が人気なのか?」このような質問が多くあります。ここでは、全国の塗装経験がある268人にアンケートを取った結果を掲載します。

色見本や塗り板で色を選ぶときの注意点

実際の塗料の色をまとめた色見本で色を選ぶときの注意点を説笑みしています。

写真で比べる5種類の艶の違いと特徴

艶の種類は5種類あり、それぞれの見え方を写真で説明していきます。

今の色をそのまま活かせる透明なクリヤー塗料

今ある模様をそのままにしたい場合などに使う透明な塗料についての説明をします。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

外壁塗装のベストシーズンと、業者が最も塗装に向かないと答えた時期を説明していきます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る