TOP > 外壁塗装業者の選び方 > 吹き付け塗装(エアスプレー塗装、エアレススプレー塗装)とは?

吹き付け塗装(エアスプレー塗装、エアレススプレー塗装)とは?

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

外壁塗装は、基本的にはローラーや刷毛で塗りますが、狭くて塗料やローラーなどの道具を持ち運べない場合は、吹き付け塗料にする場合もあります。ローラーでも吹き付けでも、しっかり施工できる業者であれば、仕上がり後の耐久年数は変わりません。吹き付け塗装の注意点は、ローラーなどに比べ塗料が飛び散りやすい点です。

スプレーガンの写真吹き付け塗装とは、専用の吹付機やガンなどを使って行う塗装の方法の一種です。主に建物の外壁の塗装に使われることが多いです。室内でも使用はできますが、あまり使われません。

吹き付け塗装には、空気を圧縮して塗料を霧状にしてスプレーから噴射して塗装を行うエアスプレー塗装と、空気を使わず塗料そのものに高圧をかけて、スプレーから噴射して塗装を行うエアレススプレー塗装があります。

エアスプレー塗装の特徴

長所

・エアスプレーに比べて、塗料が節約できる
・塗料の噴出量が多く、作業効率が良い
・エアスプレーよりも高粘度の塗料が使えるので、厚い塗膜が作りやすい

短所

・塗装粒子(塗装面)が粗くなりやすい
・小さいところへの塗装には不向き

エアレススプレー塗装の特徴

長所

・作業効率が良い
・塗装面が平滑で、美しい仕上がりになりやすい
・設備が比較的に安価で手軽に利用できる

短所

・塗膜が薄くなりやすい。
・塗膜が薄い割に多くの塗料を必要とする

業者選びに関するお役立ちコンテンツ

【行政書士監修】自分でできるクーリングオフの手続き

クーリングオフとは、契約した後に8日間であれば無条件で契約を解除する制度ですが、実は8日を越えても解除できることがあります。ここでは、クーリングオフ手続きのやり方とサンプル、事例を掲載しています。

悪徳業者が良く使う手口

怪しい業者に引っかからないためにも、うまい話には裏があると思っておいた方が無難です。ここでは、悪徳業者がよく使う手口について説明します。


契約する窓口で内容が全然違う!7つある契約窓口の違と特徴

ひとことで「外壁塗装」と言っても契約する会社によって、価格も品質も変わる点を説明します。

資格や許可書、免許を持っている業者を選ぶ

塗装業は、資格がなくても営業できますが、実はちゃんとした国家資格などもあります。この資格について説明します。


塗装料金の支払い方の種類

外壁塗装の支払いは、施工後に現金一括払いが基本です。しかし、最近では、クレジットカードでの支払いに対応している業者も出てきました。ここでは、様々な支払い方法の説明をします。

2種類ある塗装の保証。メーカー保証と自社保証の違いとは?

施工完了後に不具合があった場合に無料で修復や塗り直ししてもらえる保証制度について説明します。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、見積書のチェックポイントなどを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

外壁塗装の見積書のチェックポイントは簡単です。ここでは、悪徳業者の見積書の事例なども掲載しています。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る