TOP > 外壁塗装業者の選び方 > プロの職人が使う塗料を塗る道具

プロの職人が使う塗料を塗る道具

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

プロの職人たちは、建物の個所や素材によって、様々なローラーや刷毛を使います。このような道具を的確に使うことでしっかりとした塗装になります。

塗料を塗るときには、刷毛、ローラー、吹付け(スプレー)の3種類を使い塗装します。今、一番使われているのは、ローラーです。逆にスプレーはあまり特殊な工法以外では使いません。

使う道具によって耐久年数が変わると思っている方もいますが、規定の所要量(塗料の量)を守っていれば、耐久年数は変わりません。

ローラー

ウールローラーの写真 刷毛よりも2~3倍も広い範囲を塗れて、ムラにもなりにくいので、職人の技術の差が出にくい道具です。刷毛と比べる塗る早さもローラーの方が2倍は早いです。そのため、最近では一番使われています。

ローラーの中にもたくさんの種類があり、一番よく使われるのが、砂骨ローラーです。ウールローラーと比べて塗布量が2~3倍になります。

また、外壁面によっても使うタイプを分けます。例えば、凹凸があるような粗い面には長毛タイプのローラーで奥まで塗料が届くようにします。逆に平らな面には短毛タイプのものを使います。

刷毛(はけ)

刷毛の写真 刷毛は、職人による力の差が出やすい難しい道具ですが、熟練の職人が塗れば3種類の中で一番綺麗に塗れます。マスキングテープを使わなくても真っ直ぐ直線を引けたりメリットもありますが、時間がかかるなどのデメリットもあるため、あまり使われなくなってきています。但し、ローラーでは塗りにくい細かい部位などには今も使われます。

刷毛の種類はたくさんあり、一番オーソドックスな平刷毛、粘着性の高い塗料を塗るときに使う寸胴刷毛、目地部分に使われる目地刷毛などなど。プロの職人であれば10種類以上の刷毛を使い分けます。毛の部分には、馬毛(天尾、振毛、胴毛、足毛)、豚毛、山羊毛、ナイロン、植物繊維の加工品などが使われていて、扱う塗料や用途で使い分けます。

使用後は、しっかりと塗料を洗わないとすぐに使えなくなってしまいます。水性塗料の場合は、ヘラで塗料を落とし、水で洗い流した後に洗剤で洗います。油性塗料の場合は、ヘラで塗料を落とし、うすめ液で洗い流した後に洗剤で洗います。

吹付け(スプレー)

スプレーガンの写真 吹付け(スプレー)には2種類あり、空気の力で塗料を霧状にして吹き付けるエアースプレーと、空気を使わないで塗料に圧力を加えて吹き付けるエアレススプレーがあります。

塗料が周りに飛び散ったり、騒音になったり、ムラになりやすいことから、一般住宅ではあまり使いません。

但し、スタッコ、リシン模様などの模様を付ける場合には使います。吹きつけ塗装をする場合は、外壁面から20cmほどの適度な距離を取りつつ、直角に吹き付けないとムラになります。

塗装のスピードに関しては、3種類の中で一番早いです。業者によっては好んで使う業者もいます。

業者選びに関するお役立ちコンテンツ

【行政書士監修】自分でできるクーリングオフの手続き

クーリングオフとは、契約した後に8日間であれば無条件で契約を解除する制度ですが、実は8日を越えても解除できることがあります。ここでは、クーリングオフ手続きのやり方とサンプル、事例を掲載しています。

悪徳業者が良く使う手口

怪しい業者に引っかからないためにも、うまい話には裏があると思っておいた方が無難です。ここでは、悪徳業者がよく使う手口について説明します。


契約する窓口で内容が全然違う!7つある契約窓口の違と特徴

ひとことで「外壁塗装」と言っても契約する会社によって、価格も品質も変わる点を説明します。

資格や許可書、免許を持っている業者を選ぶ

塗装業は、資格がなくても営業できますが、実はちゃんとした国家資格などもあります。この資格について説明します。


塗装料金の支払い方の種類

外壁塗装の支払いは、施工後に現金一括払いが基本です。しかし、最近では、クレジットカードでの支払いに対応している業者も出てきました。ここでは、様々な支払い方法の説明をします。

2種類ある塗装の保証。メーカー保証と自社保証の違いとは?

施工完了後に不具合があった場合に無料で修復や塗り直ししてもらえる保証制度について説明します。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、見積書のチェックポイントなどを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

外壁塗装の見積書のチェックポイントは簡単です。ここでは、悪徳業者の見積書の事例なども掲載しています。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る