TOP > 外壁塗装の見積りチェックポイント > 各面積の計算方法

各面積の計算方法

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

幼い頃に一緒に住んでいた祖母が、悪徳業者に騙されたことが当サービスを始めるきっかけになる。2011年に業界初のネット仲介サイト「外壁塗装110番」を立ち上げ、塗装に悩む1万人以上のお客様の相談に対応。

外壁や屋根塗装の見積りは、「塗る部分の面積 x 塗料の単価」で決まります。そのため、一部の悪徳業者は、見積り金額を高くするために塗る部分の面積を大きめに出す業者もおります。このような場合、自分である程度の面積を計算できると騙される可能性が少なくなります。

外壁塗装の面積を計算する方法

外壁塗装の料金を計算するときは「外壁面積x塗料の平米単価」で求められます。高すぎる見積書のほとんどが外壁の面積が大きく出されていますで、この面積が適正かを見抜く方法を説明していきます。> 詳細はこちら

屋根塗装の面積を計算する方法

外壁塗装と同じで、屋根塗装の料金を計算するときは「屋根面積x塗料の平米単価」で求められます。この面積が適正かを見抜く方法を説明していきます。 > 詳細はこちら

足場の面積を計算する方法

足場の料金を計算するときは「足場の面積x足場の平米単価」で求められます。足場の単価は800円前後です。足場の面積も大きく出す業者がいるので、適正かを見抜く方法を説明していきます。 > 詳細はこちら

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る