TOP > 外壁塗装の基礎知識 > 助成金や火災保険などお得情報 > 外壁塗装で住宅エコポイント(省エネ住宅ポイント)は貰えるのか?

外壁塗装で住宅エコポイント(省エネ住宅ポイント)は貰えるのか?

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

住宅エコポイント(省エネ住宅ポイント)は、塗装ではなく断熱材を使用する断熱リフォームなので、塗装は対象外です。但し、断熱塗料の注目度が高くなっているので、今後は対象になる可能性はあります。

正確に言うと、エコポイントと言ってもその年度によって正式名称は違います。

旧:住宅エコポイント 平成23年10月21日~平成24年10月31日
新:省エネ住宅ポイント 平成27年3月10日~平成27年11月30日

住宅エコポイントとは復興支援を目的として、もらったポイントを被災地の商品などと交換できる制度です。こちらは既に終わっています。

その後に、平成27年3月10日より始まった新しい住宅エコポイントのような制度が、省エネ住宅ポイントです。結論から言うと外壁・屋根塗装の場合は対象外なのでもらえません公式サイトはこちらです。

対象となるエコリフォームに「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」とあるので、塗装でも対応になりそうな気はしますが、よく読むと「一定の使用量以上の断熱材を使用する断熱改修を対象」なっています。

1点だけ注意することは、「エコポイント対象になるから早く契約した方がいいですよ」という業者が出てくる可能性があることです。そのため、外壁・屋根塗装はエコポイントは対象外ということだけ覚えておきましょう。

今回の省エネ住宅ポイントで外壁・屋根塗装が対象にならなかったのは、まだ断熱・遮熱塗料だけでは節電効果が低いと認識されているからだと思います。しかし、今度はこのような塗料の開発もどんどん進んで行くことが予想されるので、エコポイントが対象になる日も来ると思います。

助成金や火災保険などお得情報に関する記事一覧

火災保険を使えば、無料で塗装できるという営業をする業者もいますが、基本的に塗装は対象外になることが多いです。ここでは火災保険を使う塗装の注意点を説明していきます。

地域によって時期は異なりますが、遮熱・断熱系の塗料を使う場合に限り、助成金の対象になりことが多いです。ここでは、助成金について説明していきます。

災害や火災にあって家屋が損壊した場合でも保険や支援金を受けるためには罹災証明書が必要です。ここでは、罹災証明の取得の仕方を説明しています。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

外壁塗装のベストシーズンと、業者が最も塗装に向かないと答えた時期を説明していきます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る