TOP > 外壁塗装の基礎知識 > 助成金や火災保険などお得情報 > 罹災証明とは?発行してもらう方法を解説

罹災証明とは?発行してもらう方法を解説

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

罹災証明によって受けられる支援は官民合わせて各種あります。被害にあって疲弊しているなか、手続きを行うのはとても大変なことだと思いますが、できるだけ早めに申請するようにしてください。

災害や火災にあって家屋が損壊した場合、保険や支援を受けるためには罹災証明書を取得する必要があります。ここでは、万が一に備えて、罹災証明書の概要と発行手続きについてご説明します。

罹災証明とは

台風や地震などの自然災害や火災の被害にあった場合、その被災した家屋などの不動産の被害程度や原因等を証明する書類です。被害程度は全壊・大規模半壊・半壊・一部損壊・全焼・半焼・床上浸水・床下浸水・流出などの区分で認定されます。

罹災証明は、被災者が損害保険の請求や、各種被災者支援制度の適用を受ける際に必要となります。そこに記載された被害程度が、保険や支援の適用判断の材料として使用されます。

市町村(火災の場合は消防署)は、その地域に係わる災害または火災が発生した場合、被災者から申請があれば、速やかに現地の被害状況を調査し、罹災証明書を交付しなければなりません。

罹災証明の発行手続き

申請窓口

罹災証明書の発行申請は、被災者本人(委任状があれば代理人でも可)が行います。火災の場合は消防署、災害の場合は市町村に対して行います。申請の様式は自治体によって異なりますので消防署、役所に確認してください。

申請書には申請者氏名、住所、連絡先、建物の所在地、罹災日、災害(火災)の内容、被害状況などを記載します。本人証明書類(免許証など)と被害状況の写真が必要な場合がありますので、出来る限り現場の記録は残しておくようにして下さい。

現場調査

自治体の調査員が現場の被害状況を国が定めた調査方法に従って調査します。

認定・発行

現場調査の結果を受けて、自治体が被害程度を認定し、罹災証明書を発行します。内容に不服がある場合は、再調査を依頼できます。

罹災証明の申請期限

申請期限についても自治体によって異なります。しかし、被災の状況によっては期限内に申請が困難な場合もありますので、緩和措置を設けている場合が多いです。

助成金や火災保険などお得情報に関する記事一覧

火災保険を使えば、無料で塗装できるという営業をする業者もいますが、基本的に塗装は対象外になることが多いです。ここでは火災保険を使う塗装の注意点を説明していきます。

地域によって時期は異なりますが、遮熱・断熱系の塗料を使う場合に限り、助成金の対象になりことが多いです。ここでは、助成金について説明していきます。

省エネ住宅ポイントの対象は、塗装ではなく断熱材を使用する断熱リフォームです。但し、今後塗装も対象になる可能性があるので、ここでは省エネ住宅ポイントについて説明していきます。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

外壁塗装のベストシーズンと、業者が最も塗装に向かないと答えた時期を説明していきます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る