TOP > 外壁塗装の基礎知識 > 外壁や屋根に使われる素材 > サイディングの繋ぎ目を埋めるコーキング(シーリング)の重要性

サイディングの繋ぎ目を埋めるコーキング(シーリング)の重要性

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

コーキングもシーリングも呼び名が違うだけで同じものです。サイディングの繋ぎ目が劣化していると雨漏りの原因になるので、しっかりとした補修が必要です。補修方法は2パターンあり、打ち増し(600円/m2)が今あるコーキングの上から注入する方法で、打ち替え(1,000円/m2)が今あるコーキングを全て剥がし新たに注入する方法です。コーキングの劣化状況に合わせて、どちらかの方法で補修します。

コーキングとシーリングは、呼び名が違うが同じもの

シーリングの写真 コーキングとシーリングは、別の言葉に思えますが実際の現場ではあまり区別されず、会社や職人の個人差によって呼び変えられるます。多くの場合は、あらかじめ形が決まっているものをシーリング材と呼び、チューブ容器に入っていて専用のコーキングガンで施工するものをコーキング材ということが多いです。ただ、同じものだと思って間違いありません

外壁塗装では、サイディングの目地部分や雨戸の枠に使われます。これにより、気密性や防水性を高めることができます。シーリング材には塗料と同じように、シリコン、フッ素のようなタイプがあり、良く使うのは変成シリコーンシーリングとポリウレタンシーリングです。

補修には打ち増しと打ち直しの2パターンがある

コーキングの補修には、大きく分けて打ち増し打ち直しの2種類の方法があります。そこまで劣化が酷くない場合は打ち増し、劣化が激しい場合は打ち替えになります。

種類 単価/m2 特徴
打ち増し 600円前後 既存コーキングを撤去せずにその上から足して行う方法
打ち替え 1000円前後 現在あるコーキングを剥がして新たなものにする方法

1液と2液のちがい

シーリング材にも塗料と同じように1成分形と2成分形があります。使い方や費用は異なりますが、耐久性などは同じです。一般住宅では、シーリング全部を打ち変えると250mくらいはあります。そのため、かなりの量のシーリング材を使うので、費用の面から2液を使うことが多いです。

種類 費用 特徴
1液 とても高い すぐに使える
2液(良く使う) 安い 硬化剤、トナーなどを混ぜてから使う必要あり

施工のタイミングを決めるブリードタイプとノンブリードタイプ(NB)

ブリードとは、シーリング材に配合されている可塑剤が塗膜の表面に出てきてしまい、大気中の汚れを付着させてしまい、黒ずみなどの原因になる現象です。このようなタイプをブリードタイプと言います。ブリードタイプのシーリング材を使う場合は、塗装のあとにシーリング材を注入します。後打ちの方が色が沢山あります。

ノンブリードタイプとは、シーリング材の上に塗装をしてもブリード現象が起こらないタイプです。しかし耐久性が低いので、シーリング材を注入して後に塗装をします。

良く「シーリング工事の後に塗装をするのか?塗装をしてからシーリング工事をするのか?」この点について疑問に思う方が多いが、これはどのタイプのシーリング材を使うかで異なります。

モジュラスとは?

モジュラスとは、分かりやすく言うと戻る力で、この力を数値化したものをいいます。建物は、地震やトラックなどの大型車の交通などにより微振動します。そのときに引っ張られる力に対して働く戻る力のことです。

モジュラスはその数値によって3種類に分類されます。一般住宅の外壁で最も良く使われている窯業系サイディングには低モジュラスタイプのシーリングを使用します

・低モジュラス:2kgf/cm2 未満
・中モジュラス:2kgf/cm2 ~ 4kgf/cm2
・高モジュラス:4kgf/cm2 以上

良く使われているシーリング剤

先打ちの場合、オート化学工業株式会社:オートシーラー101Aノンブリード
後打ちの場合、オート化学工業株式会社:オートンサイディングシーラント

外壁・屋根材に関するコンテンツ一覧

今は、サイディングが7~8割と圧倒的なシェアを占めています。ここでは、サイディングを中心にモルタルなどの外壁材について説明していきます。

コロニアルやスレートといった屋根材の特徴と、8つに分類される屋根の形の説明をしていきます。

外壁塗装の見積書には、細かい箇所の名前が書いてありますが、それだけ見てもどの部分かわからないと思います。ここでは、イラストと写真でわかりやすく名称の説明をしています。

サイディングを塗装するときに一番注意する点は、直張り工法か?通気工法か?という点です。ここでは、直張り工法の注意点を説明しています。

最近、屋根でよく使われるようになったガルバニウム。ここでは、ガルバニウムを塗替えするときの注意点を説明します。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

外壁塗装のベストシーズンと、業者が最も塗装に向かないと答えた時期を説明していきます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る