TOP > 外壁塗装の基礎知識 > 外壁や屋根に使われる素材 > 塗装できない屋根材パミールに要注意!

塗装できない屋根材パミールに要注意!

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

1996年から2008年にニチハ(株)から発売された屋根材のパミール。これは塗装ではなく、カバー工法や葺き替えが推奨されている屋根材のため、注意が必要です。

パミールの写真

パミールとは、名古屋市中区錦に本社があるニチハ株式会社が1996年から2008年までに製造販売した無石綿スレート屋根材です。現在では販売終了となっています。

1996年と言えば、各社アスベストを使わない屋根材の販売がスタートした年です。これが、問題を引き起こすことになりました。アスベストの代わりに使われた新素材が、想定よりも粘着性能が発揮されず、早期の剥がれに繋がったのではないかと言われています。

断定的な書き方をできないのは、ニチハ側がこのことに関して否定しているためです。

当サイトの参加業者に聞いたところ、パミールは塗装できないと言いますので、このページではその点について説明します。

パミールでよく報告のある不具合例

剥離・めくれ・浮き

屋根材の端部が剥がれたり、浮き上がってきます。ケーキのミルフィーユのように各層が剥がれる層間剥離も出てきます。ニチハ(株)側は、素材の責任ではなく経年劣化と主張しています。

釘の腐食によるズレ・落下

この釘に関しては、ニチハ(株)も2010年11月に認めていて、新聞などでリコールの広告を出していました。そのときの全文が、国民生活センターのサイトに掲載されています。
http://www.kokusen.go.jp/recall/data/s-20101106_2.html

リフォーム方法は、カバー工法か葺き替え

パミールに塗装ができないわけではありませんが、塗装しても直ぐに劣化してくるので無意味です。また、既に劣化している屋根材に高圧洗浄する場合、さらに劣化することもあります。そのため、残念ながら塗装は推奨しません。

ニチハ(株)でも、パミールで不具合があった場合の提案として、別屋根材を上から被せるカバー工法を推奨しています。

塗装に比べると、料金が高くなりますが、ニチハ(株)が推奨しているカバー工法か、もしくは新しい屋根材に取り換える葺き替えをオススメします。

自分の屋根材がパミールか確認する方法

・建築時の設計図を見る
・建築会社に問い合わせる
・塗装業者など屋根に詳しい業者に実際に見てもらう

実際には、屋根材がどのような状態かを確認する必要があるため、塗装業者などの屋根に詳しい業者に見てもらう方法をオススメします。

外壁・屋根材に関するコンテンツ一覧

今は、サイディングが7~8割と圧倒的なシェアを占めています。ここでは、サイディングを中心にモルタルなどの外壁材について説明していきます。

コロニアルやスレートといった屋根材の特徴と、8つに分類される屋根の形の説明をしていきます。

外壁塗装の見積書には、細かい箇所の名前が書いてありますが、それだけ見てもどの部分かわからないと思います。ここでは、イラストと写真でわかりやすく名称の説明をしています。

サイディングを塗装するときに一番注意する点は、直張り工法か?通気工法か?という点です。ここでは、直張り工法の注意点を説明しています。

最近、屋根でよく使われるようになったガルバニウム。ここでは、ガルバニウムを塗替えするときの注意点を説明します。

外壁塗装の見積書を見ていると見慣れない項目がたくさん出てきます。ここでは、内訳の説明と相場をまとめて説明していきます。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

外壁塗装のベストシーズンと、業者が最も塗装に向かないと答えた時期を説明していきます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る