TOP > 外壁塗装の見積りチェックポイント > ハウスメーカーの危険な見積書の例 > 大手ハウスメーカーでシリコンでも面積が大きく出され450万円を越える例

大手ハウスメーカーでシリコンでも面積が大きく出され450万円を越える例

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太
テレビCMをやっている大手ハウスメーカーだから安心ではありません!

述べ床面積が43坪と少し大きめの住宅ですが、シリコン系の塗料で450万円はありえません。塗装専門店に依頼すれば、150万円前後になるはずです。塗料の単価は相場ですが、外壁の面積やシーリングの面積が大きく出されているためこの金額になっています。

このような高すぎる見積書を貰った場合は、あと1~2社見積りを取り比較することをお勧めします。

建物情報

種類 一戸建て2階建て
規模 述べ床面積43坪
築年数 10年
塗替え間隔 10年(初めての塗装)
見積書の有効期限 3ヶ月
お支払い方法 契約後30%、着工10日後50%、完工後20%
保証 10年

見積書の危険度

95% 費用
面積
塗料品質
支払い方法
保証

実際の見積書

テレビCMもやっている大手のハウスメーカーの見積書です。細かく書かれていますが、色々とおかしな点があります。ハウスメーカーだから安心と思っている方も多いですが、このようにありえない高い場合もありますので注意が必要です。

No 名称 摘要 数量 単位 単価 金額
(1) 仮設工事          
  外部足場   423.0 ※1 m2 850 359,550
  飛散防止ネット 安全対策・飛散防止 376.0 m2 250 94,000
  昇降階段 ※2   1.0 20,000 20,000
  外部配線防護管 ※2   1.0 18,000 18,000
  安全対策費 ※2 巾木・小幅ネット 1.0 35,000 35,000
  ※電気・水道は既設を利用        
小計 526,550
(2) 屋根塗装工事           
  屋根洗浄   91.0 m2 300 27,300
  屋根下地処理 下地シーラー1回塗り 91.0 m2 400 36,400
  屋根塗装 ヤネフレッシュ2回塗り 91.0 m2 1,850 168,350
  屋根鋼板塗装 棟換気・棟谷鋼板 30.0 m 800 24,000
小計 256,050
(3) 外壁塗装工事          
  外壁洗浄・外部洗浄 外壁・サッシ・玄関 427.0 ※4 m2 300 128,100
  外壁下地処理 下地シーラー 329.0 ※4 m2 400 131,600
  外壁・バルコニー腰壁 水性シリコン2回塗り ※3 329.0 ※4 m2 1,950 641,550
  バルコニー下部・玄関
天井・テラス天井塗装
下地シーラー
水性シリコン2回塗り ※3
26.0 m2 2,350 61,100
  シャッターBOX ウレタン塗装 7.0 ヵ所 3,000 21,000
  雨樋塗装 ウレタン塗装 ※5 82.0 m 950 77,900
  破風塗装 ウレタン塗装 ※5 35.0 m 1,200 42,000
  フード・ベントキャップ ウレタン塗装 ※5 1.0 15,000 15,000
  基礎鋼板水切り塗装 ウレタン塗装 ※5 32.0 m 1,200 38,400
  車庫壁・天井塗装 下地シーラー
水性シリコン2回塗り
22.0 m2 2,350 51,700
小計 1,208,350
(4) 外壁シーリング工事          
  打ち替え 1液変性シリコン ※6 681.0 ※7 m 980 667,380
  防汚プライマー 下地処理 681.0 ※7 m 150 102,150
  雑シーリング 貫通部・フード廻り 1.0 18,000 18,000
小計 769,530
(5) 雑工事          
  一般養生費 サッシ・玄関・他 1.0 48,000 48,000
小計 48,000
(6) 発生材処分費          
  産業廃棄物処分費   1.0 30,000 30,000
小計 30,000
(7) バルコニーシート工事          
  バルコニーシート防水
増し張り
下地処理 26.0 m2 1,800 46,800
  平場 シート防水増し張り t=2.0mm 26.0 m2 8,650 224,900
  立上り シート防水増し張り t=2.0mm 52.0 m 2,100 109,200
  立上りシート及び
押え金物撤去
  52.0 m 1,650 85,800
  シート押え金物入隅 新規取り付け 14.0 ヵ所 1,500 21,000
  シート押え金物 新規取り付け 54.0 m 2,450 132,300
  トレイン改修 排水ドレインメンテ 7.0 ヵ所 16,800 117,600
  シート入り隅押え コーナーパッチ 14.0 ヵ所 950 13,300
  バルコニー床洗浄 バルコニーマット撤去・復旧 1.0 35,000 35,000
  室外機下張り込み   1.0 25,000 25,000
小計 810,900
(8) 防蟻工事          
  床下消毒工事 5年保証 20.0 7,500 150,000
  スラブ処理 玄関穿孔注入処理 1.0 15,000 15,000
小計 165,000
 
(1)~(8)合計   3,814,380
諸経費 10% ※98 381,438
合計   4,195,818
消費税 8% 335,665
端数値引き △31,483  
総合計 4,500,000 ※9

アドバイザーが解説!チェックするべきポイント

※1 足場の面積が大きく、飛散防止ネットを含めると単価も高い
仮設足場の面積が423.0m2なので、述べ床面積が43坪の建物にしては大きすぎる可能性があります。単価も飛散防止ネットが別に250円かかるので合計すると少しだけ高いです。足場の計算方法はこちら

※2 戸建てには必要ない費用が入っている
戸建て住宅で、昇降階段、外部配線防護管、安全対策費この費用を取る会社はあまり見たことがありません。

※3 詳細な塗料名が書いていない
外壁の塗料名が書かれていません。水性シリコンだと、セラミクリーン(エスケー化研)、DANシリコンセラ(日本ペイント)などの単層弾性塗料の可能性があります。単層弾性塗料が悪いわけではないが、一般的なシリコンに比べ耐久年数は半分くらいなので注意が必要です。

※4 外壁の面積が大きすぎる
外壁とバルコニー腰壁の面積が一緒になっていますが、それにしても塗る部分の面積が大きすぎる可能性があります。外壁の塗り面積の計算方法はこちら。塗る部分の面積と塗料の単価をかけて金額を計算するので、面積が大きいと費用も高くなります。

※5 防水以外でウレタンと書かれていた注意
最近では、付帯部分でもウレタンは使わなくなってきているので注意が必要。仮にウレタン塗料を使うとしても塗料名が書いてあるほうが良い。

※6 シーリングでも商品名が書かれていないのは注意
シーリング材の1液変性シリコンと言っても種類は複数あります。そのため、商品名まで書かれている見積書の方がいいです。

※7 シーリングの面積が大きすぎる
延べ床面積43坪にしては、シーリングの数量が681m2と大きすぎます。

※8 諸経費が高すぎる
諸経費が何に使われる費用なのかが書かれてなく、40万円を近いので注意が必要です。

※9 総額が高すぎる
2階建て述べ床面積43坪で、合計金額が450万円は高すぎです。その割りに良い塗料が使われているわけでもないので注意が必要です。

業種別、危険な見積書

> 訪問販売の悪徳見積書の例へ戻る
> リフォーム店、工務店の悪徳見積書の例へ戻る
> ハウスメーカーの悪徳見積書の例へ戻る
> 塗装専門店の悪徳見積書の例へ戻る

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、今の業者との契約を解除するクーリングオフの書き方などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

業者と契約済みでも契約から8日以内であれば、契約解除できます。ここでは、クーリングオフの書き方、サンプルを掲載しています。

外壁塗装は、どんなに良い塗料を使っても業者が手を抜くと、塗料が持つ性能を発揮できません。そのため、業者選びが一番重要です。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る