TOP > 外壁塗装の見積りチェックポイント > 塗装専門店の危険な見積書の例一覧 > 塗装専門店に足場無料と言われた35坪で総額107万円の例

塗装専門店に足場無料と言われた35坪で総額107万円の例

株式会社児玉塗装 代表:児玉圭司
足場無料と言われても今回のようにお得ではない可能性もあるので注意!

「足場の費用が無料になるのでお得!」だと思うかもしれませんが、総額を見ると一般的な相場の金額です。今回の見積書は、付帯部分にウレタンを使っている点やシーリングの詳細がない点以外は金額的にも悪くはありません。

しかし、足場をサービスしている分、外壁や屋根の塗装部分に上乗せしているのが気になる点です。訪問販売などの見積書に比べると良心的ですが、本当に優良な業者ならこのようなことはあまりしません。

建物情報

種類 一戸建て2階建て
規模 述べ床面積35坪
築年数 11年
塗替え間隔 11年(初めての塗装)
見積書の有効期限 3ヶ月
お支払い方法 完工後100%
保証 外壁5年、屋根3年

見積書の危険度

20% 費用
外壁面積
塗料品質
支払い方法
保証

実際の見積書

規模が小さめな塗装専門店の見積書です。少しだけ気になる点はありますが、総額は相場の範囲内なので、訪問販売に比べると全然まともです。足場が無料のカラクリに注意しましょう。

施工項目 仕様 数量 単価(円) 金額(円)
■仮設工事
仮設足場     サービス 0 ※1
メッシュ養生     サービス 0 ※1
高圧洗浄     サービス 0 ※1
■外壁工事
外壁-下塗り(シーラー) パーフェクトサーフ 181m2 ※2 600 108,600
外壁-中・上塗り ファインパーフェクトトップ 181m2 ※2 1,600 289,600
目地シーリング工事 ※3 一式   150,000
付帯部分(破風、軒天等) ファインウレタン ※4 一式   150,000
■屋根工事
屋根-下地調整 ファインパーフェクトシーラー 104m2 ※5 600 62,400
屋根-中・上塗り ファインパーフェクトベスト 104m2 ※5 1,600 166,400
縁切り タスペーサー 一式   35,000
■その他
残材処理   一式   30,000
 
小計     992,000
消費税 8%   79,360
総額 1,071,360

優良塗装店が解説!チェックするべきポイント

※1 足場が無料になっている場合は、他の部分に上乗せされている可能性あり
足場が無料になっているが、足場だけでも述べ床面積35坪だと16万円前後かかるため無料できるのには理由があります。そこで、外壁と屋根の面積に注目します。

※2.5 外壁と屋根の面積が少し大きい
通常の面積より大きめに出ている可能性があります。述べ床面積35坪だと、外壁面積が135m2、屋根面積70m2が一般的。この面積を今回の見積書の面積から引いて計算すると、
外壁:2,200円x(181m2-135m2)=101,200円
屋根:2,200円x(104m2-70m2)=74,800円
合計:101,200円+74,800円=176,000円
このことから足場無料分の費用は、外壁と屋根の数量部分に加算されている可能性が高いです。

※3 シーリングの施工方法が書いてない場合は必ず確認を
目地の補修方法は、 打ち替え(1,200円/m2)・打ち増し(600円/m2)の2パターンあります。どちらの施工方法かがわかっていなければ、シーリングの料金が高いのか安いのかがわからないので注意が必要です。また、シーリングに使う材料も書いていないので注意が必要です。

※4 付帯部分でウレタンを使っている場合は注意
付帯部分にウレタン塗料が使われています。外壁に比べ目立つ部分ではないため、グレードの低い塗料で十分と思うかもしれないが、木部は外壁以上に劣化が激しいので、ウレタンは使われなくなってきているので注意が必要です。

その他、塗装専門店の危険な見積書の例

危険度30%。外壁と屋根、付帯部分の塗装で126万円の見積書の例です。相場よりも少しだけ高いなっていますが、なぜこのような金額になったのかを解説しています。> 詳細はこちら

危険度15%。屋根は日本瓦なため塗装せず、外壁と付帯部分の塗装で63万円の見積書の例です。なぜ、このような安い金額になったのかを解説しています。> 詳細はこちら

業種別、危険な見積書

> 訪問販売の悪徳見積書の例へ戻る
> リフォーム店、工務店の悪徳見積書の例へ戻る
> ハウスメーカーの悪徳見積書の例へ戻る
> 塗装専門店の悪徳見積書の例へ戻る

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、今の業者との契約を解除するクーリングオフの書き方などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

業者と契約済みでも契約から8日以内であれば、契約解除できます。ここでは、クーリングオフの書き方、サンプルを掲載しています。

外壁塗装は、どんなに良い塗料を使っても業者が手を抜くと、塗料が持つ性能を発揮できません。そのため、業者選びが一番重要です。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る