TOP > 外壁塗装の見積りチェックポイント > 見積書を取るときの注意点
外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

幼い頃に一緒に住んでいた祖母が、悪徳業者に騙されたことが当サービスを始めるきっかけになる。2011年に業界初のネット仲介サイト「外壁塗装110番」を立ち上げ、塗装に悩む1万人以上のお客様の相談に対応。

見積書を取るときの注意点の記事一覧

悪徳業者の見積書は特徴があります。ここでチェックしているポイントを覚えれば騙される確率は大幅に下がります。

外壁塗装の見積書を見ていると見慣れない項目がたくさん出てきます。ここでは、内訳の説明と相場をまとめて説明していきます。

外壁塗装は複数社に見積りを取り比較するのが基本で背。ここでは、なぜ比較する必要があるのか?また比較するメリットを説明していきます。

お得に感じるパック料金プランですが、注意しないと騙される可能性があります。ここでは、注意する点をまとめて説明していきます。

外壁塗装は安ければ良いと言うわけではありません。原価がわかれば、割引の限界がわかり、それを越えた割引がどのようになるかがわかります。

図面があるとないでは、現地調査のときの業者の手間が減りだけではなく、より正確な数量を出せます。

見積りと言っても出し方によって正確さが異なります。ここでは、概算と現地調査をしての見積書の違いについて説明していきます。

使用する塗料の缶数が少ないと手抜き工事に繋がります。ここでは、外壁や屋根の面積から塗装に必要な缶数を求める方法を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る