TOP > 塗料の種類や特徴 > アレスクール の特徴と価格、実際に使った業者の感想まとめ

アレスクールの特徴と価格、実際に使った業者の感想まとめ

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

アレスクールは、 関西ペイントから出ている屋根の遮熱塗料です。下塗りのシーラーやプライマーにも遮熱効果がある専用プライマーが用意されており、上塗りと一緒に使うことで、遮熱効果が高くなると言われています。

ハナコレクションの画像アレスクールは、関西ペイントから販売されている屋根の遮熱塗料です。塗料のグレードは、ウレタンからフッ素まであり豊富です。

ウレタンタイプの「アレスクール2液U」、シリコンタイプの「アレスクール水性Si」「アレスクール2液Si」、フッ素タイプの「アレスクール水性F」「アレスクール2液F」があります。

特徴

アレスクールの最大の特徴は、下塗りにも遮熱機能を持ったアレスクールシーラーやプアレスクールライマーを使うことです。これにより、一般的な遮熱塗料よりも高い効果を発揮できます。但し、このような仕様は、関西ペイントだけのものではなく、日本ペイントのサーモアイも同じような仕様です。

当サイトで行った「塗装業者が選ぶ塗料ランキング」では、あまり使っている業者はいませんでした。

艶の種類

アレスクールシリーズは、全て艶有のみです。

アレスクールの価格や単価

関西ペイントのサイトに書いてある設計単価は以下の通りですが、過去の施工事例を参考にすると、3回塗りの合計単価はシリコンタイプで2,200~2,600円/m2、フッ素タイプで3,200~3,800円/m2です。

塗料 下塗り 設計単価(3工程)
アレスクール2液U
(弱溶剤2液ウレタン)
金属系屋根 3,200円/m2
窯業系屋根 3,300円/m2
アレスクール2液Si
(弱溶剤2液シリコン)
金属系屋根 3,600円/m2
窯業系屋根 3,700円/m2
アレスクール1液Si
(弱溶剤1液シリコン)
金属系屋根 3,300円/m2
窯業系屋根 3,400円/m2
アレスクール水性Si
(水性シリコン)
窯業系屋根 3,500円/m2
アレスクール2液F
(弱溶剤2液フッ素)
金属系屋根 4,400円/m2
窯業系屋根 4,600円/m2
アレスクール水性F
(水性フッ素)
窯業系屋根 4,300円/m2

実際にアレスクール を使用した業者からの評判

顔 単価が普通のシリコンとさほど変わらず、遮熱機能があるのでよく使っています。
顔 日本ペイントのサーモアイSi、SK化研のクールタイトSiと違いが正直分かりませんが、昔から関西ペイントの塗料を使っているので、その流れで使っています。

公式サイト

アレスクール

アレスクールの施工事例、価格と感想

満足度95点

体験談長野県長野市のお客様

一戸建て 二階建て 延べ40坪 外壁 屋根 付帯
クリーンマイルドシリコン アレスクール2液Si
埼玉県さいたま市のお客様のアンケート用紙(小)

値段も高くなく遮熱機能がある塗料を選びました。関西ペイントの知名度も選んだポイントです。

1,200,000

その他、塗料に関するコンテンツ

アクリル塗料の特徴と単価
ウレタン塗料の特徴と単価
シリコン塗料の特徴と単価
ラジカル塗料の特徴と単価
フッ素塗料の特徴と単価
光触媒塗料の特徴と単価
無機塗料の特徴と単価

当サイトに参加している優良業者に、自分の家を塗装すると仮定してどの塗料を使うか選んでもらった結果を公開。

訪問販売の営業トークで「セラミック系塗料で長持ちです!」と言われることがありますが、このようことを言われたら注意です。セラミックの塗料とは何なのか?なぜ注意が必要なのか?を説明します。

設計単価とは、塗料メーカーは発表している塗料の単価です。家電製品のメーカー希望小売価格のようなものです。ここでは、設計単価の調べ方を説明します。

業者がメーカーに塗料を発注したときに、記録として出荷証明というものがあります。ここでは、出荷証明について説明します。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

お客様から弊社に相談があった1,000件を越える見積書を分析した結果から、悪徳業者の見積書を判断するポイントをまとめました。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

当サイトでも過去の施工事例から色別にサンプルを掲載していますので、大まかなイメージを決めてから業者に相談しましょう。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る