TOP > 本当にあった外壁塗装のトラブルを弁護士が解説 > 隣の家の屋根から光が反射して眩しいです。

最近の相談内容

隣の家の屋根から光が反射して眩しいです。

隣の家が外壁・屋根塗装をしたのですが、遮熱塗料という反射率の高い塗料を使ったからか反射した光が家に入ってきて困ります。

隣人に文句を言って、反射しないような塗装に塗り替えさせることはできますでしょうか?

 39歳 女性 千葉県
隣家は、他人の所有物であり、どのような塗装をするかは原則として所有者の自由です。

事情を説明し、塗り替えてほしいとお願いするのは問題ないと思いますが、相手が拒否した場合は、訴訟で争うことになります。

受忍限度を超える眩しさかどうかが争点になりますが、その程度は、かなり高いと思ったほうがよいでしょう。

近年、太陽光発電のパネルの反射光で訴訟になるケースも出てきており、パネルの撤去や損害賠償が認められたケース、認められないケースいずれもあります

パネルに比べると、外壁の反射率は低いと思いますし、難しい訴訟になるので時間もかかります。調停で話し合ったり、例えば、一部費用を負担してもいいので、塗り直してほしいと交渉をしてみるのも一つの手です。

弁護士プロフィール

諏訪・高橋法律事務所:高橋智美

外壁塗装業者選びで失敗しないために。小冊子を無料でプレゼント
ご成約頂いたお客様に10,000円キャッシュバック
弁護士法人ベリーベスト法律事務所

過去の相談内容

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る