TOP > 本当にあった外壁塗装のトラブルを弁護士が解説 > 契約よりも工事が遅れた場合は、損害賠償を請求できますか?

最近の相談内容

契約よりも工事が遅れた場合は、損害賠償を請求できますか?

塗装工事が契約よりも1ヶ月遅れて完成しました。この場合、損害賠償などを請求できるのでしょうか?

 62歳 女性 東京都
履行遅滞によって、損害が生じた場合は、民法第415条の債務不履行責任を追及し、損害賠償を求めることができます。

ただし、契約書で違約金の定めなどない場合は、具体的にどのような損害が生じたか、その損害金額については、請求する側で立証する必要があります。金銭に換算する必要があります。

例えば、店舗の工事の場合は、「塗装工事が遅れたことで店の売上げがこれくらい減った」などと計算をして請求することになります。仮に工事中、自宅に住めない状態で、ほかに賃貸住宅を借りていたということであれば、その賃料支出が増えた分は、損害として請求することができるでしょう。

一方、仮に、自宅の工事で、その間生活に特に支障がなかったとなると、損害額の算定は困難になってくるように思います。

弁護士プロフィール

諏訪・高橋法律事務所:高橋智美

外壁塗装業者選びで失敗しないために。小冊子を無料でプレゼント
ご成約頂いたお客様に10,000円キャッシュバック
弁護士法人ベリーベスト法律事務所

過去の相談内容

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る