TOP > 本当にあった外壁塗装のトラブルを弁護士が解説 > 隣の家が建てた足場が使われ空き巣被害に合いました。

最近の相談内容

隣の家が建てた足場が使われ空き巣被害に合いました。

隣の家が外壁塗装を行なっていました。そのときに建てられた足場が泥棒に利用され、空き巣被害に合いました。もちろん悪いのは泥棒ですが、この場合、足場を建てた業者か隣人に損害賠償請求はできるのでしょうか?

 63歳 女性 東京都

隣の家の塗装工事のために、足場をあなたの土地に立てていたのであれば、隣地使用による損害ですので、民法第209条2項で、隣の家の人に補償金の支払を求めることができるでしょう。

足場が隣の敷地に普通に建っていた場合は、損害賠償請求は難しいです。しかし、業者や隣の人に故意・過失があり、損害との因果関係がある場合に限り、不法行為に基づく損害賠償請求ができます。

例えば、他の位置に足場を立てることができるのに、あなたが反対していたにもかかわらず、あえてあなたの家のすぐそばに足場を立てた、など特殊な事情があれば、損害賠償請求が可能かもしれません。

この場合の損害賠償請求は容易ではないですが、足場を使った侵入事件についての保険に業者が入っていることもありますので、まずは業者に、被害について話してみてはどうでしょうか。

弁護士プロフィール

諏訪・高橋法律事務所:高橋智美

外壁塗装業者選びで失敗しないために。小冊子を無料でプレゼント
ご成約頂いたお客様に10,000円キャッシュバック
弁護士法人ベリーベスト法律事務所

過去の相談内容

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る