TOP > 雨漏り補修 > 雨漏りが起きやすい箇所と原因
更新日:2019/05/14

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます
解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

雨漏りが起きやすい箇所と原因

【この記事の要約】

雨漏りが起こりやすい箇所としては「屋根、ベランダ、雨樋、外壁、窓」があげられます。ここでは、これらの箇所からの雨漏りの主な原因についてご説明します。

屋根

屋根に穴や隙間ができ、そこから雨水が浸入してくることで雨漏りが発生します。主な原因は以下のようなものがあります。

日本瓦のズレや割れ

昔ながらの土葺き工法の屋根で見られる現象です。瓦の下にある葺き土が経年劣化で痩せたり、地震などで屋根が大きく揺れた場合に起こります。

日本瓦本体は、非常に丈夫なので滅多に割れることはありませんが、台風や暴風で何かが落下してきた場合は、割れてしまうこともあります。

スレートの浮き、反り、割れ

スレートは、温度変化や紫外線、風雨などにより劣化すると変形して浮きや反り、割れが出てきます。

漆喰、コーキングの剥がれ

屋根と瓦の間を埋める漆喰や、スレート屋根の隙間を塞ぐコーキングが劣化や施工不備によって剥がれてしまうことがあります。

金属系屋根の錆

トタンやガルバリウムなどの金属系の屋根は、防水塗装の剥がれや加工断面の防水不備などから錆びると穴が開いてしまいます。

棟板金の釘浮き

棟板金とは屋根の頂点に被せてある山型の金属板のことです。これをとめる釘が劣化や強風で浮いたりすると、その隙間から雨水が浸入してしまいます。

トップライト周りのコーキング

トップライト周りのコーキングは、常に雨や太陽光を浴びる箇所なので劣化が早く、普段から屋根に登って劣化を確認する人は少ないので、雨漏りの原因になりやすい箇所です。

太陽光を設置するときにあける穴

太陽光を設置する場合は、屋根に穴をあけて取り付けます。そのときの施工ミス、穴を埋める箇所の劣化により、雨漏りすることがあります。

太陽光は、助成金制度が始まった時期にいきなり注目を浴び申込みが殺到したため、技術力がない業者も取り付けていました。そのため、施工ミスが多かったと言われいています。

ベランダ

ベランダは防水塗装されていますが、経年劣化で防水効果がなくなってくると、雨漏りの原因になる箇所です。

排水口の詰まり

排水口に枯葉などのゴミが溜まっていると、雨水の流水経路が塞がれて水が溢れ出してしまいます。溢れ出した水は外壁などの小さな隙間から室内へ浸入していきます。

床のヒビ割れ

防水塗装の剥がれや経年劣化により床にヒビ割れが起こっていると、そこから雨水が浸入してしまいます。

取り合いの隙間

ベランダの床と壁の接続部分を取り合いにといい、コーキングの劣化や施工ミスによる隙間があると、雨水が浸入する原因になります。

手すりのサビ

手すりに鉄サビや塗装の剥がれからできた穴があくと、そこに雨水が入っていきます。家屋は想定外のルートからの浸入に意外に弱く、壁を伝って室内に浸透してしまうことがあります。

雨樋

詰まり

ベランダの排水口と同様にゴミが溜まりやすい場所なので、詰まらせてしまうと雨水が浸入してしまいます。

傾きや歪み

雨樋は適正な勾配をもって設置されていなければ、有効に機能することが出来ません。自然災害などにより雨樋に想定外の負荷がかかると、傾きが変わってしまい、適正な流水経路が確保できず雨漏りにつながります。

取り合いの隙間

ベランダの床と壁の接続部分(取り合い)に、コーキングの劣化や施工ミスによる隙間があると、そこから雨水が浸入します。

外壁

モルタル、漆喰、コンクリートのひび割れ

外壁材の乾燥による収縮や地震などによるひび割れが発生すると、そこが雨水の浸入口になります。

コーキングの劣化

サイディングボードやタイルの隙間を埋めているコーキング材は、劣化してくると痩せて崩れやすくなります。埋められていた隙間が出てくればそこから雨水が浸入します。

窓は軒があるので普通の雨であれば、軒に守られて雨に直接さらされることはありません。横風を伴うような強い雨が降ったような場合にだけ、雨が染み出してくるのが窓からの雨漏りの特徴です。

コーキングの劣化

窓枠はコーキングによって外壁との隙間が埋められていますので、コーキングが劣化すると雨水が入りやすくなります。

窓枠周辺の外壁の劣化

窓枠の四隅の外壁は構造上弱い部分なので、地震の揺れなどでひびが入りやすいです。

その他、雨漏り補修に関するお役立ちコンテンツ

雨漏りの原因特定は、専門の業者でなければ難しいです。ここでは、プロの業者が行う雨漏り調査方法の特徴と費用についてご紹介します。

雨漏りが発生するときは、雨水が1次防水と2次防水を突破して起こります。ここでは、1次防水と2次防水の役割を説明いたします。

雨漏りは放置しておいていいことはありません。2次被害にまで拡大すると補修にかなりの費用がかかる可能性があります。ここでは、2次被害にどのようなことがあるのかを説明します。

住宅には、雨漏りを防ぐために様々な工夫が施されています。ここでは、それぞれの雨漏りを防ぐ対策について説明いたします。

シロアリは雨漏りの二次災害として深刻な被害をもたらします。ここでは、シロアリの種類と駆除方法についてご説明します。

築10年以上で雨漏りが生じる可能性があり、定期的なチェックが必要です。ここでは、予防と応急処置についてご説明します。

雨漏りの補修は優良業者を選ぶことが大切です。ここでは、選定方法のポイントと資格についてご説明します。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する