TOP > 雨漏り補修 > 雨漏り補修業者の選定方法
更新日:2019/07/16

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます
解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

雨漏り補修業者の選定方法

【この記事の要約】

雨漏りが気になったら、まずは調査の依頼から始めましょう。雨漏り補修は大きな出費になることが多いうえ、悪質な業者に依頼したために手抜き工事をされ、結局すぐに再発して二度手間になることもあります。ここでは優良業者を選ぶためのポイントをご紹介します。

悪徳業者にご注意を!震災に便乗した屋根修理サービスによる被害多数

近年、国内のあちこちで震災などの自然災害が発生していますが、それに伴って国民生活センターに屋根の修理に関する相談が多く寄せられています。

「早く工事しないと大変なことになる」などと不安をあおって契約を急がせたり、工事内容についてあまり説明せずに工事をして高額な請求をしたり。特に高齢者の被害が多く、まだ気づいていない潜在的な被害者はさらに存在すると予想できます。

そのため、雨漏り補修をお考えの際は、以下の点にご注意ください。

・勧誘されてもその場ですぐに頼まず、工事の内容や費用についてよく確認する
・ご家族などに相談する
・複数の業者から見積もりをとって比較する
・心配なときは、お住まいの自治体の消費生活センター等に相談する

雨漏り補修の優良業者に出会うための3つのポイント

雨漏りの補修を行う業者には、「ハウスメーカー」「工務店」「リフォーム会社」「屋根修理専門店」「塗装専門店」など様々な会社があります。

よく屋根や外壁の塗装によって雨漏りを補修しようとする方がいますが、多くの場合、塗装で雨漏りを直すことはできません。

そのため、塗装業者に依頼するにしても、雨漏り補修の実績が多数ある会社でないと、応急処置のみで済ませてしまう可能性もあります。 よい職人さんがいる会社を選ぶためには、以下の3つのポイントを押さえるとよいでしょう。

①地域で10年以上の雨漏り補修の実績がある
②下請け業者に丸投げせず、自社で施工管理している
③見積もりの内容が明確で、他社に比べ大幅に高額(低額)すぎない価格である

目視の調査は無料の場合が多いため、複数の会社に依頼してみて、その様子から判断できることもあるでしょう。例えば、目視だけでは完全に原因の特定は困難ですが、原因と対処方法を断言したり、大幅に値下げしてきたりする場合は怪しい業者である可能性があります。

原因箇所の写真を撮って、見積もりとともに丁寧に説明してくれる業者などは信頼できる可能性が高いため、優良業者に出会うためには、複数の会社に調査依頼をすることから始めるとよいでしょう。

雨漏り補修に関する資格も重要な目安に

雨漏り補修のための資格は様々なものがありますが、

・建築板金基幹技能者(国土交通省認定)
・一級建築板金技能士(厚生労働省認定

などは非常に高度な専門知識と経験がなければ得られない資格ですので、これらの資格を持つ職人がいる業者は信頼性が高いです。ただ、ごく一部の職人しか保有していないため、近隣の業者から有資格者を探すのが難しい場合もあるかもしれません。

ですので、上記以外だと民間資格の雨漏り診断士(NPO雨漏り診断士協会認定)、雨漏り鑑定士(雨漏り鑑定士協会認定)なども一つの目安となります。

雨漏り診断士は受験資格に実務経験は必要ありませんが、雨漏り鑑定士の方は「実務経験3年または建設に関する国家資格を有するもの」というのが受験資格になっています。依頼先を選ぶ際に確認してみるとよいでしょう。

その他の雨漏り補修関連資格

・二級建築板金技能士(厚生労働省認定)
・二級建築士(都道府県知事認定)
・二級施工管理技士(国土交通省認定)
・屋根外装調査士(全日本板金工業組合認定)
・瓦屋根工事技士(全日本瓦工事業連盟認定)

その他、雨漏り補修に関するお役立ちコンテンツ

雨漏りの原因特定は、専門の業者でなければ難しいです。ここでは、プロの業者が行う雨漏り調査方法の特徴と費用についてご紹介します。

雨漏りが発生するときは、雨水が1次防水と2次防水を突破して起こります。ここでは、1次防水と2次防水の役割を説明いたします。

雨漏りは放置しておいていいことはありません。2次被害にまで拡大すると補修にかなりの費用がかかる可能性があります。ここでは、2次被害にどのようなことがあるのかを説明します。

住宅には、雨漏りを防ぐために様々な工夫が施されています。ここでは、それぞれの雨漏りを防ぐ対策について説明いたします。

雨漏りが起こりやすい箇所としては「屋根、ベランダ、雨樋、外壁、窓」があげられます。ここでは、これらの箇所からの雨漏りの主な原因についてご説明します。

シロアリは雨漏りの二次災害として深刻な被害をもたらします。ここでは、シロアリの種類と駆除方法についてご説明します。

築10年以上で雨漏りが生じる可能性があり、定期的なチェックが必要です。ここでは、予防と応急処置についてご説明します。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する