TOP > 外壁塗装の見積りチェックポイント > 各面積の計算方法 > 屋根塗装の面積を算出する方法
更新日:2019/01/14

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます

解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

宇野清隆【株式会社カルテット代表】
職人暦20年、他の塗装店にも技術などを教えるプロ中のプロ。日本ペイント、アステック、その他の大手塗料メーカーから全国1位の実績と表彰。審査の厳しいホームプロでは、毎年顧客満足優良店に選ばれる。

児玉圭司【株式会社児玉塗装代表】
名古屋市で地元のお客様に愛されて50年。児玉塗装の3代目。16歳の若さで塗装業入りし、趣味も特技も塗装。圧倒的な知識と技術でお客様からの満足度も高い。

屋根塗装の面積を算出する方法

【この記事の要約】

外壁と同じで、高すぎる見積りの多くは屋根の面積が大きめに出されています。見積書の面積が適正かを判断できると騙される確率が減ります。図面を使う計算は手間なので、1階の床面積から大体の面積が求められれば十分です。

屋根塗装の料金を計算するときは「屋根面積x塗料の平米単価」で求められます。そのため、この屋根面積がわかれば、おおよその塗装料金を知ることができます。

屋根塗装の見積書のチェックポイントを知りたい方は「外壁塗装の見積りチェックポイント ~面積と単価、総額で分析~」で説明しています。

屋根面積を出す3つの方法

屋根面積を出すためには3つの方法があります。

・実際にメジャーなどを使い屋根投影平面積を測り、勾配伸び率を使い計算する方法
・図面から屋根投影平面積を測り、勾配伸び率を使い計算する方法
・1階の床面積から計算式を使い計算する方法

普段、塗装業者が塗装面積を出すときは、「実際にメジャーなどを使い屋根投影平面積を測り、勾配伸び率を使い計算する方法」、もしくは「図面から屋根投影平面積を測り、勾配伸び率を使い計算する方法」のどちらかです。

外壁の場合は、図面から外壁面積を計算するのは手間ですが、屋根面積の場合は簡単に出せます。それでも面倒だと言う方もいると思いますので、まずは簡単な「1階の床面積から計算式を使い計算する方法」を説明します。

1階の床面積から計算式を使い計算する方法

屋根面積は、図面から正確な面積を計算できますが、図面を持っていない方もいると思います。その場合は、1階の床面積がわかれば大体の屋根面積を求められます。

1階の床面積がわからない場合は、実際に外に出てメジャーで家の縦と横の長さを測って計算してください。計算式は以下の通りです。

床面積が50m2の場合、「50x1.5=75」となり屋根の面積は約75m2と求められます。折板屋根の場合は、面積が増えるので係数1.7で計算する方が、より実際の面積に近づきます。

図面から屋根投影平面積を測り、勾配伸び率を使い正確に計算する方法

これは、塗装業者が実際に使う計算なので、正確に屋根面積を求めることができます。計算式は以下の通りです。

■※1 屋根投影平面積の計算方法
屋根投影面積まず、屋根投影平面積を求めます。屋根投影平面積とは屋根を上から見たときの面積です。これは、図面から床面積と軒出面積を調べ、足すだけです。

床面積は左図の水色の部分、軒出面積は緑色の部分の面積です。

■※2 勾配伸び率を求める方法
寸法勾配伸び率とは、底辺(水平寸法)に対しての斜辺(流れ寸法)の長さを求める場合の倍率です。これは勾配がわかれば表から調べられます。

勾配は、図面を見て左図のように書いてあれば「寸法勾配:5寸」「分数勾配:5.0/10」というように表します。あとは、この勾配を元に以下の表から勾配伸び率を調べます。

勾配 勾配伸び率
寸法勾配 分数勾配 水平長さに対して
5分 0.5/10 1.001
1寸 1.0/10 1.005
1寸5分 1.5/10 1.011
2寸 2.0/10 1.020
2寸5分 2.5/10 1.031
3寸 3.0/10 1.044
3寸5分 3.5/10 1.059
4寸 4.0/10 1.077
4寸5分 4.5/10 1.097
5寸 5.0/10 1.118
5寸5分 5.5/10 1.141
6寸 6.0/10 1.166
6寸5分 6.5/10 1.193
7寸 7.0/10 1.221
7寸5分 7.5/10 1.250
8寸 8.0/10 1.281
8寸5分 8.5/10 1.312
9寸 9.0/10 1.345
9寸5分 9.5/10 1.379

計算の例

屋根投影平面積が70m2、勾配が4寸、勾配伸び率(表を参考)が1.077の場合。屋根面積は「70x1.077=75.39m2」になります。

屋根面積の早見表

屋根面積の計算方法がよくわからない方のために表にまとめました。この数値は、計算式と弊社の過去の事例も元にしています。

坪数(平米数) 外壁面積(m2) 屋根面積(m2) 足場面積(m2)
20坪(66.2m2) 100~109 40~44 145~159
25坪(82.8m2) 110~119 45~54 160~174
30坪(99.3m2) 120~129 55~64 175~189
35坪(115.9m2) 130~139 65~74 190~204
40坪(132.4m2) 140~149 75~84 205~219
45坪(149.0m2) 150~164 85~94 220~234
50坪(165.5m2) 165~180 95~105 235~249

その他、各面積の計算方法に関するコンテンツ

外壁塗装の面積を計算する方法

外壁塗装の料金を計算するときは「外壁面積x塗料の平米単価」で求められます。高すぎる見積書のほとんどが外壁の面積が大きく出されていますで、この面積が適正かを見抜く方法を説明していきます。> 詳細はこちら

足場の面積を計算する方法

足場の料金を計算するときは「足場の面積x足場の平米単価」で求められます。足場の単価は800円前後です。足場の面積も大きく出す業者がいるので、適正かを見抜く方法を説明していきます。 > 詳細はこちら

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する