TOP > 外壁塗装業者の選び方 – 訪問販売の危険性や事前に把握しておきたいこと
更新日:2021/03/01

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます

解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

宇野清隆【株式会社カルテット代表】
職人暦20年、他の塗装店にも技術などを教えるプロ中のプロ。日本ペイント、アステック、その他の大手塗料メーカーから全国1位の実績と表彰。審査の厳しいホームプロでは、毎年顧客満足優良店に選ばれる。

児玉圭司【株式会社児玉塗装代表】
名古屋市で地元のお客様に愛されて50年。児玉塗装の3代目。16歳の若さで塗装業入りし、趣味も特技も塗装。圧倒的な知識と技術でお客様からの満足度も高い。

外壁塗装業者の選び方 – 訪問販売の危険性や事前に把握しておきたいこと

家の外壁塗装は、自動車などの完成品で売られているものとは違い、塗料をお家に塗って完成品になります。

しかし、「外壁塗装をお願いしたいけれど、どこの業者に依頼して良いかわからない」とお悩みの人も多いと思います。

塗装業者を選ぶ際には、資格や許可書を確認したり、実際に見積りを依頼して業者の対応をチェックしましょう。

どんなに良い塗料を使用していても、しっかりと塗装できていないと、メーカー発表の耐久年数より極端に短くなることもあるからです。

また、外壁塗装業者を選ぶうえで、訪問販売に来た業者を選ぶのは危険です。

なぜなら、外壁塗装で最もトラブルが多いと言われているからです。

この記事では、外壁塗装業者を選び方や訪問販売する業者の危険性について解説しています。

記事を読み終わる頃には、悪徳な外壁塗装業者に依頼するリスクも減っていることでしょう。

外壁塗装業者の選び方 – 訪問販売の危険性や事前に把握しておきたいこと

訪問販売に来た外壁塗装業者と即契約は危険なので辞めてください。

全ての訪問販売というわけではありませんが、一番トラブルが多く、料金が高く施工の品質も悪いと言われています。

下の表は「独立行政法人 国民生活センター」が発表している訪問販売によるリフォーム工事の被害相談件数です。

グラフ内の数字は塗装だけではなく、全てのリフォームが対象ですが、塗装に関する被害が一番多いと言われています。

上記の表から1日15~20件もの被害が報告されていることがわかりますね。

この章では訪問販売業者が来て、

・見積書を提示された
・早急に外壁塗装工事が必要と迫られた
・すでに契約してしまった

などのトラブルを抱えている方に、対処法と解決策を紹介しています。

本当にあった事例なども交えつつ、説明していますので、ぜひご一読ください。

1日15~20件もの被害報告があるほどトラブルが多い3つの理由

1日15~20件もの被害報告があるほどトラブルが多い理由は主に3つです。

1.外壁塗装は手抜き工事をしてもお客さんにはバレにくい
2.塗装の仕上がりを塗装業者自体が確認するので不正しやすい
3.下請け業者や孫請け業者のマナーや技術が悪い

それぞれの具体的な理由について解説していきます。

1.外壁塗装は手抜き工事をしてもお客さんにはバレにくい

外壁塗装は、手抜き工事をしてもお客さんにはバレにくいです。

完成後、表面上は綺麗に見えるので素人には気付けません。

しかし、手抜き工事をした結果、塗装後すぐに塗料の剥がれや浮きが出てきます。

最初の契約では「シリコンだから10年持つ」と言われていたにも関わらず、数年持たずに剥がれ落ちてきて持たずにトラブルになるケースも少なくありません。

手抜き工事の具体例
  • 通常3回塗りを1~2回しか塗らない(人件費や材料費が浮く)
  • 下地の処理をしっかりしないで塗装する(人件費が浮く)
  • しっかり乾燥させないで塗り重ねる(人件費が浮く)
  • 最初に約束した塗料ではなく低グレードの塗料を使う(材料費が浮く)

2.塗装の仕上がりを塗装業者自体が確認するので不正しやすい

自動車などの完成品は、メーカー側で塗装を含めた仕上がりの品質を確認してから販売します。

外壁塗装の場合、塗った後の仕上がりまでメーカーがチェックすることはなく、塗装した業者のみが確認するので不正しやすいです。

外壁塗装へ使用する塗料自体はメーカーが作りますが、本当に完成するのは建物に塗って乾燥してからです。

いくら塗料が良いモノであっても、塗装をする職人さんの技術が劣っていたり、手抜きをしては意味がありません。

3.下請け業者や孫請け業者のマナーや技術が悪い

下請け業者とは、契約した業者の下で別の会社や職人個人が仕事を引き受けて塗装することを言います。

訪問販売に来た業者の下請け業者や孫請業者の施工中マナーや技術が悪く、トラブルとなる場合があります。

なぜなら、訪問契約で金銭を受け取って、下請け業者に丸投げするだけでなにもフォローしてくれない訪問販売業者もあるかです。

下請け業者がいるのが悪いわけではなく、親会社がしっかりと管理していれば問題になることはありません。

当サイトへ相談のあった訪問販売によるトラブル例

訪問販売で来た外壁塗装業者とトラブルになった実例として、当サイトに相談があった本当のお話し(仙台市のAさん)をご紹介します。

日曜の昼前に突然「ピンポーン♪」と黒いスーツを来た営業の人がやってきました。

業者:「(株)●●の▲▲と申します。こちらのエリアで新たに支店を出すことになり挨拶周りに伺いました。」
業者:「外壁が傷んでいるようですが、もしよろしければ無料で建物の診断と見積書を出しましょうか?」

Aさんは、断ろうと思いましたが、築12年が経っていて、そろそろ塗装を検討していたこともあり、感じの良い営業マンだったので、いくらくらいかかるものなのか依頼することにしたそうです。

10分くらい建物ざっと見て言われたことをまとめると
・ヒビ割れが出ている箇所があるので、直ぐに塗装した方がいい
・弊社で開発したセラミック塗料を使うと25~30年はもつ
・通常は、この大きさのお家を塗装すると外壁塗装で250万円くらい
・今はこの地域のエリア開拓のためモニター価格で出来る

このようなことを言われました。帰り際には
業者:「本日はこれで会社に帰るので、明日また正式な見積書を持って伺いますね!」
業者:「上司に言って、驚くような値引きをしてくるので期待していてください!」
このようなことを言われたそうです。

≪翌日≫

業者:「上司を説得できました!昨日お伝えした250万円を今なら160万円にできます!」
業者:「但し、今日仮契約で印鑑を捺していただいて、正式な返事は3日以内にください。」
業者:「この価格は絶対に周りの住人には言わないでくださいね。Aさんは特別なので!」

Aさんは契約を迷いましたが、どうせ塗装しようと思っていたことや、90万円もの割引に惹かれ、仮契約後に正式申込みをしてしまいました。

後日、不安になったAさんから当サイトに電話がありました。

■お話を聞きこの業者の怪しいと感じた点
・お家の規模からいうと、屋根を含む全て塗装してもシリコン系の塗料で120万円(この業者は屋根は塗装しないで160万円)
・外壁に比べ屋根の方が劣化するのに、何故か屋根塗装は見積もりに入っていない
・25~30年持つ塗料は考えにくい。仮に持ったとしてもサイディングの目地に使われるシーリング部分が先にダメになる

このことを伝え、当サイトの参加業者を2社紹介させていただき、実際に建物を見てもらうことになりました。

その結果、施工金額は

・1社目:日本ペイントのシリコン系塗料を使い、外壁や屋根、軒天を塗装して128万円。劣化はしているが、今すぐ塗装しないとダメになることはないとのこと。但し、そろそろ塗装した方がいいのは間違いない。

・2社目:エスケー化研のシリコン系塗料を使い、外壁や屋根、軒天を塗装して123万円。劣化はしているが、今すぐ塗装しないとダメになることはないとのこと

その後、半年が経ち当サイトの参加業者で施工していただき、大満足とのご連絡がありました。

合計3社(訪問販売1社と当サイト2社)からの複数見積りを取ることで、相場が分かって良かったと言っています。3年が過ぎた今もヒビ割れなどなく綺麗だとの連絡もいただきました。

いかがでしょうか。

上記例のように、訪問販売が来たとしても即決しないことが重要です。

大幅な値引きでお得に感じても、よくよく調べると元々の提案金額が高く、割引後の金額が一般的な価格なケースも多々あります。

また、1社だけの見積りだとその金額が適正なのかの判断が難しいです。

安過ぎず高過ぎず適切な価格があるので、必ず複数社に見積りを取り比較することをオススメします。

外壁塗装は、成功も失敗も業者選びにかかっています。

どんなに良い塗料を使っても手抜き業者が塗装すると、塗料が持つ耐久年数を発揮できません。

複数の優良塗装業者から見積もりを取りたい場合はコチラへ。

トラブルが一番少ない元請け(自社施工)の業者を選ぶ

お客様が契約した会社と、実際に工事する業者の関係により、元請け、下請け、孫請けなど様々な呼び名があります。

トラブルが一番少なく、しっかりとした施工をするのは元請け(自社施工)の業者です。

そのため、自社施工の業者を選ぶことをオススメします。

「元請け」「下請け」「孫請け」それぞれの意味や特徴について解説します。

元請け

「元請け」とは、お客さんが契約してお金を払う会社のことを指します。元請けがそのまま塗装する場合は、自社施工と言います。

下請け

「下請け」とは、元請けが自社で施工するのではなく、他の業者に仕事を依頼するときに引き受ける業者を指します。下請け業者に丸投げするような会社は危険です。

孫請け

「孫請け」とは、元請けが下請けに依頼した仕事をさらに他の業者に依頼するときに、引き受ける業者を指します。戸建てではあまり多くはありません。

まとめ

当記事の内容を一言にまとめると、訪問販売の業者へ依頼するのはリスクが高いので辞めましょう。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。⇒ 優良塗装業者へ一括見積り依頼サービス

業者選びに関するお役立ちコンテンツ

悪徳業者が良く使う手口

怪しい業者に引っかからないためにも、うまい話には裏があると思っておいた方が無難です。ここでは、悪徳業者がよく使う手口について説明します。


契約する窓口で内容が全然違う!7つある契約窓口の違と特徴

ひとことで「外壁塗装」と言っても契約する会社によって、価格も品質も変わる点を説明します。

【行政書士監修】自分でできるクーリングオフの手続き

クーリングオフとは、契約した後に8日間であれば無条件で契約を解除する制度ですが、実は8日を越えても解除できることがあります。ここでは、クーリングオフ手続きのやり方とサンプル、事例を掲載しています。

資格や許可書、免許を持っている業者を選ぶ

塗装業は、資格がなくても営業できますが、実はちゃんとした国家資格などもあります。この資格について説明します。


塗装料金の支払い方の種類

クーリングオフとは、契約した後に8日間であれば無条件で契約を解除する制度ですが、実は8日を越えても解除できることがあります。ここでは、クーリングオフ手続きのやり方とサンプル、事例を掲載しています。

【結論】中塗り・上塗りの色を変えるお勧めしない! ※複数業者の回答あり

広告や小冊子でよく見る、色の塗替えをお勧めしない理由を説明します。

2種類ある塗装の保証。メーカー保証と自社保証の違いとは?

施工完了後に不具合があった場合に無料で修復や塗り直ししてもらえる保証制度について説明します。

手抜きや施工業者が倒産しても保証されるリフォーム瑕疵保険とは?

施工後の不具合があった場合に塗装店が倒産していても保険で補修費用がまかえる瑕疵保険について説明します。

手抜きや施工業者が倒産しても保証されるリフォーム瑕疵保険とは?

保証とは違い、業者が倒産しても保証を受けられるリフォーム瑕疵保険について説明します。

塗料メーカーが業者を独自審査する認定施工店制度とは?

塗料メーカーが塗装業者を審査して、通過した業者のみが扱える塗料について説明します。

プロの職人が使う塗料を塗る道具

プロの職人たちは、建物の個所や素材によって、様々なローラーや刷毛を使います。ここでは、職人たちが使う道具について説明していきます。

塗料を塗るとき、ハケやローラーともう1つスプレーガンを使った吹き付け塗装という工法があります。メリット・デメリットがあるので説明します。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する