TOP > 外壁塗装の基礎知識 > 塗装に適した時期 > 夏に外壁塗装をするときの注意点

夏に外壁塗装をするときの注意点

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

夏は、春や秋と比べて塗料の乾燥が早いため、作業を早く進ることができます。また、塗料の臭いは、乾燥すると発生しなくなるで、臭いの発生時間も短くなります。

但し、近年スコールやゲリラ豪雨など、短時間に起こる突発的な天候不良も多く起きる季節でもあるので、天候に関しても気が抜けません。

施工をする際、業者が気にする注意点

夏に施工をする業者は、下記の事項を注意しています。

塗装面の温度

塗装面の温度が高いまま塗装すると、塗膜に気泡が発生する場合があります。そのため、日陰から塗装したり、西日を避けて塗装するなど、時間帯にあった施工を行っていきます。

お客様の換気状況

外壁塗装をする際、塗料がついてはいけない箇所を事前に養生します。養生の対象となるのは、窓などの開口部です。また、場合によっては、室外機にも養生します。

そのため、家の換気をすることは困難になり圧迫感や息苦しさを感じたり、塗料の臭いが家中に充満する場合があります。

業者によっては、塗装をしない部分の開口部は、窓が開けられるような養生をします。また、完全に養生しなければいけない場合は、お客様に事前に換気ができなくなる旨を伝えます。

夏に塗装をするメリット・デメリット

■メリット
・塗料の乾燥が早い
・気温、湿度共に塗装に適している
・気温が高いため、塗料の伸びが良い
・塗料の臭いを感じる時間が少ない

■デメリット
・換気できない場合があり、息苦しさを感じる
・突発的に天候が悪くなる
・塗面温度が上がりすぎると、塗膜に不具合が生じる

猛暑にオススメ!夏の暑さを抑える断熱塗料「ガイナ」

(株)日進産業の「ガイナ」は、特殊なセラミックを高密度に重ね合わせた塗料で、遮熱・断熱性に優れた塗料です。JAXAが開発した「塗料をロケットの先端部に塗ることで、打ち上げ時の熱から機体や人工衛星を守る断熱技術」を住宅や工場などの建物用の塗料として開発されました。

外壁や屋根に塗布することで太陽光を90%反射し、外気の熱が建物内部へ浸入することを防ぐことができます。そのため、ガイナを塗装した屋根には、真夏でも裸足で登れるくらいです。

実際に塗装している業者や塗装したお客さんの話を聞くと「室温が2~3度くらい下がった」「2階の寝室で熱がこもることがなくなった」という感想もあります

このことが評価され、2017年には「省エネ大賞、審査委員会特別賞」を受賞した塗料です。

その他の遮熱塗料

アドグリーンコート(日本中央研究所)
サーモアイシリーズ(日本ペイント)
クールタイトシリーズ(エスケー化研)
快適サーモシリーズ(水谷ペイント)

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

外壁塗装のベストシーズンと、業者が最も塗装に向かないと答えた時期を説明していきます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する