TOP > 外壁塗装の見積りチェックポイント > 訪問販売の危険な見積書の例一覧

訪問販売の危険な見積書の例一覧

更新日:2019/05/14

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます

解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

宇野清隆【株式会社カルテット代表】
職人暦20年、他の塗装店にも技術などを教えるプロ中のプロ。日本ペイント、アステック、その他の大手塗料メーカーから全国1位の実績と表彰。審査の厳しいホームプロでは、毎年顧客満足優良店に選ばれる。

児玉圭司【株式会社児玉塗装代表】
名古屋市で地元のお客様に愛されて50年。児玉塗装の3代目。16歳の若さで塗装業入りし、趣味も特技も塗装。圧倒的な知識と技術でお客様からの満足度も高い。

訪問販売の見積書には特徴があります。ここでチェックしているポイントを覚えれば騙される確率は大幅に下がります。

危険度92%。外壁と屋根、付帯部分の塗装で総額350万円を越えた、ありえない見積書の例です。なぜ、このような金額になったのでしょうか。ここでは、外壁面積と塗料の単価に注目して解説しています。

危険度98%。外壁塗装の単価が15,300円という張替えよりも高い見積書の例です。単価以外にもおかしな点があるので、その点についても解説しています。

危険度90%。外壁と付帯部分の塗装で240万円を越える見積書の例です。良くあるオリジナルの塗料ではなく、日本ペイントの塗料を使っていますが、なぜこんなに高額になったのかを解説しています。

危険度70%。外壁と付帯部分の塗装でモニター割引があり89万円になった見積書の例です。なぜ、このような見積書が危険なのかを解説しています。

危険度97%。外壁と屋根、付帯部分の塗装で220万円の見積書の例です。訪問販売の業者に光触媒で提案された場合は注意が必要だということを解説しています。

訪問販売で外壁面積を大きく出されオリジナル塗料で330万円を越えた例

大手メーカーの塗料を相場以上の単価を提示してくる業者もいるので注意!

塗料がこの業者のオリジナル塗料で、単価が3回塗りの合計で5,600円になっています。オリジナル塗料だと、塗料の単価を他の塗料と比べることが難しいですが、どんなに高級な塗料でも5,000円前後なので注意が必要です。また、述べ床面積が40坪で外壁面積が276m2なので大きすぎます。この2点から総額が300万円を越えて、優良業者ではありえない見積書になっています。

建物情報

種類 一戸建て2階建て
規模 述べ床面積40坪
築年数 10年
塗替え間隔 10年(初めての塗装)
見積書の有効期限 1ヶ月
お支払い方法 完工後
保証 外壁5年、屋根2年 ※1

※1:この金額の塗料にしては保障期間が短すぎます。一般的なシリコンより短いです。

見積書の危険度

92% 費用
外壁面積
塗料品質
支払い方法
保証

実際の見積書

全国に店舗がある訪問販売で有名な会社です。この会社以外にも、訪問販売でよく見られるパターンの見積書です。外壁の面積が大きく塗料の単価も高いため総額が200~300万円を越え、その場で契約すると50~100万円以上の割引があることが多いです。このパターンの見積書は100回以上見ています。

施工項目、仕様 型式 メーカー 数量 単価(円) 金額(円)
■仮設工事
仮設足場     367m2 ※2 500 183,500
メッシュ養生     367m2 ※2 150 55,050
高圧洗浄     389m2 ※3 80 31,120
開口部・その他の養生     一式   91,500
シーリング増し打ち工事     152m2 500 76,000
■外壁
外壁-下地調整 ●●●● ※4 ■■■■ ※4 276m2 ※5 800 ※6 220,800
外壁-中塗り ●●●● ※4 ■■■■ ※4 276m2 ※5 2,400 ※6 662,400
外壁-上塗り ●●●● ※4 ■■■■ ※4 276m2 ※5 2,400 ※6 662,400
目地シーリング打替え工事     236m2 1,200 283,200
■屋根
屋根-下地調整 ●●●● ※4 ■■■■ ※4 112m2 ※5 800 ※6 89,600
屋根-中塗り ●●●● ※4 ■■■■ ※4 112m2 ※5 1,800 ※6 201,600
屋根-上塗り ●●●● ※4 ■■■■ ※4 112m2 ※5 1,800 ※6 201,600
縁切り部材     112m2 400 44,800
■その他
残材処理     一式   85,200
 
小計     2,888,770
諸経費 7%   202,214 ※7
小計     3,090,984
消費税 8%   247,279
合計 3,338,263 ※8

優良塗装店が解説!チェックするべきポイント

※2.3 足場、メッシュシート、高圧洗浄の面積が大きすぎる
述べ床面積が40坪の建物にしては、仮設足場とメッシュ養生の面積が大きすぎる可能性があります。単価は正常な金額です。足場の計算方法はこちら。後で書く外壁部分が大きいので、それに合わせて全体の面積が大きくなっています。

※4 オリジナル塗料は注意
塗料名のところに、この会社のオリジナル塗料が書かれていました。オリジナルの塗料は品質が不明なので使う業者は注意が必要です。

※5 外壁と屋根の面積が大きすぎる
塗装部分の面積は、業者によって開口部(窓など)を含む・含まないと違いがあるので、しっかりと確認しましょう。述べ床面積が40坪の建物にしては、仮に開口部を含んだとしても276m2は大きすぎます。外壁の塗り面積の計算方法はこちら

※6 塗料の単価が少し高い
3回塗りの合計金額が5,600円なので、特殊塗料や高級塗料だとしても高いです。ここまで高い単価の場合は注意が必要です。

※7 諸経費が高すぎる
諸経費が何に使われる費用なのかが書かれてなく、20万円を越えているので注意が必要です。

※8 総額が高すぎる
2階建て述べ床面積40坪で、合計金額が180万円を越えることはまずないので、300万円を越えているこの見積書は注意が必要です。

訪問販売が30年持つ言い5回塗り合計単価15,300円、総額456万円の例

オリジナル塗料で耐久年数が長い(30年など)と言われた場合は要注意!

どんなに良い塗料を使っても5,000円前後が相場なので、今回の15,300円はありえません。このような業者は訪問販売に多く「うちのオリジナル塗料はセラミック系の塗料で、単価が高くても30年持つ塗料なので長い目で見れば安いです!」このようなことを言います。

まずありえませんが、仮に外壁や屋根が30年持ったとしても付帯部分がウレタンなら5~8年でダメになりますし、目地部分も10年くらいで補修が必要になります。この点についてはどう考えているのでしょうか…。その場で契約しないで、必ず他の塗装専門店からも見積りを取り比較しましょう。

建物情報

種類 一戸建て2階建て
規模 述べ床面積40坪
築年数 15年
塗替え間隔 15年(初めての塗装)
見積書の有効期限 1ヶ月
お支払い方法 契約後50%、完工後50%
保証 外壁5年、屋根5年

見積書の危険度

98% 費用
外壁面積
塗料品質
支払い方法
保証

実際の見積書

関東を中心に訪問販売をしている会社です。塗料の単価がありえないくらい高く、総額も450万円を越えています。このような業者は多くはありませんが注意してください。どんなに値引きされても少しでもおかしいと思ったらその場で契約はしないことをお勧めします。

内容 詳細 単価(円) 数量(m2) 金額(円)
(1)外壁塗装工事
仮設足場 枠組W=600、一部単管
ブラケット運搬・建設・撤去
\600 518 ※1 310,800
養生(数量/m) メッシュ養生 一式 1 25,000
高圧洗浄 高圧ジェッター水洗工事 \150 427 64,050
養生(数量/m) ビニール養生(開口部など) 一式 1 25,000
下地処理 コーキング 一式 1 28,000
下地調整 ●●●● ※2 1,900 ※3 347 ※4 659,300
主材吹付け又はローラー ●●●●中塗り ※2 3,200 ※3 347 ※4 1,110,400
主材吹付け又はローラー ●●●●上塗り ※2 3,200 ※3 347 ※4 1,110,400
仕上げ(クリア) ●●●●トップコートx2 ※2 7,000 ※3 347 ※4 2,429,000
付帯部 ケレン、エキシポ系錆止め
ウレタン仕上げ ※5
一式 1 85,000
清掃作業 家屋廻り清掃及び残廃処理 一式 1 30,000
小計 5,876,950
 
(2)屋根塗装工事
洗浄 高圧洗浄 サービス   0
下地処理 コーキング・埋め込み サービス   0
下地調整 専用シーラー ※6 700 ※7 63 44,100
主材塗布 ■■■■社:●●●● ※6 5,500 ※7 63 346,500
小計 390,600
 
(3)オプション工事
メジ補修 メジ補修 ※8 一式   300,000
小計 300,000
 
(1)+(2)+(3) 小計(税込)   6,567,550
値引項目   △2,000,000 ※9
見積り合計金額(税込) 4,567,550 ※10

優良塗装店が解説!チェックするべきポイント

※1 仮設足場の面積が大きすぎる
仮設足場の面積が518.0m2なので、述べ床面積が40坪の建物にしては大きすぎます。単価は相場ですが足場面積が大きすぎるため、足場の総額が310,800円と高くなっています。足場の計算方法はこちら

※2.3.6.7 オリジナル塗料を使っている
●●●●の部分には業者のオリジナル塗料名が書かれていたので注意が必要です。外壁の塗料が5回塗りで合計単価が15,300円となっていて、いくらなんでも高すぎです。ここまで高いと壁を張り替えた方が安いくらいです。また、屋根の塗料の単価も合計すると6,200円なので高すぎます。屋根面積は相場の範囲内です。

※4 外壁面積が大きすぎる
外壁部分の面積が347m2となっていて、述べ床面積が40坪の建物にしては大きすぎます。外壁の塗り面積の計算方法はこちら

※5 ウレタン塗料はあまり使わなくなっている
最近では、付帯部分でもウレタンは使わなくなってきているので注意が必要です。

※8 目地部分の補修方法が書かれていない
目地の補修方法は、 打ち替え(1,200円/m2)・打ち増し(600円/m2)の2パターンあります。どちらの施工方法かがわかっていなければ、シーリングの料金が高いのか安いのかがわからないので注意が必要です。また、シーリングに使う材料も書いていないので注意。

※9 割引金額が高すぎる
元の金額から200万円もの割引をすることはまずありえません。このような場合は、塗料の単価が高かったり、面積が大きく出されている場合がほとんどです。そこで見せかけの割引をして契約を取る手口です。ただ、今回の場合は200万円割引してもまだ高すぎます。

※10 総額が高すぎる
延べ床面積40坪の建物で450万円を越えることはまずありません。この金額だと塗装ではなく、外壁屋根共に張替えができてしまいます。

訪問販売が日本ペイント塗料で相場以上の単価を提示し総額248万円の例

大手メーカーの塗料を相場以上の単価を提示してくる業者もいるので注意!

この見積書のように、訪問販売でオリジナル塗料を使っていなくても、外壁の面積や塗料の単価を高めに提示してくることもあるので注意が必要です。日本ペイントの塗料だから安心と思わないようにしましょう。

このように大手メーカーの塗料での見積りを貰った場合は、もう1社から同じ塗料で見積りを取り比べれば比較しやすいです。

建物情報

種類 一戸建て2階建て
規模 述べ床面積40坪
築年数 10年
塗替え間隔 10年(初めての塗装)
見積書の有効期限 打ち合わせの上
お支払い方法 契約後30%、着工10日後50%、完工後20%
保証 不明

見積書の危険度

90% 費用
外壁面積
塗料品質
支払い方法
保証

実際の見積書

訪問販売といえば、オリジナル塗料で単価が高いことが多いですが、今回のように大手塗料メーカー日本ペイントの塗料で単価を高くする業者もいます。日本ペイントの塗料を提示しているから信頼できる業者だと決め付けないようにしましょう

内容 詳細 メーカー 数量 単価(円) 金額(円)
■外壁塗装工事
仮設足場 ピケ足場   498m2 ※1 600 298,800
飛散防止ネット メッシュ養生   一式   25,000
高圧洗浄     408m2 ※2 150 61,200
養生 開口部・破風板など   一式   25,000
下地処理 コーキング   一式   28,000
下地調整 シーラー   326m2 ※3 800 260,800
主材吹き付け ファイン4Fセラミック 日本ペイント 326m2 ※3 4,200 ※3 1,369,200
付帯部塗装 ウレタン塗装 ※4   一式   85,000
清掃作業 残材処理   一式   30,000
■オプション
目地補修 目地補修 ※5   一式   300,000
 
備考

小計(税込) 2,483,000 ※6

優良塗装店が解説!チェックするべきポイント

※1 足場の面積が大きすぎる
仮設足場の面積が498.0m2なので、述べ床面積が40坪の建物にしては大きすぎます。単価は相場の範囲内です。足場の計算方法はこちら

※2.3 外壁の面積が大きすぎる
高圧洗浄や外壁の面積が大きすぎます。外壁の塗り面積の計算方法はこちら。また、ファイン4Fセラミックの単価がシーラーを入れた3回塗りで5,000円/m2になっていますが、相場は3,800~4,300円/m2なので、少し高いです。面積が大きく、塗料の単価が高いため、外壁塗装だけで130万円を越えてしまっていますが、優良な業者ならこんなに高くなることはありません。

※4 ウレタン塗料はあまり使わなくなっている
最近では、付帯部分でもウレタンは使わなくなってきているので注意が必要です。

※5 目地部分の補修方法が書かれていない
目地の補修方法は、 打ち替え(1,200円/m2)・打ち増し(600円/m2)の2パターンあります。どちらの施工方法かがわかっていなければ、シーリングの料金が高いのか安いのかがわからないので注意が必要です。また、シーリングに使う材料も書いていないので注意。

※6 総額が高すぎる
2階建て述べ床面積40坪で外壁と付帯部分を塗装する場合、合計金額が150万円を越えることはまずないので、200万円を越えているこの見積書は注意が必要です。

訪問販売の見積書で相場だけど屋根塗装が入っていない例

塗装が必要な屋根材なのに、見積書に屋根塗装が入っていない場合は注意!

外壁面積も塗料の単価も相場の範囲内なので、安心して契約しそうになりますが、契約すると後から屋根塗装などの追加工事を進めてくるパターンです。化粧スレートなど塗装が必要な屋根材で、外壁のみの見積書だった場合は注意が必要です。

もし、訪問販売ではなく塗装専門店で、大手メーカーの塗料を使った見積書なら本当に屋根塗装は必要がない可能性もあります。そのため、もう1~2社の塗装専門店から見積りを取り、本当に屋根は塗装が必要ないのかを確認しましょう。

建物情報

種類 一戸建て2階建て
規模 述べ床面積30坪
築年数 12年
塗替え間隔 12年(初めての塗装)
見積書の有効期限 3ヶ月
お支払い方法 完工後100%
保証 外壁5年
その他 屋根は化粧スレート(コロニアル)

見積書の危険度

70% 費用
外壁面積
塗料品質
支払い方法
保証

実際の見積書

足場面積も外壁面積も一般的な数字で、塗料の単価も高級塗料ならギリギリありえる価格です。問題ない見積書に見えるかもしれませんが、見えないところに罠があります

項目 仕様 メーカー 数量 単価(円) 金額(円)
仮設工事
足場     196m2 650 127,400
シート     196m2 150 29,400
外壁
高圧洗浄     142m2 200 28,400
外壁-下地調整 ●●●● ※1 ■■■■ ※2 142m2 800 ※3 113,600
外壁-中塗り ●●●● ※1 ■■■■ ※2 142m2 2,400 ※3 340,800
外壁-上塗り ●●●● ※1 ■■■■ ※2 142m2 2,400 ※3 340,800
付帯部分3回塗り シリコン塗料 日本ペイント 一式   150,000
クラック処理     一式   30,000
残材処理     一式   30,000
 
小計(税込み)   1,190,400
モニター割引   △300,000 ※4
合計(税込み) 890,400

優良塗装店が解説!チェックするべきポイント

※1.2 オリジナル塗料が書かれている場合は注意
●●●●や■■■■と書いてありますが、実際にはこの業者のオリジナルの塗料や会社名が書かれています。オリジナル塗料を使っている業者はトラブルが多いので注意が必要です。

※3 塗料の単価が少し高い
3回塗りの合計金額が5,600円なので、特殊塗料や高級塗料だとしても高いです。ここまで高い単価の場合は注意が必要です。

※4 モニター価格には注意
モニター価格で30万円の値引き。これにより、最終的な価格が890,400円と外壁と付帯部分の塗装だと相場の範囲内になっています。但し、モニター価格やオリジナル塗料という点から今回は注意が必要です。

※見積書からは見えない注意点
この見積書で一番注意するポイントは屋根塗装がないことです。通常、外壁よりも屋根の方が痛みが早いので、化粧スレート(カラーベストやコロニアル)などは外壁と一緒に塗装をします。

なぜ、今回の見積書が外壁のみかというと、工事の途中で「足場組んだので一緒に屋根もやった方がいいですよ!」というように追加工事を進めてくるからです。

「30坪なら外壁塗装は100万円以下」という言葉が世間に広まっているので、無理やり外壁塗装のみで100万円以内で契約するための手口です。

訪問販売で外壁面積を大きく出されオリジナル塗料で330万円を越えた例

訪問販売のオリジナル塗料で光触媒を提案された場合は注意!

テレビなどで取り上げられ、環境にも良い塗料として光触媒の注目が高まっています。日本で光触媒と言えばTOTOエクセラ株式会社のハイドロテクトカラーコートというくらい圧倒的なシェアです。

訪問販売などからハイドロテクトカラーコート以外の光触媒で提案があった場合は注意が必要です。ただ単価が高いだけで普通の塗料の可能性があります。

建物情報

種類 一戸建て2階建て
規模 述べ床面積35坪
築年数 築21年
塗替え間隔 前回10年前
見積書の有効期限 1ヶ月
お支払い方法 契約後30%、着工10日後50%、完工後20%
保証 10年

見積書の危険度

97% 費用
塗料面積
塗料品質
支払い方法
保証

実際の見積書

日本で圧倒的なシェアを誇るTOTOエクセラのハイドロテクトカラーコートよりも単価が高い、訪問販売オリジナルの光触媒塗料での見積書です。外壁の面積も大きめに出されているので、総額が270万円を越え、そこから特別割引で屋根代を無料にしていますが、それでも高すぎます。

項目 仕様 メーカー 数量 単価(円) 金額(円)
仮設工事
足場     340m2 ※1 600 204,000
シート     一式   30,000
外壁工事
高圧洗浄     234m2 ※4 150 35,100
外壁-下地調整 光触媒 ※2 ■■■■ ※3 234m2 ※4 1,200 ※5 280,800
外壁-中塗り 光触媒 ※2 ■■■■ ※3 234m2 ※4 3,800 ※5 889,200
外壁-上塗り 光触媒 ※2 ■■■■ ※3 234m2 ※4 3,800 ※5 889,200
付帯部分3回塗り シリコン塗料   一式   300,000
クラック処理     一式   50,000
残材処理     一式   50,000
屋根工事
高圧洗浄     80m2 150 12,000
屋根-下地調整 シーラー   80m2 800 64,000
屋根-中塗り フッ素 日本ペイント 80m2 2,400 192,000
屋根-上塗り フッ素 日本ペイント 80m2 2,400 192,000
※屋根の半分に太陽光発電があるため、その部分の塗装は含まない
 
小計(税込み) 2,758,300
特別割引(屋根塗装を弊社負担) △460,000 ※6
合計(税込み) 2,298,300

優良塗装店が解説!チェックするべきポイント

※1 足場の面積が大きすぎる
述べ床面積が35坪の建物にしては、仮設足場とメッシュ養生の面積が大きすぎる可能性があります。単価は正常な金額です。足場の計算方法はこちら

※2.3 オリジナル塗料の光触媒は注意
この業者のオリジナル光触媒塗料名が書いてありました。TOTOエクセラ株式会社以外の光触媒を提案された場合は注意が必要です。

※4.5 外壁塗装の面積が大きすぎる
延べ床面積が35坪にしては外壁の面積が大きすぎます。外壁の塗り面積の計算方法はこちら。また、塗料の単価も高すぎです。光触媒の単価はこちら。そのため、270万円を越える見積りになっています。

※6 屋根塗装が無料になっている
まともな業者なら屋根塗装を業者が負担するような割引はできません。割引後でもまだ高いです。

「うちに来た業者と似ている…」と思った方へ

このように、訪問販売が来たとしても即決しないことが重要です。大幅な値引きでお得に感じるようなことでも、よくよく調べると元々の提案金額が高く、割引後の金額が一般的な価格ということはよくあります。また、1社だけの見積りだとその金額が適正なのか判断が難しいです。

外壁塗装は、成功も失敗も業者選びにかかっています。どんなに良い塗料を使っても手抜き業者が塗装すると、塗料が持つ耐久年数を発揮できません。また、安過ぎず高過ぎず適切な価格があるので、必ず複数社に見積りを取り比較することをオススメします。複数の優良塗装業者から見積もりを取りたい場合はコチラへ。

業種別、危険な見積書

> リフォーム店、工務店の悪徳見積書の例一覧へ
> ハウスメーカーの悪徳見積書の例
> 塗装専門店の悪徳見積書の例

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する