TOP > 外壁塗装の見積りチェックポイント > 塗装専門店の危険な見積書の例一覧

塗装専門店の危険な見積書の例一覧

更新日:2019/03/29

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます

解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

宇野清隆【株式会社カルテット代表】
職人暦20年、他の塗装店にも技術などを教えるプロ中のプロ。日本ペイント、アステック、その他の大手塗料メーカーから全国1位の実績と表彰。審査の厳しいホームプロでは、毎年顧客満足優良店に選ばれる。

児玉圭司【株式会社児玉塗装代表】
名古屋市で地元のお客様に愛されて50年。児玉塗装の3代目。16歳の若さで塗装業入りし、趣味も特技も塗装。圧倒的な知識と技術でお客様からの満足度も高い。

訪問販売ではない塗装専門店は、ボッタクリのような見積書を提示してくるのは少ないです。但し、雑な見積書だったり安過ぎる見積書を提示するときがありますので、注意が必要です。

危険度20%。外壁と屋根、付帯部分の塗装で107万円の見積書の例です。足場無料と言われた場合は本当にお得なのか。その点について解説しています。

危険度30%。外壁と屋根、付帯部分の塗装で126万円の見積書の例です。相場よりも少しだけ高くなっていますが、なぜこのような金額になったのかを解説しています。

危険度15%。屋根は日本瓦なため塗装せず、外壁と付帯部分の塗装で63万円の見積書の例です。なぜ、このような安い金額になったのかを解説しています。

塗装専門店に足場無料と言われた35坪で総額107万円の例

足場無料と言われても今回のようにお得ではない可能性もあるので注意!

「足場の費用が無料になるのでお得!」だと思うかもしれませんが、総額を見ると一般的な相場の金額です。今回の見積書は、付帯部分にウレタンを使っている点やシーリングの詳細がない点以外は金額的にも悪くはありません。

しかし、足場をサービスしている分、外壁や屋根の塗装部分に上乗せしているのが気になる点です。訪問販売などの見積書に比べると良心的ですが、本当に優良な業者ならこのようなことはあまりしません。

建物情報

種類 一戸建て2階建て
規模 述べ床面積35坪
築年数 11年
塗替え間隔 11年(初めての塗装)
見積書の有効期限 3ヶ月
お支払い方法 完工後100%
保証 外壁5年、屋根3年

見積書の危険度

20% 費用
外壁面積
塗料品質
支払い方法
保証

実際の見積書

規模が小さめな塗装専門店の見積書です。少しだけ気になる点はありますが、総額は相場の範囲内なので、訪問販売に比べると全然まともです。足場が無料のカラクリに注意しましょう。

施工項目 仕様 数量 単価(円) 金額(円)
■仮設工事
仮設足場     サービス 0 ※1
メッシュ養生     サービス 0 ※1
高圧洗浄     サービス 0 ※1
■外壁工事
外壁-下塗り(シーラー) パーフェクトサーフ 181m2 ※2 600 108,600
外壁-中・上塗り ファインパーフェクトトップ 181m2 ※2 1,600 289,600
目地シーリング工事 ※3 一式   150,000
付帯部分(破風、軒天等) ファインウレタン ※4 一式   150,000
■屋根工事
屋根-下地調整 ファインパーフェクトシーラー 104m2 ※5 600 62,400
屋根-中・上塗り ファインパーフェクトベスト 104m2 ※5 1,600 166,400
縁切り タスペーサー 一式   35,000
■その他
残材処理   一式   30,000
 
小計     992,000
消費税 8%   79,360
総額 1,071,360

優良塗装店が解説!チェックするべきポイント

※1 足場が無料になっている場合は、他の部分に上乗せされている可能性あり
足場が無料になっているが、足場だけでも述べ床面積35坪だと16万円前後かかるため無料できるのには理由があります。そこで、外壁と屋根の面積に注目します。

※2.5 外壁と屋根の面積が少し大きい
通常の面積より大きめに出ている可能性があります。述べ床面積35坪だと、外壁面積が135m2、屋根面積70m2が一般的。この面積を今回の見積書の面積から引いて計算すると、
外壁:2,200円x(181m2-135m2)=101,200円
屋根:2,200円x(104m2-70m2)=74,800円
合計:101,200円+74,800円=176,000円
このことから足場無料分の費用は、外壁と屋根の数量部分に加算されている可能性が高いです。

※3 シーリングの施工方法が書いてない場合は必ず確認を
目地の補修方法は、 打ち替え(1,200円/m2)・打ち増し(600円/m2)の2パターンあります。どちらの施工方法かがわかっていなければ、シーリングの料金が高いのか安いのかがわからないので注意が必要です。また、シーリングに使う材料も書いていないので注意が必要です。

※4 付帯部分でウレタンを使っている場合は注意
付帯部分にウレタン塗料が使われています。外壁に比べ目立つ部分ではないため、グレードの低い塗料で十分と思うかもしれないが、木部は外壁以上に劣化が激しいので、ウレタンは使われなくなってきているので注意が必要です。

塗装専門店の見積書で足場と外壁の面積が同じになっている例

外壁と足場の面積が同じになることはないので注意!

足場と外壁の面積が同じになっているため外壁面積が大きめです。そのため、塗料の単価が相場でも総額が相場よりも少し高めです。通常、外壁の周りに足場を設置するので、外壁よりも足場の面積の方が大きくなります。

このように外壁面積が大きめになっている場合は、契約を渋ると割引をしてきて相場の範囲内になることが多いです。あらかじめ、割引き用に外壁の面積を大きく出している可能性もあります。

建物情報

種類 一戸建て2階建て
規模 述べ床面積30坪
築年数 11年
塗替え間隔 11年(初めての塗装)
見積書の有効期限 3ヶ月
お支払い方法 完工後100%
保証 なし

見積書の危険度

30% 費用
外壁面積
塗料品質
支払い方法
保証

実際の見積書

規模が小さめな塗装専門店の見積書です。足場と外壁の塗り面積が同じになっているので、総額が相場よりも少し高くなっています。悪徳業者の見積りというよりは、少し雑なタイプの業者な感じがします。

項目 仕様 数量 単価(円) 金額(円)
(1)仮設工事
足場・シート   191m2 ※1 800 152,800
         
(2)外壁
高圧洗浄   191m2 200 38,200
外壁塗装3回塗り パーフェクトサーフ
ハナコレクション200UV
191m2 ※1 2,300 439,300
付帯部分3回塗り パーフェクトサーフ
ハナコレクション200UV
45m2 2,300 103,500
目地シーリング工事 ※2 一式   150,000
(3)屋根
高圧洗浄   80m2 200 16,000
屋根塗装3回塗り パーフェクトサーフ
ハナコレクション200UV
80m2 2,300 184,000
縁切り   一式   35,000
 
(1)~(3) 小計     1,118,800
端数割引   △8,800  
諸経費 5%   55,500 ※3
小計     1,174,300
消費税 8%   93,944
合計 1,268,244

優良塗装店が解説!チェックするべきポイント

※1 外壁と足場が同じ面積になることはない
外壁と足場の面積が同じになっています。足場は外壁を覆うように外側に立てるので、外壁よりも面積が大きくなるのが普通です。この場合だと外壁面積が少し大きく計算されている可能性があります。

※2 シーリングの施工方法が書いてない場合は必ず確認を
シーリングの施工方法は、 打ち替え(1,200円/m2)・打ち増し(600円/m2)の2パターンあります。どちらの施工方法かがわかっていなければ、シーリングの料金が高いのか安いのかがわからない。シーリングに使う材料も書いてあるとより良いです。

※3 諸経費の詳細が書かれていないので必ず確認を
諸経費が5%で55,000円になっています。詳細は書かれていないので業者に聞いていましょう。おそらく、残材処理の項目がないので、この金額だと思います。

一人親方の塗装専門店で相場よりも安めな外壁シリコンの見積書の例

単価が安いシリコンは耐久年数が低い単層弾性塗料の可能性があるので注意!

外壁面積も相場の範囲内です。屋根は日本瓦なので塗装の必要はなく、総額63万円とお手ごろな価格になっています。保証がないのが気になる点ですが、独立したての塗装店や一人親方の塗装店ではよくあります。

塗料の単価が少し安いため、単層弾性シリコン塗料の可能性があるので必ず確認しましょう。単層弾性シリコン塗料だと一般的なシリコンよりも耐久性が劣ります。

建物情報

種類 一戸建て2階建て
規模 述べ床面積30坪
築年数 10年
塗替え間隔 10年(初めての塗装)
見積書の有効期限 3ヶ月
お支払い方法 完工後100%
保証 なし
その他 日本瓦のため塗装不要

見積書の危険度

15% 費用
外壁面積
塗料品質
支払い方法
保証

実際の見積書

一人親方の塗装専門店の見積書です。外壁の面積も相場内で良心的な価格です。但し、シリコン系の塗料でもグレードが複数あるので、今回のように塗料名が書かれていない場合は確認しましょう。水性の単層弾性塗料というシリコンの中でもグレードが低い塗料の可能性があります

項目 仕様 数量 単価(円) 金額(円)
仮設工事
足場   196m2 500 98,000
シート   196m2 150 29,400
外壁
高圧洗浄   143m2 150 21,450
外壁塗装3回塗り シリコン塗料 ※1 143m2 1,980 ※1 283,140
付帯部分3回塗り ウレタン塗料 ※2 一式   100,000
クラック処理   一式   30,000
 
小計     561,990
諸経費 5%   28,100
小計     590,090
消費税 8%   47,207
合計 637,297

優良塗装店が解説!チェックするべきポイント

※1:シリコンの単価が一般的なものより安いのが気になる点です。セラミクリーン(エスケー化研)、DANシリコンセラ(日本ペイント)などの水性の単層弾性塗料の可能性があります。単層弾性塗料が悪いわけではないのですが、一般的なシリコンに比べ耐久年数は半分くらいだということを説明されているかが重要です。どのシリコン塗料を使うか、商品名を必ず確認しましょう。

※2:付帯部分にウレタン塗料が使われています。外壁に比べ目立つ部分ではないため、グレードの低い塗料で十分と思うかもしれないが、木部は外壁以上に劣化が激しいので、ウレタンは使われなくなってきているので注意が必要です。

「うちに来た業者と似ている…」と思った方へ

このような事例に当てはまる場合は、即決しないことをオススメします。1社だけの見積りだとその金額が適正なのか判断が難しいです。

外壁塗装は、成功も失敗も業者選びにかかっています。どんなに良い塗料を使っても手抜き業者が塗装すると、塗料が持つ耐久年数を発揮できません。また、安過ぎず高過ぎず適切な価格があるので、必ず複数社に見積りを取り比較することをオススメします。複数の優良塗装業者から見積もりを取りたい場合はコチラへ。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、今の業者との契約を解除するクーリングオフの書き方などを説明しています。

外壁塗装は、どんなに良い塗料を使っても業者が手を抜くと、塗料が持つ性能を発揮できません。そのため、業者選びが一番重要です。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

業者と契約済みでも契約から8日以内であれば、契約解除できます。ここでは、クーリングオフの書き方、サンプルを掲載しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

業種別、危険な見積書

> 訪問販売の悪徳見積書の例一覧へ
> リフォーム店、工務店の悪徳見積書の例一覧へ
> ハウスメーカーの悪徳見積書の例一覧へ

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する