TOP > 外壁塗装の価格相場 > 軒天を塗装や交換するときの価格相場

軒天を塗装や交換するときの価格相場

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

軒天の補修は大きく分けて3種類あります。塗装は、30坪の住宅の場合、費用は3万円~5万円前後になります。張替えは、使用する材質により異なりますが18万円~23万円程度です。カバー工法は、建材の種類にもよりますが12万円~17万円程度です。

塗装と張替えやカバー工法を比べた場合、塗装の方がかなり安いので、劣化が激しい場合を除き塗装で対応するのが一般的です。

軒天とは

軒天とは外壁より外側に出ている屋根の天井部分で、軒天井、軒裏、上げ裏、軒裏天井とも呼ばれています。火災時に屋根裏の延焼を防ぐのが大きな役割で、下地材を隠す美観の役割もあります。

軒天の材質

軒天の建材は主に、ケイカル板(けい酸カルシウム板)、カラーベニヤ、スパンドレルが使用されています。

ケイカル板は、水酸化カルシウムと砂を主原料を板状に成形した不燃ボードです。耐火性、耐水性、耐久性が非常に高い点が特徴なので、現在最も使用されている建材です。有孔板と呼ばれる穴の開いた板は屋根裏を換気し結露を防ぐことが出来ます。また、防火に効果を発揮する有孔板もあります。

カラーベニヤは、表面に塗装や突板の貼り付けを行った木製の板です。30年以上前に主流であった建材ですが、耐火性、耐水性、耐久性がケイカル板に比べ低いです。特に耐火性の低さが原因で、現在の一般住宅では使用されることが少なくなってきていますが、施工しやすい点や価格面では優れています。

スパンドレルは、金属化粧板の総称で、アルミや鋼板、ガルバリウムと亜鉛メッキなどから出来ています。特徴は、高級感があり意匠性が高い点ですが、高価な建材です。また金属なので、経年劣化で腐食が起こります。

軒天の補修方法

軒天の補修方法は3種類あります。

塗装

状態が良い場合は、塗装で対応します。軒天専用の塗料での施工が主流で、一般的な30坪程度の住宅の場合、費用は3万円~5万円前後になります。スパンドレルは、下塗りで錆止めを施して、中塗り上塗りを行います。使用する塗料によって単価が変わります。

交換(張り替え)

著しく劣化が激しい場合は、張り替えを行います。軒天のサイズや形に合うように建材を加工する必要があり、施工金額は高額になります。建材の種類にもよりますが、18万円~23万円程度が相場です。

交換(カバー工法)

既存の軒天を撤去せず、上から新たに建材を被せる工法です。剥がす手間や廃材の処理費用が必要ないため、張り替えよりも安価に施工が行えます。建材の種類にもよりますが、12万円~17万円程度が相場です。

 

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る