TOP > 外壁塗装業者の選び方 > 【行政書士監修】自分でできるクーリングオフの手続き

【行政書士監修】自分でできるクーリングオフの手続き

弁護士
監修:あかり行政書士法人 長谷川輝行
クーリングオフは、記録を残すために、特定記録、簡易書留、書留をオススメします。

2006年01月 行政書士試験 合格(北海道合格率1.9%)
2006年03月 札幌市南区にて「長谷川征輝行政書士事務所」開業
2010年04月 札幌市中央区に事務所を移転
2011年04月 あかり行政書士法人を設立 代表社員就任

クーリングオフとは?

クーリングオフとは、消費者がリフォーム工事などを契約した後に8日間であれば無条件で契約を解除することができる特別な制度です。塗装工事とは関係ありませんが、連鎖販売取引などのマルチ商法は20日間です。

この期間内に解約した場合は、業者が建物を契約前の状態に戻すことが義務付けられています。契約前の状態に戻すための費用は、すべて業者負担と定められています。何か取り付けたもの、設置された物品も業者の負担で元通りにすることができます。

手続きをする場合は、電話ではなく必ず書面による手続きが必要です。(特定商取引法第9条)契約書を受け取った日を1日目とし、契約書を受け取ってから8日以内に書面で通知をします。クーリングオフで重要なことは期間内の発信発信した日付の証明です。

法定期間を過ぎてもクーリングオフができる場合

1.事実と違うことを告げられた
事業者が、事実を違うことを告げたり威迫したりすることによって、消費者が間違った誤認や困惑をしてしまいクーリングオフをしなかった場合には、クーリングオフ期間に関係なくクーリングオフできます。

2.契約書などの不備や書面が交付されていない
事業者は、必ず契約書面を交付しないとなりません。以下のような必要な事項が記載されていなかったり、書面が交付されていない場合は、クーリングオフ期間が始まっていないということになり、いつでもクーリングオフができます。
・事業者などに関する事項(事業者の氏名や所在地など)
・契約の日付に関する事項
・契約商品に関する事項
・代金に関する事項
・契約の履行に関する事項(商品の引渡時期や、権利移転の時期、役務の提供時期など)
・クーリングオフの要件および効果に関すること
 赤枠、赤字、8ポイント以上の活字で記載されている必要があります

3.消費者契約法や民法による救済
クーリングオフが適用されない商品についても、不適切な方法によって結ばれた契約は取り消すことができます。

クーリングオフが使えない場合

1.お客さん自ら業者を呼んだ場合
2.お客さん自ら業者の店舗に行って契約した場合
3.3,000円未満の現金取引の場合
4.過去1年間に取引のあった業者との間で締結した契約
5.正しい契約書で契約をしてクーリングオフ期間(8日間)を過ぎてしまった場合
6.日本以外の場所で契約をした場合

クーリングオフの通知方法

通知の形式は特に決まりがなく、ハガキや封筒、FAXで出すことができます。ハガキや封書で発送する場合は、証拠として必ず中身をコピーして保管しておきましょう。郵送した記録を残すために、特定記録、簡易書留、書留で郵送することをオススメします。

この通知方法は、外壁塗装だけではなく他のリフォームでも同じ書き方です。

ハガキに書く内容

クーリングオフのハガキ
1.タイトル「通知書」
2.契約書を受け取った日
3.契約会社
4.契約担当者
(割賦払いの場合は、クレジット会社名)
5.商品の名前
6.金額
7.契約を解除したい旨の意思表示
8.申出日
9.自分の住所
10.自分の名前

ただ、この方法だと業者が受け取ったハガキを捨ててしまうと、どのような内容の通知を送ったのか証拠がなくなってしまいます。通常ここまでやる業者は稀ですが、確実にクーリングオフしたい場合は、内容証明郵便を利用することです。

内容証明郵便は、郵便局で送ることができ、業者(送付先)、自分(送付元)、郵便局で同じ書類がそれぞれ保有することになります。保存します。発信日だけでなく書面の記載内容も証明されます。(文書の内容が真実であるかどうかを証明するものではありません)

内容証明郵便の書き方

内容証明を書く場合には、いくつかの決まりごとがあります。

1.同じものを3通作る
内容証明は「相手に送る分」「郵便局の保管分」「自分の控え分」の3通同じ書類を作ります。

2.文字数や行数に決まりがある
縦書きと横書きはどちらでお問題ありませんが、1枚に書ける文字数が決まっています。句 読点やカッコなども1文字として数えます。カッコは2つで1文字扱いになります。基本的に縦書きは「1行20文字以内×1枚26行以内」 横書きは「26字以内×20行以内」「20字以内×26行以内」「13字以内×40行以内」のいずれかになります。枚数が2枚以上になる場合には、契印(ページ間の割印)が必要になります。

3.使用できる文字
漢字、かな、カナ、数字が使用できます。英字は相手の社名や商品名に限り使用可能です。

4.訂正方法
書き間違った場合は、書き間違った文字の上に二重線を引き、差出人の印鑑を捺します。さらに、その近くに正しい文字を書き、○字削除・○字加入と書きます。

5.郵送の年月日・差出人・受取人の名前と住所
必ず郵送する日の年月日と差出人、受取人の名前、住所を書きます。差出人のところの捺印は必要ではありません。(差出人の任意なので、捺印してもしなくても可)

6.用紙・筆記用具に制限はない
どんな用紙でも筆記用具でも問題はありません。但し手書きの場合は、鉛筆ではなく消せないペンで書いた方が無難です。パソコンでも大丈夫です。

7.封筒の書き方
封筒もどんなものでも問題ありません。書き方は通常の郵便と同じです。表に受取人の住所と氏名、裏に差出人の住所と氏名を書きます。この住所は、中に入れる書類に書いてある名前、住所と同じでなければなりません。

内容証明郵便のサンプル

内容証明は以下のようまとめます。

事例)訪問販売によるリフォーム工事の契約をクーリングオフできた例

相談内容

相談者は、一人暮らしの高齢の母親を持つ娘さんです。

母の自宅に、突然リフォーム業者Xが訪問し「浴室など水廻りの点検を無料で行っております。」と言われたそうです。「無料なら」と思い業者を家の中に通したところ「湿気で腐っている部分があり、今すぐに工事をして直さないと大変なことになります。」とのこと。驚き焦ってしまった母は、浴室の改装のほかにも、事業者Xに勧められるがまま屋根の塗装も契約してしまい、銀行で工事代金も支払ってしまいました。

私は、たまたま実家に帰る予定がありこのことに気付きました。契約書面を受け取った日から8日以内だったので、業者Xにクーリングオフをしたいと電話したところ「もう工事が始まっているので今更契約の解除はできない。」と言われました。

このまま、泣き寝入りするしかないのでしょうか?

結果

このような相談で私のところに連絡がありました。結論から申し上げるとクーリングオフができました。今回の件のポイントは以下の2点です。

・突然リフォーム業者Xが訪問してきた。
・契約締結(書面を受け取ってから)8日以内だった。

リフォーム業者Xが言った「もう工事が始まっているので今更契約の解除はできない。」というのは誤りです。クーリングオフ期間内に工事をした場合、クーリングオフが適用になれば、リフォーム業者の負担で元に戻す義務があります。

業者選びに関するお役立ちコンテンツ

【行政書士監修】自分でできるクーリングオフの手続き

クーリングオフとは、契約した後に8日間であれば無条件で契約を解除する制度ですが、実は8日を越えても解除できることがあります。ここでは、クーリングオフ手続きのやり方とサンプル、事例を掲載しています。

悪徳業者が良く使う手口

怪しい業者に引っかからないためにも、うまい話には裏があると思っておいた方が無難です。ここでは、悪徳業者がよく使う手口について説明します。


契約する窓口で内容が全然違う!7つある契約窓口の違と特徴

ひとことで「外壁塗装」と言っても契約する会社によって、価格も品質も変わる点を説明します。

資格や許可書、免許を持っている業者を選ぶ

塗装業は、資格がなくても営業できますが、実はちゃんとした国家資格などもあります。この資格について説明します。


塗装料金の支払い方の種類

外壁塗装の支払いは、施工後に現金一括払いが基本です。しかし、最近では、クレジットカードでの支払いに対応している業者も出てきました。ここでは、様々な支払い方法の説明をします。

2種類ある塗装の保証。メーカー保証と自社保証の違いとは?

施工完了後に不具合があった場合に無料で修復や塗り直ししてもらえる保証制度について説明します。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、見積書のチェックポイントなどを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

外壁塗装の見積書のチェックポイントは簡単です。ここでは、悪徳業者の見積書の事例なども掲載しています。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る