TOP > 外壁塗装の基礎知識 > 外壁や屋根に使われる素材
外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

幼い頃に一緒に住んでいた祖母が、悪徳業者に騙されたことが当サービスを始めるきっかけになる。2011年に業界初のネット仲介サイト「外壁塗装110番」を立ち上げ、塗装に悩む1万人以上のお客様の相談に対応。

外壁・屋根材に関する記事一覧

外壁材や屋根材によっては塗替えが推奨されていない素材もあるので注意が必要です。例えば、外壁材だと直張りのサイディング、屋根材だとニチハのパミールという屋根材です。

ここでは、外壁や屋根材の種類や塗り替える際の注意点の説明をしています。

今は、サイディングが7~8割と圧倒的なシェアを占めています。ここでは、サイディングを中心にモルタルなどの外壁材について説明していきます。

コロニアルやスレートといった屋根材の特徴と、8つに分類される屋根の形の説明をしていきます。

外壁塗装の見積書には、細かい箇所の名前が書いてありますが、それだけ見てもどの部分かわからないと思います。ここでは、イラストと写真でわかりやすく名称の説明をしています。

ニチハ(株)から発売された屋根材のパミールは、塗装はオススメできない素材です。ここでは、なぜ塗装をオススメをしないのか説明しています。

サイディングを塗装するときに一番注意する点は、直張り工法か?通気工法か?という点です。ここでは、直張り工法の注意点を説明しています。

最近、屋根でよく使われるようになったガルバニウム。ここでは、ガルバニウムを塗替えするときの注意点を説明します。

漆喰を塗装する場合は、専用の塗料を使います。ここでは、漆喰の塗替えの注意点を説明しています。

外壁塗装の見積書を見ていると見慣れない項目がたくさん出てきます。ここでは、内訳の説明と相場をまとめて説明していきます。

外壁塗装によるアスベスト被害がない理由を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る