TOP > 外壁塗装の基礎知識 > 外壁や屋根に使われる素材 > 建物の名称をイラストと写真でわかりやすく説明

建物の名称をイラストと写真でわかりやすく説明

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

外壁塗装の見積書には、細かい箇所の名前が書いてありますが、それだけ見てもどの部分かわからないと思います。ここでは、イラストと写真でわかりやすく名称の説明をしています。

塗装をするときは、外壁・屋根以外の付帯部分も一緒に塗装します。その際に、見積書には細かい名称が書いてあるので、これを覚えておけば、どこの部分の塗装なのかが理解できるようになります。

破風(はふ)・破風板(はふいた)とは?

破風・破風板の写真破風とは、屋根の先端部分で、ここを板で隠すための板が破風板です。破風板は、家へ雨の吹き込みを防ぐ役割もあり、劣化しやすい場所なので良い材質が使われます。破風板がある面を妻側といいます。

鼻隠しとは?

鼻隠しの写真破風に対して、側面から見たときの屋根の先端部分を鼻隠しと言います。建築用語では、破風と鼻隠しは別の扱いになっていますが、まとめて破風と呼ぶこともあります。

軒天(のきてん)・軒天井(のきてんじょう)とは?

軒天の写真軒天とは、屋根の裏側で外壁部分から外側に出ている部分のことを言います。軒天、軒天井、軒裏は全て同じことを言います。

雨樋(あまどい)とは?

雨樋の写真雨樋とは、鼻隠し側にある雨水を排水するための部分です。雨水はこの管を通って下水に排水するようになっています。

雨戸・戸袋とは?

雨戸の写真窓の外側に付ける部材です。風・雨・寒気を防ぐ役割があります。

霧避け(きりよけ)・庇(ひさし)とは?

霧避けの写真霧避けとは、窓などの開口部の上部にある小さな屋根のことを言います。霧避けも庇も同じことを言います。

矢切りとは?

矢切りの写真矢切とは、外壁と屋根の間のスペースのことを言います。雨水などがあたりにくい部分なので、換気口を付けることが多い部分です。

外壁・屋根材に関するコンテンツ一覧

今は、サイディングが7~8割と圧倒的なシェアを占めています。ここでは、サイディングを中心にモルタルなどの外壁材について説明していきます。

コロニアルやスレートといった屋根材の特徴と、8つに分類される屋根の形の説明をしていきます。

外壁塗装の見積書には、細かい箇所の名前が書いてありますが、それだけ見てもどの部分かわからないと思います。ここでは、イラストと写真でわかりやすく名称の説明をしています。

サイディングを塗装するときに一番注意する点は、直張り工法か?通気工法か?という点です。ここでは、直張り工法の注意点を説明しています。

最近、屋根でよく使われるようになったガルバニウム。ここでは、ガルバニウムを塗替えするときの注意点を説明します。

外壁塗装の見積書を見ていると見慣れない項目がたくさん出てきます。ここでは、内訳の説明と相場をまとめて説明していきます。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

外壁塗装のベストシーズンと、業者が最も塗装に向かないと答えた時期を説明していきます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る