TOP > 外壁塗装の基礎知識 > 外壁や屋根に使われる素材 > ガルバニウム鋼板®の塗替えには注意が必要!

ガルバニウム鋼板®の塗替えには注意が必要!

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

ガルバニウムは耐久性が高いため、最近の新築や屋根リフォームのカバー工法として人気があります。「ガルバニウムなら30年メンテナンスフリーです!」というような営業を受けたことをあるかもしれませんが、これは間違いです。どんなに耐久性が高くても塗替えは必要です。塗替えの際は、しっかりとケレンをしなければ、施工不良になる可能性が高いので注意が必要です。

ガルバリウムの正式名称「ガルバリウム鋼板」と言い、鋼板をベースにアルミニウム55%・亜鉛43.4%・シリコン1.6%の成分が重ねられている合金で、アメリカで開発されました。

ガルバリウム鋼板と聞くと、金属の名前かと思うかもしれませんが違います。日鉄住金鋼板会社から販売されている商標登録された製品です。

ガルバリウムは、特に屋根材として人気が出てきています。家だけではなく、阪神甲子園球場の銀傘も2009年にガルバリウム鋼板になりました。

ガルバリウム屋根を塗替え際の注意点

ガルバリウムは、スレートやコロニアルと違い、塗装をするときに少し手間がかかります。鉄部を塗装するときには、ケレンという紙やすりで傷を付け、塗料の付着をよくする作業がありますが、ガルバリウムの場合は、もっと強力なサンダーという工具を使ったケレンが必要になります。

特に、今の塗膜が残っている状態で、「やっぱりガルバリウムだと部屋の中が熱いから、遮熱や断熱塗料で塗装しよう」という場合は特に注意が必要です。

塗膜が残っていると、次の塗料の付着が悪くなるので、しっかりとケレンしなければなりません。しっかり施工をしないと、直ぐに剥がれてくる場合もあります。業者によっては、ガルバリウムの塗装を断る業者もいます。

それでも人気が出てきているのには、様々なメリットがあります。

ガルバリウム屋根の特徴

メリット

■腐食しにくく、サビも出にくい
ガルバリウムの成分の亜鉛は、傷が付き下にある鉄が出てしまっても、鉄より先に亜鉛が溶けて保護するため、腐食しにくくなっています。但し、絶対にサビないわけではなく、大きな傷やビス止め部分、切断面から錆びる可能性はあります。あくまでも他の屋根材に比べてサビにくいということです。

■耐久性が高い
ガルバリウムの成分がほぼアルミニウムと亜鉛なので、耐久性が高いです。同じ金属としてトタンと比べられることが多いですが、トタンよりも2倍は耐久性が高いです。

■軽いため耐震性に優れている
日本瓦の1/6程度の重さなので非常に軽く、地震が来ても建物が崩壊しにくいです。

■デザインがモダンで、最近の家に合う、色も豊富
和風の家には合いませんが、最近のローコスト住宅のような今時のデザインにはよく合います。また、色も豊富です。

■カバー工法できるタイプもある
素材が軽いため、今ある屋根の上から新しく載せるカバー工法ができます。屋根を取り換える葺き替えに比べ費用が安く施工できます。

デメリット

残念ながら完璧な素材はありません。メリットが多いガルバリウムでもデメリットはあります。

■陸屋根には不向き
陸屋根のような傾斜のない水平な屋根だと水が溜まりやすいので、いくらサビにくいと言えどもオススメしません。

■雨の音がうるさい
トタン屋根よりは静かですが、やはり金属なので、スレートやコロニアルと比べるとうるさいです。但し、様々なグレードがあるので、高価なものだと音を軽減する機能が付いてある商品もあります。

■遮熱機能が弱く家の中が熱くなる
金属なので、スレートやコロニアル、日本瓦と比べると、遮熱性が劣ります。そのため、特に家の上の階は室温が高くなりやすいです。但し、オプションでガルバリウムの下に断熱材を入れて軽減するようなものもあります。

■スレートやコロニアルに比べると価格が高い
耐久性が高いので、やはりその分、材料が高くなります。

ガルバリウム屋根のメンテナンス方法

「ガルバリウム屋根は、メンテナンスフリーです!」という営業を受けた方もいるかもしれませんが、これを信じてはダメです。確かに劣化しにくい素材ですが、30年間も何もしなくていいものではありません。15年に1度はしっかり塗装をしてメンテナンスをしましょう。

ガルバリウムの外壁の場合は、普段から水洗いすることで白錆が発生リスクを軽減できます。白錆は雨水に含まれる塩分が原因です。

ガルバリウム材メーカー一覧

会社名 URL
日鉄住金鋼板株式会社 http://www.nisc-s.co.jp/products/plating/02/
アイジー工業株式会社 http://www.igkogyo.co.jp/
株式会社淀川製鋼所 http://www.yodoko.co.jp/
JFE鋼板株式会社 http://www.jfe-kouhan.co.jp/
ニチハ株式会社 http://www.nichiha.co.jp/
福泉工業株式会社 http://www.fukuizumi.co.jp/
セキノ興産株式会社 http://www.sekino.co.jp/
稲垣商事株式会 http://www.inagakishoji.co.jp/

外壁・屋根材に関するコンテンツ一覧

今は、サイディングが7~8割と圧倒的なシェアを占めています。ここでは、サイディングを中心にモルタルなどの外壁材について説明していきます。

コロニアルやスレートといった屋根材の特徴と、8つに分類される屋根の形の説明をしていきます。

外壁塗装の見積書には、細かい箇所の名前が書いてありますが、それだけ見てもどの部分かわからないと思います。ここでは、イラストと写真でわかりやすく名称の説明をしています。

サイディングを塗装するときに一番注意する点は、直張り工法か?通気工法か?という点です。ここでは、直張り工法の注意点を説明しています。

外壁塗装の見積書を見ていると見慣れない項目がたくさん出てきます。ここでは、内訳の説明と相場をまとめて説明していきます。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

外壁塗装のベストシーズンと、業者が最も塗装に向かないと答えた時期を説明していきます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る