TOP > 外壁塗装の基礎知識 > 外壁や屋根に使われる素材 > 屋根材の種類と代表的な屋根の形

屋根材の種類と代表的な屋根の形

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

屋根材は、地域にもよりますが、化粧スレート(カラーベスト・コロニアル)が一番よく使われています。最近増えてきたガルバニウムは、塗装が必要ないと言う業者もいますが、実際には塗装が必要です。

屋根材の種類と特徴

屋根材には大きく分けて、金属系、スレート系、セメント系、粘土系の4種類に分かれます。

金属系

ガルバリウム鋼板(ガルバ)

ガルバリウム鋼板(ガルバ) ガルバリウム鋼板は、日鉄住金鋼板株式会社の製品名で、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%の鋼板です。よく間違いえる方がいますが、金属名ではなく商品名です。ガルバリウムは塗装しなくてもいいという業者もいますが、劣化してくると塗装は必要です。

ガルバリウム鋼板の特徴は、軽量で建物の負担が少ないことから耐震性が高いことと、カラーバリエーションが豊富で、様々なデザインがあり意匠性に優れている点があります。一般的なタイプなら値段が安いのも特徴です。耐久年数は40年前後です。

欠点は、一般的なタイプだと断熱性と防音性が低い点があります。しかし、グレードの高いものになると断熱性と防音性の欠点を克服したタイプもあります。

銅板

銅板は、サビにくく安価な屋根材です。しばらく雨に当たると表面に緑青(ろくしょう)という化合物ができ、銅の腐食を防ぐ効果や耐久性が高くなります。基本的に銅板屋根は塗装してもすぐに剥がれてくるので塗装はしません。

銅板の特徴は、柔らかいので加工しやすく、軽量で地震に強いという点です。耐久性も高くメンテナンスがいらないと言われて、耐久年数は50~60年です。

トタン

トタン屋根は、屋根自体の継ぎ目が少ないため雨漏りしにく、素材が安く、施工が短いなどがあります。短所は、見た目が安っぽい、耐久性が低い、雨などの音が響く、夏暑く冬寒いなどがあります。

トタン屋根を塗装する頃にはサビが出ているので、ケレンをしてから下塗りにサビ止めを塗り、中上塗りをします。

スレート系

化粧スレート(カラーベスト・コロニアル)

化粧スレート(カラーベスト・コロニアル) 化粧スレートは、住宅の屋根で一番多く使われている屋根材です。化粧スレートという呼び名よりも、カラーベストやコロニアルの方が聞いたことがあるかもしれませんが、実はカラーベストとは商品名で、コロニアルはその中で一番売れている商品名です。現在では、クボタとパナソニックが折半出資しているケイミュー株式会社の製品名、商品名です。

化粧スレートは、セメントに繊維を混ぜて固めたもので、日本瓦に比べて軽量で耐震性が高く、安価で施工しやすいといった特徴があります。また、カラーバリエーションが豊富です。短所は、メンテナンスが必要、割れやすい、劣化による色褪せが目立ちやすいことなどがあります。 

2000年以前のスレート瓦では、アスベストが含まれています。アスベストは、飛散しないければ人体に影響はありません。但し、ボロボロになってしまうと危険です。2006年年以降に作られたものには、アスベストは使われていません。

天然スレート

天然スレート 天然スレートは、粘板岩(ねんばんがん)の玄昌石という石を板状にした屋根材です。高い耐候性、耐久性、断熱性を持っています。ただし、割れやすく、価格が高いので日本ではあまり普及していません。日本では宮城県石巻市雄勝町でしか生産されておらず、ほとんどが海外からの輸入です。

身近な建物で天然スレートが使われているものには、東京駅があります。これは、雄勝町の天然スレートです。

セメント系

厚形スレート瓦(プレスセメント瓦)

化粧スレート(カラーベスト・コロニアル) 厚形スレートは、セメント34%と硬質細骨材66%と水で混練しモルタルの瓦です。特徴は、熱に強く、膨張縮小の影響を受けにくく、施工もしやすく表面を塗料で着色するのでカラーバリエーションも豊富です。形状により和形、平形、S形等の種類があります。

定期的なメンテナンスが必要で、怠ると、チョーキング、色あせ、変色、カビやコケが発生します。

コンクリート瓦(モニエル瓦)

化粧スレート(カラーベスト・コロニアル) コンクリート瓦は、厚形スレートと同じ原料ですが、セメント量が少なく、押し出し成形方式で形を作るので、立体感のある洋風住宅向きの屋根材です。

日本瓦と比べると価格は安く、厚さと重量は同じくらいあります。そのため、耐火性に優れ、塗料で着色するのでカラーバリエーションが豊富です。

日本瓦

粘土瓦とは、岩石が風化してできた粘性のある土を瓦の形にして乾燥させ、1,000~1,250℃の高温で焼き上げて作る屋根材です。屋根材の中でも最も耐久性があり、100年以上持つとも言われています。また、塗装は必要ありません。唯一の弱点は、重量が重いので、耐震性に劣る点です。

形状には、J型、F型、S型があり、さらに製造方法で釉薬瓦(陶器瓦)、いぶし瓦、無釉瓦の3つに大別されています。

8つある代表的な屋根の形とそれぞれの特徴

ここでは8つある代表的な屋根の形とそれぞれの特徴をご説明します。

切妻屋根(きりづまやね)

最も一般的でイメージしやすいタイプの形です。最上部から2方向に屋根が下がっている、三角形の屋根です。

メリット

・単純な構造なので施工、メンテナンスにおいて費用が安い
・全ての屋根材に適用できる形
・風抜けの良い住まいを作ることができる
・ソーラーパネルを設置しやすい

デメリット

・個性的ではないので、面白みに欠けるかも
・妻側に太陽光、雨が当たりやすい ※切妻屋根の妻とは棟の直角にあたる壁面のことをいいます。

寄棟屋根(よせむねやね)

最上部から4方向に屋根が下がっている形の屋根です。

メリット

・4方向に軒を延ばすことで、太陽光や風雨から壁を守るため耐久性に優れている
・建築基準法の隣地斜線制限、北側斜線制限に対応しやすい
・落ち着いた外観になる

デメリット

・屋根面積と棟の数が増えることで施工、メンテナンスコストが高くなる
・ソーラーパネルの設置が難しく、できない場合がある

方形屋根(ほうぎょうやね)

頂点か4方向に屋根が下がり、四角すい形になっている屋根です。寄棟屋根の一種です。

メリット

・4方向に軒を延ばすことで、太陽光や風雨から壁を守り耐久性に優れる
・建築基準法の隣地斜線制限、北側斜線制限に対応しやすい

デメリット

・ソーラーパネルの設置が難しく、できない場合がある

片流れ屋根(かたながれやね)

一方向に屋根が下がっている、一枚板の屋根です。

メリット

・単純な構造なので施工、メンテナンスにおいて費用が少なくて済む
・ソーラーパネルが設置しやすい
・シンプルでかつ個性的な外観を作ることが可能

デメリット

・風圧を受けやすい

陸屋根(ろくやね・りくやね)

傾きのない平面の屋根で、平屋根とも呼ばれます。

メリット

・建物の最上部を屋上として使用することができる
・建築スペースを広く取ることができる

デメリット

・勾配がほとんどないため、雨漏りのリスクが他の形状に比べ高い

入母屋屋根(いりもややね)

寄棟屋根上に切妻屋根が乗っているような形で、伝統的な日本式家屋に見られるタイプの屋根です。

メリット

・重厚な風格ある外観を作り出せる

デメリット

・構造が複雑なため施工メンテナンスが難しい、コストが高くなる

招き屋根(まねきやね)

切妻屋根と片流れ屋根を足したような形で、2面の屋根の長さが非対称かつ段違いになっています。差しかけ屋根とも呼ばれます。

メリット

・屋根裏にロフトや物入れスペースを確保しやすい

デメリット

・屋根が段違いになっているので、屋根と外壁の取り合いから雨漏りがしやすい

はかま腰屋根(はかまこしやね)

切妻屋根と寄棟屋根を足したような形で、切妻屋根の妻側が少しだけ寄棟屋根になっています。ドイツ屋根、隅切り、半切妻とも呼ばれます。

メリット

・建築基準法の隣地斜線制限、北側斜線制限に対応しやすい

デメリット

・構造が少し複雑になるため雨漏りがしやすい

外壁・屋根材に関するコンテンツ一覧

今は、サイディングが7~8割と圧倒的なシェアを占めています。ここでは、サイディングを中心にモルタルなどの外壁材について説明していきます。

コロニアルやスレートといった屋根材の特徴と、8つに分類される屋根の形の説明をしていきます。

外壁塗装の見積書には、細かい箇所の名前が書いてありますが、それだけ見てもどの部分かわからないと思います。ここでは、イラストと写真でわかりやすく名称の説明をしています。

サイディングを塗装するときに一番注意する点は、直張り工法か?通気工法か?という点です。ここでは、直張り工法の注意点を説明しています。

最近、屋根でよく使われるようになったガルバニウム。ここでは、ガルバニウムを塗替えするときの注意点を説明します。

外壁塗装の見積書を見ていると見慣れない項目がたくさん出てきます。ここでは、内訳の説明と相場をまとめて説明していきます。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

外壁塗装のベストシーズンと、業者が最も塗装に向かないと答えた時期を説明していきます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る