TOP > 外壁塗装の基礎知識 > 助成金や火災保険などお得情報 > 契約した日で違う!2019年10月の消費税10%が適応されるタイミング

契約した日で違う!2019年10月の消費税10%が適応されるタイミング

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

2019年10月1日から消費税が8%から10%にアップすると言われています。塗装の場合、消費税を8%にするためには、

・2019年3月31日前に契約する
・2019年4月以降の契約でも9月30日までに完工・支払いを済ませる

どちらか2つの方法しかありません。このページでは、増税のタイミングと、10月1日を過ぎても8%のままになる経過処置について説明していきます。

2019年10月1日から消費税が10%になると言われています(まだ確定ではありません)が、実は2019年3月31日以前に契約していれば、2019年10月1日以降の完工・支払いでも消費税は8%になります。当たり前ですが、増税前の9月30日前までに完工・支払いしていても8%です。

消費税が8%、10%になるタイミングを図にまとめました。

消費税が8%、10%になるタイミングを図にまとめました。

増税前に知っておきたい「経過措置」「軽減税率」の意味

2019年10月1日以降でも消費税が8%になるのは、経過処置と軽減税率という制度があるからです。外壁塗装の場合は、経過処理により2019年3月31日以前に契約していれば、2019年10月1日以降の完工・支払いでも消費税は8%になります。

■経過措置とは?
2019年10月1日以降の支払いでも条件を満たせば消費税8%が適応される制度です。外壁塗装などのリフォームの場合の条件は、「2019年3月31日以前に契約する」というのが条件になります。

■軽減税率とは?
増税によって、高所得者層より低所得者層の負担が大きくなることを防ぐための制度。飲食料品(アルコール、外食を除く)や新聞は2019年10月以降も8%のままです。外壁塗装などのリフォームには関係ありません。

まとめ

塗装の場合、消費税を8%にするためには、

・2019年3月31日前に契約する
・2019年9月30日までに完工・支払いを済ませる

これらのどちらかの条件を満たす必要があります。外壁・屋根塗装を合わせると100万円を越える工事になるので、消費税が2%上がるだけで2万円以上も差が出ます。少しでも安く施工するためにお急ぎください。

助成金や火災保険などお得情報に関する記事一覧

火災保険を使えば、無料で塗装できるという営業をする業者もいますが、基本的に塗装は対象外になることが多いです。ここでは火災保険を使う塗装の注意点を説明していきます。

地域によって時期は異なりますが、遮熱・断熱系の塗料を使う場合に限り、助成金の対象になりことが多いです。ここでは、助成金について説明していきます。

省エネ住宅ポイントの対象は、塗装ではなく断熱材を使用する断熱リフォームです。但し、今後塗装も対象になる可能性があるので、ここでは省エネ住宅ポイントについて説明していきます。

災害や火災にあって家屋が損壊した場合でも保険や支援金を受けるためには罹災証明書が必要です。ここでは、罹災証明の取得の仕方を説明しています。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

外壁塗装のベストシーズンと、業者が最も塗装に向かないと答えた時期を説明していきます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する