TOP > 外壁塗装の見積りチェックポイント > 訪問販売の危険な見積書の例一覧 > 訪問販売が日本ペイント塗料で相場以上の単価を提示し総額248万円の例

訪問販売が日本ペイント塗料で相場以上の単価を提示し総額248万円の例

株式会社カルテット代表:宇野清隆
大手メーカーの塗料を相場以上の単価を提示してくる業者もいるので注意!

この見積書のように、訪問販売でオリジナル塗料を使っていなくても、外壁の面積や塗料の単価を高めに提示してくることもあるので注意が必要です。日本ペイントの塗料だから安心と思わないようにしましょう。

このように大手メーカーの塗料での見積りを貰った場合は、もう1社から同じ塗料で見積りを取り比べれば比較しやすいです。

建物情報

種類 一戸建て2階建て
規模 述べ床面積40坪
築年数 10年
塗替え間隔 10年(初めての塗装)
見積書の有効期限 打ち合わせの上
お支払い方法 契約後30%、着工10日後50%、完工後20%
保証 不明

見積書の危険度

90% 費用
外壁面積
塗料品質
支払い方法
保証

実際の見積書

訪問販売といえば、オリジナル塗料で単価が高いことが多いですが、今回のように大手塗料メーカー日本ペイントの塗料で単価を高くする業者もいます。日本ペイントの塗料を提示しているから信頼できる業者だと決め付けないようにしましょう

内容 詳細 メーカー 数量 単価(円) 金額(円)
■外壁塗装工事
仮設足場 ピケ足場   498m2 ※1 600 298,800
飛散防止ネット メッシュ養生   一式   25,000
高圧洗浄     408m2 ※2 150 61,200
養生 開口部・破風板など   一式   25,000
下地処理 コーキング   一式   28,000
下地調整 シーラー   326m2 ※3 800 260,800
主材吹き付け ファイン4Fセラミック 日本ペイント 326m2 ※3 4,200 ※3 1,369,200
付帯部塗装 ウレタン塗装 ※4   一式   85,000
清掃作業 残材処理   一式   30,000
■オプション
目地補修 目地補修 ※5   一式   300,000
 
備考

小計(税込) 2,483,000 ※6

優良塗装店が解説!チェックするべきポイント

※1 足場の面積が大きすぎる
仮設足場の面積が498.0m2なので、述べ床面積が40坪の建物にしては大きすぎます。単価は相場の範囲内です。足場の計算方法はこちら

※2.3 外壁の面積が大きすぎる
高圧洗浄や外壁の面積が大きすぎます。外壁の塗り面積の計算方法はこちら。また、ファイン4Fセラミックの単価がシーラーを入れた3回塗りで5,000円/m2になっていますが、相場は3,800~4,300円/m2なので、少し高いです。面積が大きく、塗料の単価が高いため、外壁塗装だけで130万円を越えてしまっていますが、優良な業者ならこんなに高くなることはありません。

※4 ウレタン塗料はあまり使わなくなっている
最近では、付帯部分でもウレタンは使わなくなってきているので注意が必要です。

※5 目地部分の補修方法が書かれていない
目地の補修方法は、 打ち替え(1,200円/m2)・打ち増し(600円/m2)の2パターンあります。どちらの施工方法かがわかっていなければ、シーリングの料金が高いのか安いのかがわからないので注意が必要です。また、シーリングに使う材料も書いていないので注意。

※6 総額が高すぎる
2階建て述べ床面積40坪で外壁と付帯部分を塗装する場合、合計金額が150万円を越えることはまずないので、200万円を越えているこの見積書は注意が必要です。

その他、訪問販売の危険な見積書の例

危険度92%。外壁と屋根、付帯部分の塗装で総額350万円を越えた、ありえない見積書の例です。なぜ、このような金額になったのでしょうか。ここでは、外壁面積と塗料の単価に注目して解説しています。> 詳細はこちら

危険度98%。外壁塗装の単価が15,300円という張替えよりも高い見積書の例です。単価以外にもおかしな点があるので、その点についても解説しています。> 詳細はこちら

危険度70%。外壁と付帯部分の塗装でモニター割引があり89万円になった見積書の例です。なぜ、このような見積書が危険なのかを解説しています。> 詳細はこちら

業種別、危険な見積書

> 訪問販売の悪徳見積書の例へ戻る
> リフォーム店、工務店の悪徳見積書の例へ戻る
> ハウスメーカーの悪徳見積書の例へ戻る
> 塗装専門店の悪徳見積書の例へ戻る

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、今の業者との契約を解除するクーリングオフの書き方などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

業者と契約済みでも契約から8日以内であれば、契約解除できます。ここでは、クーリングオフの書き方、サンプルを掲載しています。

外壁塗装は、どんなに良い塗料を使っても業者が手を抜くと、塗料が持つ性能を発揮できません。そのため、業者選びが一番重要です。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る