TOP > 塗料の種類や特徴 > 光触媒塗料の特徴と単価

光触媒塗料の特徴と単価

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

ひと昔前は、塗料と言えば溶剤(油性)で環境に悪いと言われていましたが、光触媒塗料は塗るだけで緑地と同じ空気浄化効果などがある自然環境にも良い塗料です。

但し、デメリットも多いので光触媒で塗装を検討している方は、特徴を理解することをお勧めします。

シリコンやフッ素など他のグレードの塗料は、日本ペイン、エスケー化研、関西ペイントなど様々な塗料メーカーの塗料が使われますが、光触媒の場合は、圧倒的にハイドロテクトカラーコートが多いです。

訪問販売の業者に光触媒の提案を受けたら注意!

訪問販売の業者は、塗料の単価が高い塗料を使う傾向にあります。その中には光触媒を提案してくる業者も多いです。光触媒そのものが悪いわけではなく、訪問販売が提案する光触媒は、実績がないような塗料で、さらに平米当たりの単価が1万円を超えているような場合もあります。

日本で圧倒的なシェアがあるTOTOハイドロテクトコートでも平米当たり4,200~5,000/m2です。

訪問販売に光触媒を提案されたら、まずは相見積を取ることをお勧めします。

光触媒の特徴(メリット)

セルフクリーニング機能

塗料の白色顔料の原料である酸化チタンが、太陽光にあたると活性酸素を作り、汚れを分解します。また、塗膜が超親水状態という水を弾く状態になることにより、雨が降ったときに分解した汚れを洗い流します。

この2つの機能を合わせてセルフクリーニング機能と言います。また、汚れを分解する効果により除菌効果、抗カビ、防藻効果もあります。簡単に言うと、汚れを浮かせて雨で流し、汚れにくい外壁になるということです。但し、土や砂などの無機質系の汚れは分解できません。

空気浄化効果

使用する塗料やグレードにもよりますが、TOTOの光触媒の中でも一番グレードが高いハイドロテクトカラーコートECO-EXで塗装をすると、延床面積30坪(外壁面積150m2)の戸建て住宅で、テニスコート4面分(約1000m2)の緑地と同じ空気浄化効果あり、乗用車12台が排出する二酸化炭素などの窒素酸化物を除去できることになります。

遮熱機能によりヒートアイランド現象を軽減

全ての塗料ではありませんが、ハイドロテクトカラーコートECO-EXやピュアコートANプラスでは、太陽光を反射することで遮熱し、蓄熱を抑えることで放熱を減ら効果があります。

光触媒の特徴(デメリット)

塗料が高い

塗料の中でも最も高いグレードです。単価は4,200~5,000/m2なので、シリコン塗料と比べ約2倍です。但し、メーカー発表の耐久年数が20年で、この通り持つならば、長い目で見ると塗り替え感覚が長く、長い目で見ると安くはなります。

色や艶の種類が少ない

光触媒は、白色顔料の酸化チタンが反応を起こすことで機能するため、白色顔料があまり使われない濃い色の塗料はありません。また、艶もハイドロテクトカラーコートECO-EXでは、5分艶か艶消し、ECO-SPでは5分艶のみとなります。

太陽が当たりにくいところでは効果が出にくい

太陽光の力で汚れを分解し雨で流すので、当然ですが太陽光や雨が当たらないところでは効果が低くなります。例えば、軒が長く出ている家の場合、軒天井と外壁の隣合わせ部分の壁には光も雨も当たりにくく、他の個所が綺麗な分、汚れが目立つことがあります。

また、あまり多くはありませんが、家全体が日が当たりにくい場合は、セルフクリーニングの効果は出にくいです。

塗る職人により差が出やすい

この問題は、最近では解消されつつありますが、2014年までTOTOのハイドロテクトコートは、普通の塗料と比べ施工方法に癖があるため、認定施工店制度という限られた塗装店のみが塗装できる塗料でした。そのため、塗る職人がしっかりしていないと、光触媒の効果も軽減するということがありました。

例えば、通常の塗料だとローラーをコロコロ回しながら塗装をしますが、ハイドロテクトコートの場合は、ローラーをロックした状態で塗ります。また、最初は青色ですが、直ぐ白になるから塗り忘れが出るなどの問題がありました。

今では、塗料の開発が進み、職人の技術に差が出にくくなり、認定施工店制度もなくなりました。

屋根用の塗料がない

光触媒は、外壁用の塗料のみの販売となっています。

何かとトラブルが多い

光触媒のシェアの多くを占めているTOTOハイドロテクトコートですら、メーカー発表と相違があるなどトラブルがあります。最近では、2015年にハイドロテクトカラーコートECO-HGが販売停止になるようなこともありました。

外壁用塗料

塗料名

メーカー

平米単価 ※3回塗りの合計
ハイドロテクトカラーコート TOTOエクセラ(株) 4,200~5,000/m2 ※ECO-HG除く
ピュアコートANプラス (株)ピアレックステクノロジーズ -

屋根用塗料

光触媒は屋根用の塗料はありません。

その他、塗料に関するコンテンツ

アクリル塗料の特徴と単価
ウレタン塗料の特徴と単価
シリコン塗料の特徴と単価
ラジカル塗料の特徴と単価
フッ素塗料の特徴と単価
光触媒塗料の特徴と単価
無機塗料の特徴と単価

訪問販売の営業トークで「セラミック系塗料で長持ちです!」と言われることがありますが、このようことを言われたら注意です。セラミックの塗料とは何なのか?なぜ注意が必要なのか?を説明します。

設計単価とは、塗料メーカーは発表している塗料の単価です。家電製品のメーカー希望小売価格のようなものです。ここでは、設計単価の調べ方を説明します。

業者がメーカーに塗料を発注したときに、記録として出荷証明というものがあります。ここでは、出荷証明について説明します。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

お客様から弊社に相談があった1,000件を越える見積書を分析した結果から、悪徳業者の見積書を判断するポイントをまとめました。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

当サイトでも過去の施工事例から色別にサンプルを掲載していますので、大まかなイメージを決めてから業者に相談しましょう。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る