TOP > 塗料の種類や特徴 > 人気急上昇!ラジカル塗料の特徴と単価、注意点

人気急上昇!ラジカル塗料の特徴と単価、注意点

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

今、最も注目されているされているラジカル塗料。まだ、出てきてから数年しか経っていないため、実際の環境で10年以上経過した建物の事例がありませんが、今後は主流となることが予想される注目の塗料です。注目されるポイントは、シリコンと同じくらいの単価で、耐久年数がシリコンとフッ素の間くらいな点です。

どの塗料を選べばいいかわからない方は、プロの塗装屋が選ぶ塗料ランキングがオススメです。

通常、塗料のグレードは、塗料の耐久性などを決める合成樹脂の名前で決まります。例えば、アクリル合成樹脂であればアクリル塗料、アクリルシリコン合成樹脂であればシリコン塗料と呼ばれます。

しかし、このラジカル塗料はラジカル合成樹脂が入っているわけではありません。ラジカルは樹脂ではないので…。ラジカルとは、塗料の白色顔料が太陽光を吸収することによって発生する物質で、塗膜の劣化原因になります。

このラジカルの発生を制御するのが、ラジカル塗料と言われています。制御するために入れる物質をハルスと言うため、ハルスハイブリットやハイブリット塗料とも言われます。

2012年の終わり頃に出てきた塗料で、2016年に入り日本の三大塗料メーカー全てから商品が揃いました。出てきて間もない塗料なので、シリコン塗料などと比べると、実際の建物で10年以上経過した実績がないのが注意する点ですが、塗料メーカーも力を入れていて、今後最も注目される塗料です。

外壁塗装は、塗料のグレードや商品により価格や耐久性が決まるので、塗料選びは重要です。特にラジカルなどの新しい塗料は、今までの塗料と施工方法が違うこともあるので、しっかり施工をしないと塗料が持つ性能を発揮できず、早期の剥がれなどが起こる可能性があります。そのため、業者選びが一番重要です。

いい業者を選ぶことが出来れば、複数の塗料の中から建物にあった塗料を提案してもらえます。⇒ 優良業者業者の選び方

代表的なラジカル塗料

パーフェクトトップ [日本ペイント]

パーフェクトトップの画像いち早く、市場に出したラジカル塗料。現在一番使われています。2016年の初め頃にパーフェクトセラミックトップという無機系のラジカル塗料も発売しました。

艶は、艶有り、5分艶、3分艶、艶なしです。他のラジカル塗料と比べ、唯一艶なしがあります。

ラジカル塗料を嫌う業者でも、パーフェクトシリーズのパーフェクトシーラー、パーフェクトプライマーなどの下塗り材は評判がよく、使う業者も多いです。

エスケープレミアムシリコン [エスケー化研]

エスケープレミアムシリコンの画像2014年の終わり頃に、パーフェクトトップを追いかけるように発売されたエスケー化研のラジカル塗料。

艶は、艶有り、5分艶、3分艶のみとなっていて、艶なしがありません。2016年には、弾性機能を持ったエスケー弾性プレミアムシリコンも発売されました。

アレスダイナミックTOP [関西ペイント]

ダイナミックトップの画像2016年の初めに、日本ペイントとエスケー化研を追いかけるように発売された、関西ペイントのラジカル塗料。

艶は、艶有り、7分艶、5分艶、3分艶となっていて、他のラジカル塗料ではない7分艶があり、エスケープレミアムシリコンと同じく艶なしはありません。

アレスダイナミックTOPの最大の特徴は、ダイナミック強化剤を混ぜることで、湿度85%以下、含水率8%以下なら塗装できるので、養生していれば雨の日でも施工が可能な点です。

塗装業界は、雨が降ると施工ができなく、工期が延びるという問題がありました。この問題を解消するために生まれた塗料です。

まだまだ、実績はありませんが、今後注目されている塗料です。

塗料グレードによる単価、耐久性 徹底比較

グレード

耐久性

単価(m2) ※3回塗りの合計
アクリル 5~7年 1,400~1,600円
ウレタン 8~10年 1,700~2,200円
シリコン 10~15年 2,300~3,000円
ラジカル 12~15年 2,500~3,000円
フッ素 15~20年 3,800~4,800円
光触媒 15~20年 4,200~5,000円
無機 20~25年 4,500~5,500円

その他、塗料に関するコンテンツ

アクリル塗料の特徴と単価
ウレタン塗料の特徴と単価
シリコン塗料の特徴と単価
ラジカル塗料の特徴と単価
フッ素塗料の特徴と単価
光触媒塗料の特徴と単価
無機塗料の特徴と単価

訪問販売の営業トークで「セラミック系塗料で長持ちです!」と言われることがありますが、このようことを言われたら注意です。セラミックの塗料とは何なのか?なぜ注意が必要なのか?を説明します。

設計単価とは、塗料メーカーは発表している塗料の単価です。家電製品のメーカー希望小売価格のようなものです。ここでは、設計単価の調べ方を説明します。

業者がメーカーに塗料を発注したときに、記録として出荷証明というものがあります。ここでは、出荷証明について説明します。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

お客様から弊社に相談があった1,000件を越える見積書を分析した結果から、悪徳業者の見積書を判断するポイントをまとめました。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

当サイトでも過去の施工事例から色別にサンプルを掲載していますので、大まかなイメージを決めてから業者に相談しましょう。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る