TOP > 外壁塗装の基礎知識 > 外壁塗装の正しい工程と日数 > 高圧洗浄とは?塗装面の旧塗膜や汚れを綺麗にする工程
更新日:2018/09/22

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます

解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

宇野清隆【株式会社カルテット代表】
職人暦20年、他の塗装店にも技術などを教えるプロ中のプロ。日本ペイント、アステック、その他の大手塗料メーカーから全国1位の実績と表彰。審査の厳しいホームプロでは、毎年顧客満足優良店に選ばれる。

児玉圭司【株式会社児玉塗装代表】
名古屋市で地元のお客様に愛されて50年。児玉塗装の3代目。16歳の若さで塗装業入りし、趣味も特技も塗装。圧倒的な知識と技術でお客様からの満足度も高い。

高圧洗浄とは?塗装面の旧塗膜や汚れを綺麗にする工程

【この記事の要約】

外壁や屋根面の汚れや旧塗膜を水で洗い流す高圧洗浄。家庭用のケルヒャーなどと違い強力な水圧で行います。これにより、塗装面を綺麗にして、塗料の付着をよくする重要な作業です。

外壁や屋根に付着した、ほこり、コケ、チョーキングの粉などを綺麗にするため、専用の洗浄機に水を入れて噴射して汚れを落とす作業です。正しくは、洗い流すというより外壁や屋根の表面を薄く削ぎ取るイメージです。

エンジン駆動タイプのものを使い、水圧は80~150気圧くらいです。そこまで汚れていない場合は80~100気圧、汚れが激しい場合は120~150気圧で水を噴射します。この水圧はコインパーキングにある洗浄機の2倍くらいと言われています。高圧洗浄の種類は以下の通りです。

・通常タイプ
・トルネードタイプ
・バイオ洗浄タイプ

高圧洗浄の単価は?

高圧洗浄の単価は100~300円/m2です。外壁・屋根塗装の費用の中では安い部分なので、この料金を相場よりもかなり高くするような業者は少ないです。但し、500円/m以上する場合は注意した方がいいです。トルネードタイプやバイオ洗浄タイプでも300円前後です。

基本的に水はお客さんの家のものを使うので、水道代はお客さんの負担になります。

どれくらいの時間がかかる作業なのか?

一般的な延べ床面積30坪の家の場合、外壁のみで半日、外壁と屋根を合わせると丸1日かかります。塗装の仕上がりを左右する重要な工程ですので、しっかりと時間をかけて綺麗にする必要があります。

また、雨のでも問題なくできる作業になります。

しっかり高圧洗浄をしないと早期剥がれの原因になる

ほこり、コケ、チョーキングの粉をしっかり落とさないと、どんなに良い塗料を使っても半年~1年で剥がれてしまうことがあるので注意が必要です。これは、塗料とほこりなどが付着してしまい、しっかりと外壁面に塗料が付着しないために起こる初期不良です。

高圧洗浄でも全てのほこりなどを落とすのはできませんが、下塗りが外壁や屋根自体に浸透するくらいになれば問題ありません。

下地がしっかりしていれば、外壁や屋根にダメージは与えない

コインパーキングの2倍の強さと聞くと「外壁や屋根にダメージを与えてしまうのでは…」このように思うかも知れませんが、通常の壁であれば問題ありません。仮に高圧洗浄の水で崩れる壁なら台風などの自然災害に耐えられません。

但し、内部の外壁材まで激しく劣化しているような場合は、壁が崩れたりする場合もあるので、洗浄前には外壁材などの状態をしっかりと確認することが重要です。

万が一、外壁材の状態が良くない場合は、外壁塗装ではなく張替えなどのリフォームが必要になります。

薬品が入っているバイオ洗浄とは?

ほとんどの場合は、通常の高圧洗浄で綺麗にしますが、水に薬品を混ぜて噴射するバイオ洗浄というものあります。

コケが酷いときなどには使うこともありますが、窓枠やサッシ部分に液体が付くと化学反応を起こしボロボロになる可能性やプラスチック部分が焼けるようなことがあるので、もし使う場合は養生をしっかりする必要があります。

また、排気ガスやサビなどの汚れには効果が出にくいので、通常の高圧洗浄を使います。

商品例

・SKクリーナースーパー
・ガイソーパワークリーナー(オリバークリーナー)

高圧洗浄に関する動画

通常タイプ

トルネード

バイオ洗浄

高圧洗浄なんて必要ない。というのは古い考え!?

30年くらい前は、今ほど優れた高圧洗浄器がなく、洗う作業を手作業で行っていました。そのため、昔ながらの職人さんの中には、高圧洗浄なんて必要ない!という方もいます。

しかし、現在ではこの考えは間違いです。本当の優良業者はこのよな時代の流れにも敏感で、良いものはどんどん取り入れていきます。

工程に関するコンテンツ

仮設工事とは、外壁塗装で一番最初の工程で、足場やメッシュシートをかける作業です。ここでは、足場やメッシュシートの単価相場を説明しています。

養生は、塗装する際に塗料が付いてしまうと困る箇所をビニールなどで保護する作業です。ここでは、養生の種類と単価相場を説明しています。

錆止めは、金属部分を塗装する前に行う下塗りの工程です。ここでは、錆止めの種類と単価相場を説明していきます。

ケレンとは、主に鉄部をヤスリで擦り、汚れやサビを落とし塗料の付着をよくする作業です。ケレンには1~4種まであります。ここでは、種類別の作業と単価を説明していきます。

シリコンやフッ素というような上塗り塗料の前に塗り、上塗り材との密着をよくする役割があります。

屋根材と屋根材の隙間が塗料で埋まってしまわないように、隙間を作る作業を縁切りと言います。2種類ある工法の違いを説明していきます。

ベランダは、劣化を放置しておくと雨漏りの原因になりやすい箇所なので、防水塗装が必要です。ここでは、防水塗装の種類と単価について説明していきます。

不在中でも大丈夫か?隣人への挨拶はどうするか?など施工中に関する質問に回答していきます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する