TOP > 外壁塗装の価格相場 > 雨戸を塗装や交換するときの価格相場

雨戸を塗装や交換するときの価格相場

更新日:2019/05/14

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます

解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

宇野清隆【株式会社カルテット代表】
職人暦20年、他の塗装店にも技術などを教えるプロ中のプロ。日本ペイント、アステック、その他の大手塗料メーカーから全国1位の実績と表彰。審査の厳しいホームプロでは、毎年顧客満足優良店に選ばれる。

児玉圭司【株式会社児玉塗装代表】
名古屋市で地元のお客様に愛されて50年。児玉塗装の3代目。16歳の若さで塗装業入りし、趣味も特技も塗装。圧倒的な知識と技術でお客様からの満足度も高い。

【この記事の要約】

雨戸の補修方法は、塗装か交換の2種類あります。交換は1枚に付き、シャッタータイプは手動タイプで8万~15万、自動タイプで10万~30万、折り戸や引き戸タイプは2万~6万円程度の費用です。

塗装は1枚2,000円~3,000円程度の費用です。塗装と交換の費用を比べた場合、塗装の方が圧倒的に費用が安価です。状態がよく塗装で補修できる場合は塗装をオススメします。

雨戸とは

住宅の窓や戸の外側に付ける板戸です。現在は防犯の役割が大きく評価され普及していますが、本来は雨風を防ぐことが一番の役割で、防寒、防火の効果も期待できます。東北以北は雨戸が設置されていない事が多く、台風が少ないことや雪の影響があるためです。

雨戸の材質と形状

一昔前までの材質は木製が主流でしたが、現在はアルミや銅板などの金属製が主流です。

形状は主に、シャッタータイプ、折り戸タイプ、引き戸タイプの3つになります。現在の主流はシャッタータイプで、簡易な開閉性能や小スペースで設置が出来る点が優れています。

折り戸タイプはクローゼットの扉にも採用されている形状で、洋風住宅によく似合います。引き戸タイプは日本で昔から採用されているタイプで、雨戸を収納する大きな戸袋があり、開閉は重く手間がかかりるため、近年は減少しています。

雨戸の補修方法

雨戸の補修は交換と塗装の2通りがあります。交換は1枚に付き、シャッタータイプは手動タイプで8万~15万、自動タイプで10万~30万の費用がかかります。折り戸、引き戸タイプは2万~6万円程度の費用です。

塗装は1枚2,000円~3,000円程度の費用です。金属製の場合は、下塗りで錆止めを塗り、中塗り上塗りを行います。中塗り上塗りの塗料はシリコン塗料やフッ素塗料を使います。

塗装と交換の費用を比べた場合、塗装の方が圧倒的に費用が安価です。状態が良く塗装で対応が出来る場合は、塗装がおすすめです。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する