TOP > 外壁塗装の価格相場 > 雨樋を塗装や交換するときの価格相場

雨樋を塗装や交換するときの価格相場

更新日:2019/05/14

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます

解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

宇野清隆【株式会社カルテット代表】
職人暦20年、他の塗装店にも技術などを教えるプロ中のプロ。日本ペイント、アステック、その他の大手塗料メーカーから全国1位の実績と表彰。審査の厳しいホームプロでは、毎年顧客満足優良店に選ばれる。

児玉圭司【株式会社児玉塗装代表】
名古屋市で地元のお客様に愛されて50年。児玉塗装の3代目。16歳の若さで塗装業入りし、趣味も特技も塗装。圧倒的な知識と技術でお客様からの満足度も高い。

【この記事の要約】

雨樋の補修には大きく分けて2通りの方法があります。塗装は、シリコンが主流で1メートル当たり800円前後が相場です。交換の場合は、1メールあたり3,000円~5,000円前後が相場で、材質によって変動します。

交換と塗装を比べた場合、塗装の方が安価で施工を行えます。

雨樋とは

雨樋とは、屋根から流れてくる雨水を受け止めて、地上や下水に流すためのものです。軒樋と竪樋から構成されており、軒樋は軒先で雨水を受けと止め、竪樋は軒樋から流れてきた雨水を地上へ流します。

雨樋の役割は、雨水により建物を腐食させない事です。雨樋がなく軒先から雨水が降りそそいだ場合、地面に溝が出来て水たまりとなり、基礎を腐らせる原因になります。また、雨水が降り注ぐ際に外壁も塗れ続けるため劣化の原因になります。

雨樋の材質と形状

材質は主に、塩化ビニール、合成樹脂、ガルバリウム鋼板などが使用されています。

塩化ビニール

軽くて安価な点が特徴ですが、耐久性は低く破損しやすいデメリットがあります。

合成樹脂

塩化ビニールと見た目はほとんど同じですが、塩化ビニールより耐久性が高いです。

ガルバリウム鋼板

耐久性が高く錆に強いのが特徴です。金属製の中では安価で最も普及している素材です。他に金属製雨樋にはステンレスやアルミ、銅などもありますが、使用される例は少ないです。形状は半円型、角型、特殊型の3種類です。

半円型

半丸型、丸型とも呼ばれ、底の部分が丸状になってるのが特徴です。昔から使用されている最もベーシックな型です。

角型

箱型とも呼ばれ、蓋の無い箱のような形が特徴で、近年は採用される事が増えてきた型です。半円型より多くの雨水を受け止め流すことができるため、降水量が多い地域では有効です。

特殊型

箱型の雨樋に屋根が付いたような型です。積雪による負荷を軽減する特殊な形になっており、豪雪地帯で用いられます。

雨樋の補修方法

雨樋の補修には大きく分けて2通りの方法があります。交換と塗装を比べた場合、塗装の方が安価で施工を行えます。雨樋の耐久年数は20年~25年前後ですので、それ以前で破損が無い場合は、塗装がおすすめです。

塗装

塗装は美観を良くする目的と、雨樋を塗膜で保護する目的で施工を行います。塗料はシリコンが主流で、1メートル当たり800円前後が相場です。破損や不具合がある場合は塗装では修復されませんので、別途補修が必要となります。

交換

状態が悪く、塗装や補修では対応が難しい場合は交換、もしくは一部交換になります。1メールあたり3,000円~5,000円前後が相場で、材質によって変動します。

 

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する