TOP > 外壁塗装の価格相場 > 破風板の役割と補修方法(塗装、カバー、交換)の価格相場

破風板の役割と補修方法(塗装、カバー、交換)の価格相場

更新日:2019/05/14

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます

解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

宇野清隆【株式会社カルテット代表】
職人暦20年、他の塗装店にも技術などを教えるプロ中のプロ。日本ペイント、アステック、その他の大手塗料メーカーから全国1位の実績と表彰。審査の厳しいホームプロでは、毎年顧客満足優良店に選ばれる。

児玉圭司【株式会社児玉塗装代表】
名古屋市で地元のお客様に愛されて50年。児玉塗装の3代目。16歳の若さで塗装業入りし、趣味も特技も塗装。圧倒的な知識と技術でお客様からの満足度も高い。

【この記事の要約】

破風とは、切妻屋根の先端部分のことを言い、ここを板で隠すための板が破風板です。築20年以上の家の破風板は木材が主流でしたが、今は窯業系や金属系です。

破風板の主な役割は、美観を良くするだけではなく「防風、防水、防火」です。

補修方法は、劣化状況により異なります。
・【劣化具合(小)】塗装:800~1,300円/m
・【劣化具合(中)】金属(ガルバリウム鋼板)巻き:2,000~3,000円/m
・【劣化具合(大)】破風板の交換:4,000~5,000円/m

破風とはどの部分?

通期工法と直貼り工法の違い

破風とは、切妻屋根の先端部分のことを言い、ここを板で隠すための板が破風板です。破風板がある面を妻側といいます。築20年くらいまでの家は、木材(厚み20㎜程度)が使われていることが多いですが、現在は窯業系や金属系の破風板が主流です。

破風板と似ているので勘違いされやすい「鼻隠し」「ケラバ」もあります。

鼻隠し

破風板側ではない、地面と垂直になっている屋根の先端部分。垂木の腐食を防止したり、美観を整える役目です。

ケラバ

屋根のでっぱり部分で、外壁と屋根が交わる部分から屋根の先端まで。

破風板の3つの役割

1.美観をよくする

屋根は、垂木などの木材で支えられているため、破風板がないと内部が見えてしまいます。それらを隠すために、破風板や鼻隠しが取り付けられています。また、破風板を屋根の色と変えるなどすることで、デザイン性を高めることもできます。

2.防風、防水効果

屋根は、上から吹く風には強いのですが、横や下から吹き上げる風には弱い特徴があります。破風板には、「破」「風」という名前が付くように、風から守る役割があり、横や下から吹き上げる風が屋根裏に侵入するのを防ぎます。

3.防火効果

住宅火災は下から上に燃えていきます。そのときに、屋根裏に火が回るのを遅らせる役目があります。そのため、破風板には耐火性が高い素材を追加います。

破風板に使われる素材の種類

木材系

築20年以上の住宅に多かった素材です。木材自体が呼吸するため、上から塗装すると膨れたり剥がれたりすることがあります。そのため、塗装をする場合は通気性の高い塗料で塗装します。

家を丸ごと塗装した場合、外壁や屋根に比べ破風板などの木材は劣化が早いため、外壁よりも先に見栄えが悪くなってきます。

「外壁がキレイなのに、破風板がボロボロになると美観が台無し…」という問題もあり、最近では窯業系か金属系の破風板が主流になってきています。

窯業系

現在一般的な破風板の種類です。窯業系の破風板の主成分は吸水性の高いセメントで、木材に比べ耐久性も耐火性も高いです。

金属系

今ある木材破風板の上から巻きつけることもでき、耐久性も高い破風板です。金属なので錆に注意する必要があります。補修方法は塗装で、下塗りにサビ止めをしてから中・上塗りをします。

破風の補修方法

塗装【劣化具合(小)】:800~1,300円/m

劣化が少ない場合に塗装で補修することが多いです。一番安上がりで補修方法ですが、破風板の素材そのものが破損している場合は塗装では対応できません。使用する塗料グレードにより異なりますが、単価は800~1,300円/mです。平米ではなくメートルの単価になります。

金属(ガルバリウム鋼板)巻き【劣化具合(中)】:2,000~3,000円/m

塗装は剥がれていても素材そのものがあまり傷んでいない場合にすることが多い。築20年くらいの家には破風板に木材が使われていることが多く、耐久性や耐火性が低いため、今ある木材破風板の上からガルバニウム鋼板などを巻きつける補修方法です。耐久性が上がるので、人気がある補修方法です。単価は2,000~3,000円/mです。

破風板の交換【劣化具合(大)】:4,000~5,000円/m

木材の破風板は耐久性が低いため、材質自体が破損してしまった場合は、塗装などでは補修できないので破風板そのものを交換します。現在は、木材ではなく窯業系ボードへの交換が一般的です。単価は4,000~5,000円/mです。

破風板の塗装手順

洗浄

ケレン(木材、金属破風板の場合)

下塗り(金属破風板の場合はサビ止め)

中塗り

上塗り

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装のベストシーズンと、業者が最も塗装に向かないと答えた時期を説明していきます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

外壁・屋根塗装に使われる塗料の種類や特徴、単価相場を説明していきます。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する