TOP > 塗料の種類や特徴 > 塗料選びに役立つ知識 > シックハウス症候群、化学物質過敏症でも外壁塗装して大丈夫?

シックハウス症候群、化学物質過敏症でも外壁塗装して大丈夫?

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

シックハウス症候群や化学物質過敏症の方は、油性塗料に含まれているシンナーを心配する方もいますが、外壁塗装は外で行われるので問題ありません。どうしても気になる方は、シンナーを使わない、水性塗料のF☆☆☆☆の塗料を選ぶことをオススメします。

実は、シックハウス症候群の原因は不明点が多く解明できていない

シックハウス症候群は、症状としてはめまいや頭痛、のどの痛み、湿疹、呼吸疾患などがありますが、これらの原因は不明な点が多く、未だに解明されていません。

解明されている原因のひとつには、油性塗料の薄め液として使われるシンナーに含まれるホルムアルデヒドやトルエン、キシレンなどの揮発性有機化合物(VOC)を長期間吸い込むとこれらの症状が出ると言われています。

実は、これらのアレルギーは、室内に使用されている建材や塗料に含まれる揮発性有機化合物(VOC)が原因になることがありますが、外壁の塗料が原因でアレルギーになることはまずありません。そのため、問題ありません。

室外には揮発性有機化合物の濃度基準がない=アレルギーの影響がない

なぜ、外壁塗装ではないと言えるのかというと、室内には厚生労働省や環境省などが揮発性有機化合物(VOC)の濃度基準がありますが、室外にはありません。

室外なので、揮発性有機化合物(VOC)が大気中に消えていくため、健康被害にはならないとのデータがあるからです。そのため、外壁塗装の塗料が原因になることはまずありません。

どうしても気になる場合は、水性塗料のF☆☆☆☆の塗料を選ぶ

いくら安全とはいえ、排気口から少量の揮発性有機化合物(VOC)が入ってくることを嫌がる方もいると思います。どうしても気になる方は、水性塗料のF☆☆☆☆(エフフォースター)の塗料を選ぶことをオススメします。

これらの塗料は、先ほどの室内の濃度基準でも充たしているほど安全な塗料なので、外壁塗装で使えばより安全です。

上記の写真は日本ペイントのパーフェクトトップの例ですが、F☆☆☆☆の塗料は必ずパンフレットや公式サイトに記載があります。

各社で耐久性の高い水性塗料の開発が進んでいる

塗料メーカー各社では、油性ではなく水性塗料の耐久性を高めるための開発が進んでいます。

油性塗料を使った外壁塗装でもシックハウス症候群、化学物質過敏症のアレルギーなどの健康被害には関係ありませんが、大気汚染の原因にはなります。そのため、今後はどんどん水性塗料が主流になっていくことが予想されます。

日本でよく使われるドイツの自然塗料メーカー

現在、日本ではドイツ製の自然系塗料がよく使われます。これらは室内だけではなく、室外にも使われています。

オスモ(OSMO)
オスモ社は、日本で最も使われていて実績のあるドイツの自然塗料メーカーです。ひまわり油、大豆油、アザミ油を主成分にすることで、他の亜麻仁油を主成分にしている塗料の欠点であった黄色く変色するという点を克服しています。

リボス(Livos)
リボス社は、世界で最も早く自然塗料の開発を始めたドイツの自然塗料メーカーです。開発者が女性ということもあり、主成分にはオリーブオイルやラベンダーオイル、ローズマリーオイルなどアロマテラピー効果のある成分が使われています。

アウロ(Auro)
アウロ社はドイツにある自然塗料メーカーで、主原料の植物はオーガニック生産にこだわり、シンナーや石油などを一切使用していません。

その他、塗料に関するコンテンツ

アクリル塗料の特徴と単価
ウレタン塗料の特徴と単価
シリコン塗料の特徴と単価
ラジカル塗料の特徴と単価
フッ素塗料の特徴と単価
光触媒塗料の特徴と単価
無機塗料の特徴と単価

当サイトに参加している優良業者に、自分の家を塗装すると仮定してどの塗料を使うか選んでもらった結果を公開。

訪問販売の営業トークで「セラミック系塗料で長持ちです!」と言われることがありますが、このようことを言われたら注意です。セラミックの塗料とは何なのか?なぜ注意が必要なのか?を説明します。

設計単価とは、塗料メーカーは発表している塗料の単価です。家電製品のメーカー希望小売価格のようなものです。ここでは、設計単価の調べ方を説明します。

業者がメーカーに塗料を発注したときに、記録として出荷証明というものがあります。ここでは、出荷証明について説明します。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

お客様から弊社に相談があった1,000件を越える見積書を分析した結果から、悪徳業者の見積書を判断するポイントをまとめました。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

当サイトでも過去の施工事例から色別にサンプルを掲載していますので、大まかなイメージを決めてから業者に相談しましょう。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る