TOP > 塗料の種類や特徴 > 塗料選びに役立つ知識 > 赤ちゃんやペット、高齢者のいる家での外壁塗装をしても大丈夫?

赤ちゃんやペット、高齢者のいる家での外壁塗装をしても大丈夫?

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

赤ちゃんやペット、高齢者のいる家での外壁塗装しても問題ありません。健康に関する問題ないので、当サイトの信頼できる複数の業者に確認を取りましたが、問題なく施工できるとの回答でした。

業者の中には、保育園など子供がたくさんいる施設の塗装も経験している業者もいますが、その場合でも子供に健康被害が出た事例はありません。

環境省でも室外で塗料を使う場合の揮発性有機化合物の基準は設定なし

環境省などのデータからも安全と言うことがわかります。室内には、揮発性有機化合物(VOC)が含まれるものを使うときに濃度基準がありますが、室外にはありません。⇒ 計測方法の説明はこちら

濃度基準とは、一定のレベルを超える揮発性有機化合物(VOC)が含まれる塗料や建材を使うと、長期間生活をしたときに健康被害が出る可能性があるという基準です。全世界で見ても日本は厳しい基準があります。

この基準が室外にないということは、多少の揮発性有機化合物(VOC)が含まれる塗料を使っても大丈夫ということです。これは、外壁に塗ったとしても大気中に消えていくため、健康被害にはならないとの考えがあるからです。

どうしても気になる場合は、水性塗料のF☆☆☆☆の塗料を選ぶ

それでも気になる方には、水性塗料のF☆☆☆☆の塗料を選ぶことをおオススメします。これはエフフォースターと呼びます。これらの塗料は、先ほどの室内の濃度基準でも充たしているほど安全な塗料なので、外壁塗装で使えばより安全です。

どうしても耐久性の良い油性塗料を使いたい場合

一般の水性塗料は、油性と比べると耐久性が劣ります。特に、寒冷地や屋根に関しては油性塗料をお勧めします。そのため、耐久性を重視して油性を使いたいという場合は、通気口を塞いで、室内に塗料の臭いや成分が入り込まないようにするという方法もありますので、契約前に業者に相談してみましょう。

その他、塗料に関するコンテンツ

アクリル塗料の特徴と単価
ウレタン塗料の特徴と単価
シリコン塗料の特徴と単価
ラジカル塗料の特徴と単価
フッ素塗料の特徴と単価
光触媒塗料の特徴と単価
無機塗料の特徴と単価

当サイトに参加している優良業者に、自分の家を塗装すると仮定してどの塗料を使うか選んでもらった結果を公開。

訪問販売の営業トークで「セラミック系塗料で長持ちです!」と言われることがありますが、このようことを言われたら注意です。セラミックの塗料とは何なのか?なぜ注意が必要なのか?を説明します。

設計単価とは、塗料メーカーは発表している塗料の単価です。家電製品のメーカー希望小売価格のようなものです。ここでは、設計単価の調べ方を説明します。

業者がメーカーに塗料を発注したときに、記録として出荷証明というものがあります。ここでは、出荷証明について説明します。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

お客様から弊社に相談があった1,000件を越える見積書を分析した結果から、悪徳業者の見積書を判断するポイントをまとめました。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

当サイトでも過去の施工事例から色別にサンプルを掲載していますので、大まかなイメージを決めてから業者に相談しましょう。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る