TOP > 各メーカーの代表的な塗料 > 最高グレード無機塗料の特徴と単価
更新日:2019/08/29

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます

解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

宇野清隆【株式会社カルテット代表】
職人暦20年、他の塗装店にも技術などを教えるプロ中のプロ。日本ペイント、アステック、その他の大手塗料メーカーから全国1位の実績と表彰。審査の厳しいホームプロでは、毎年顧客満足優良店に選ばれる。

児玉圭司【株式会社児玉塗装代表】
名古屋市で地元のお客様に愛されて50年。児玉塗装の3代目。16歳の若さで塗装業入りし、趣味も特技も塗装。圧倒的な知識と技術でお客様からの満足度も高い。

最高グレード無機塗料の特徴と単価

「無機塗料を使えば、長持ちするんですよね?」

「訪問販売が来て『無機塗料なら30年持つから長い目で見ればオトク』と言われましたが、本当でしょうか?」

当サイトには、このような相談をよくいただきます。確かに無機塗料は、今発売されている塗料グレードの中で最も耐久性が高く、価格もシリコンの約2倍する高い塗料です。

しかし、品質の低い無機塗料を選んでしまうと、耐久性が期待できません。 また、無機塗料の中には、サイディングやガルバリウム鋼板にも向かないものもあります。

このように、高額な無機塗料でもあなたのお家の素材に合った無機塗料を選ばないと、「思っていたより耐久性が悪かった…」ということになる可能性があるので注意が必要です。

そこで、外壁・屋根塗装で失敗しないためにも、このページを読めば無機塗料の情報が全て理解できるようになっています

【この記事の要約】

2019年現在で最も耐久性が高く、20~25年は持つと言われている無機塗料。その分、塗料の単価も4,500~5,500円と高いです。まだ、使用する方は少ないですが、今後注目されている塗料です。

≪30秒で理解!≫この記事の要点を漫画でチェック

無機塗料とは

無機塗料は、塗料の原料に無機物を配合した塗料です。無機物とは、石やレンガ、ガラスなど炭素を含まない物質で、紫外線で劣化しないため無機物自体は半永久に耐久します。

この無機物100%の塗料が作れれば、半永久的に耐久する塗料が作れるかもしれませんが、このままだと固すぎて塗料として塗ることはできません。そこで、無機物の耐久性を活かしつつ、合成樹脂などの有機物を混ぜて塗料として塗れるようにしたものが無機塗料です。

劣化の原因となる有機物を混ぜることにより、半永久に耐久することはありませんが、それでもフッ素を超える耐久性として注目されています。

無機塗料の特徴(メリット・デメリット)

【メリット1】フッ素を超えるほど耐久性が高く価格も高いが、塗装工事の回数を減らせる

色褪せやチョーキングは、有機物の顔料が使われているから起こります。無機塗料なら、有機物を限りなく少なくしているので、チョーキングなどの劣化が起こりにくく、塗膜が長持ちするので、耐久性が高くなります。

無機物の価格が高いため、有機塗料で最も高価なフッ素塗料よりも高いです。また、それほど普及してないため、出荷数が少なく、価格を安くできないとう事情もあります。

無機塗料は20年以上の耐久年数あるので、現在主流のシリコン塗料より約2倍近く長持ちします。 耐久年数が長いことで、30年~40年の長い期間で考えた場合、塗装工事の回数を減らすことができ、費用もトータルで安くなる可能性があります

【メリット2】光触媒塗料のようなセルフクリーニング機能

光触媒と同じように無機物も親水性が高いため、汚れを浮かび上がらせ、雨水で洗い流す特徴があります。

定期的に雨が降るので、綺麗な状態をキープできます。

【メリット3】不燃性に優れている

無機塗料は無機物が含まれるため、有機塗料と比べて燃えにくい性質があります。

【メリット4】変色しにくい

無機塗料は、塗膜が劣化しづらく変色に強い特徴があり、塗装直後の色合いを長期間に渡って保つことができます。

【メリット5】カビ・コケが発生しにくい

無機塗料は、塗膜が劣化しづらく変色に強い特徴があり、塗装直後の色合いを長期間に渡って保つことができます。

【デメリット1】ヒビ割れしやすい

無機塗料は、主成分が無機物のため、塗膜が固いです。そのため、地震や台風などで建物が大きく揺れた場合は、ヒビ割れを起す可能性があります。

しかし、しっかりすれば施工方法をヒビ割れすることはありません。もし、ヒビ割れが気になる方は、弾性力が高い無機塗料を使うことをお勧めします。

【デメリット2】ツヤ消しがない

無機塗料には、ツヤ消しが無く、5分ツヤと3分ツヤまでの調整です。

【デメリット3】木製の素材に塗れない

無機塗料は、堅い塗膜のため、収縮性があり木製の素材とは相性が悪く、塗装を行えません。また、無機塗料の種類によっては、ガルバリウム鋼板にも向かないものがあります。無機塗料を使う場合は、外壁・屋根材との相性に注意する必要があります。

【デメリット4】職人の技術・質が仕上がりに関わる

無機塗料は、一定に厚みで塗らなければ、十分な効果を発揮する事ができません。また、下地処置や洗浄など、基本的な塗装工事の工程もしっかり行う必要があり、技術力の高い塗装店に依頼する必要があります。

これは、無機塗料に限らず、耐久年数の長い高額な塗料全般に当てはまります。

無機塗料で塗装する場合の注意点

無機物が何パーセント含まれているのか?

無機物が何パーセント含まれていたら、無機塗料というような定義はありません。そのため、少しでも無機物が含まれていれば無機塗料と言えてしまう点が注意です。

無機塗料にも様々な種類があり、質の悪いものや性能が実証されていないものもあります。

悪徳業者が薦めてくる場合がある

悪徳業者の「無機塗料なので30年以上長持ちします」という騙し文句がありますが、現在弊社で確認している塗料で30年以上の耐久年数があるものは存在しません。30年以上がある塗料と言われたら注意が必要です。

仮に塗料が30年持ったとしても、サイディングに使われるコーキング部分は、一番グレードが高い商品でも耐久性は15~20年です。そのため、30年間メンテナンスをしなくていいというのは考えにくいです。

このような人にオススメ

価格が高くても、耐久性の高い塗料で施工を行たい方にオススメです。耐久年数が長いので、長期間で考えた場合、塗装工事の回数を減らすことができるので、コストパフォーマンスが優れています。

塗料グレードによる単価、耐久性 徹底比較

グレード

耐久性

単価(m2) ※3回塗りの合計
アクリル 5~7年 1,400~1,600円
ウレタン 8~10年 1,700~2,200円
シリコン 10~15年 2,300~3,000円
ラジカル制御形 12~15年 2,500~3,000円
フッ素 15~20年 3,800~4,800円
光触媒 15~20年 4,200~5,000円
無機 20~25年 4,500~5,500円

無機塗料の代表商品

ダイヤモンドコート [日本ペイント]
無機ハイブリッドコートJY [アステックペイント]
無機ハイブリッドクリヤー [アステックペイント]
アプラウドシェラスターNEO [日本ペイント]
クリスタコート [日本ペイント]
セラミタイトペイント [SK化研]
ムキフッソ [関西ペイント](pdfが開きます)
KFスーパーセラ [KFケミカル株式会社]

【まとめ】

最後に、無機塗料のおさらいです。

・無機物が100%の塗料は作れない。また、無機物が何パーセント含まれていたら無機塗料と呼べるなどの定義はないので、中には品質が悪い塗料もある。

・期待耐久年数が20~25年と言われている。塗料の単価は4,500円~5,500円とシリコンの約2倍。しかし、他の塗料に比べ、長い目で見えれば塗替え回数が少なくて済むので、30年間のトータルメンテナンスコストで考えると安くなる。

・セルフクリーニング機能がある無機塗料なら、雨が降ると外壁の汚れを綺麗に洗い流してくれるので、綺麗な状態が長持ちする。また、変色しにくく、カビやコケが発生しにくい。

・ツヤ消しがないので、落ち着いた雰囲気にはなりにくい。

・職人の腕により仕上がりの品質が左右される。ただし、他の塗料でも同じことが言える。

その他、塗料に関するコンテンツ

アクリル塗料の特徴と単価
ウレタン塗料の特徴と単価
シリコン塗料の特徴と単価
ラジカル制御形塗料の特徴と単価
フッ素塗料の特徴と単価
光触媒塗料の特徴と単価
無機塗料の特徴と単価

訪問販売の営業トークで「セラミック系塗料で長持ちです!」と言われることがありますが、このようことを言われたら注意です。セラミックの塗料とは何なのか?なぜ注意が必要なのか?を説明します。

設計単価とは、塗料メーカーは発表している塗料の単価です。家電製品のメーカー希望小売価格のようなものです。ここでは、設計単価の調べ方を説明します。

業者がメーカーに塗料を発注したときに、記録として出荷証明というものがあります。ここでは、出荷証明について説明します。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、塗装に適した時期などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

お客様から弊社に相談があった1,000件を越える見積書を分析した結果から、悪徳業者の見積書を判断するポイントをまとめました。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

当サイトでも過去の施工事例から色別にサンプルを掲載していますので、大まかなイメージを決めてから業者に相談しましょう。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する