TOP > 雨漏り補修 > 1次防水と2次防水のそれぞれの役割
更新日:2019/05/14

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます
解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

1次防水と2次防水のそれぞれの役割

【この記事の要約】

私達が住んでいる住宅は、雨漏りを防ぐために1次防水(建物の外側の防水機能)と2次防水(建物の内部の防水機能)により、雨水から建物を守っています。新築時の施工ミスや、経年劣化により、雨水が1次防水と2次防水を通過したときに目に見える雨漏りが発生します。

住宅は雨漏りを防ぐ1次防水と2次防水

住宅は、雨漏りを防ぐために2段構えの防水機能があり、それぞれを1次防水と2次防水と言います。ここでは、1次防水と2次防水がどのような役割があるのかを説明いたします。

1次防水(建物の外側の防水機能)

1次防水は、外壁材や屋根材など建物の外から見える部分で、初めに雨水から建物を守る役割として機能しています。具体的には、サイディングやモルタルなどの外壁材、瓦やスレート、板金などの屋根材、隙間を埋める役割のシーリングなどがあげられます。

経年劣化で建材がダメージを受けると、防水性能の低下やひび割れが発生します。2次防水があるので、直結するわけではないですが、雨漏りに繋がる可能性があります。

1次防水の補修方法は、新たに防水性のある塗膜を形成するための塗装とシーリングの充填の2点です。塗装工事を行うことで、1次防水の機能が生き返ります。塗料やシーリングの耐久年数を目安にメンテナンスが必要です。

2次防水(建物の内部の防水機能)

2次防水は、1次防水で防げなかった雨水を建物内部に浸水させない役割があり、1次防水と建物の間に施工されています。雨水の浸入を防ぐ最後の防水機能で、ここが浸水すると雨漏りや腐食など建物に致命的なダメージが出る可能性が高いです。

具体的には、外壁材の下にアスファルトルーフィングやアスファルトフェルト、透湿防水紙、屋根材の下にルーフィングなどの防水シートが施工されています。

2次防水の修繕は、既存の外壁材や屋根材を剥がして施工を行う為、1次防水より費用が大幅に高額となります。建物保護と費用面から考え、軽度な補修の1次防水で対応しておくことをおすすめします。

その他、雨漏り補修に関するお役立ちコンテンツ

雨漏りの原因特定は、専門の業者でなければ難しいです。ここでは、プロの業者が行う雨漏り調査方法の特徴と費用についてご紹介します。

雨漏りは放置しておいていいことはありません。2次被害にまで拡大すると補修にかなりの費用がかかる可能性があります。ここでは、2次被害にどのようなことがあるのかを説明します。

住宅には、雨漏りを防ぐために様々な工夫が施されています。ここでは、それぞれの雨漏りを防ぐ対策について説明いたします。

雨漏りが起こりやすい箇所としては「屋根、ベランダ、雨樋、外壁、窓」があげられます。ここでは、これらの箇所からの雨漏りの主な原因についてご説明します。

シロアリは雨漏りの二次災害として深刻な被害をもたらします。ここでは、シロアリの種類と駆除方法についてご説明します。

築10年以上で雨漏りが生じる可能性があり、定期的なチェックが必要です。ここでは、予防と応急処置についてご説明します。

雨漏りの補修は優良業者を選ぶことが大切です。ここでは、選定方法のポイントと資格についてご説明します。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する