TOP > 雨漏り補修 > 雨漏りの予防と応急処置
更新日:2019/07/16

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます
解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

雨漏りの予防と応急処置

【この記事の要約】

屋根や外壁は、建ててから10年も経つと、経年劣化や震災などによって雨漏りが生じることがあります。被害が拡大する前に、定期的にチェックして前兆をとらえられれば、早めのメンテンスが可能で、費用も最小限に抑えられます。

このページでは、自分でできる雨漏りのチェックポイントや補修が高額になる可能性がある二次被害について説明しています。

雨漏りを未然に防ぐためには定期的なチェックを!

半年から1年に一度、特に雨や雪が多い地域では、自宅の様々な場所を点検しましょう。ただ、屋根に登るのは危険なので、慣れていない方は業者に依頼したほうが安心です。

雨漏りチェック!

□屋根の瓦がずれていないか
□瓦と瓦のあいだに隙間やひびや抜けた釘がないか
□金属製の屋根にサビはないか
□天窓付近に劣化はないか
□外壁にひび割れがないか、変色していないか
□雨樋やベランダの排水口にゴミや落ち葉が詰まっていないか
□ベランダの床にひびはないか
□天井や壁、窓枠にシミやカビがないか
□天井や壁のクロスが浮いていないか
□室内外のコーキング部分が劣化していないか

もし自分でチェックしていて雨漏りが疑われたら、応急処置をしてすぐに専門業者に相談してください。

すぐできる応急処置

・浸水箇所にバケツや雑巾などを用いて水が広がらないようにする
・防水テープやコーキング材を購入し、原因と思われる箇所に塗布
・屋根や外壁、ベランダ等にブルーシートを被せ、雨が当たらないようにする

雨漏りの二次災害は高額な費用が必要になることも

点検中、シミやカビを発見した時点で、建物内部がかなりのダメージを受けている可能性があります。雨漏りによって以下のように様々な二次災害があり、放置すると大変ことになります。

シミの発生

天井や壁に雨染みができている場合は、建物内部まで水が浸入しているサインです。腐食が進行する可能性がありますので、早急な修繕が必要です。

カビの発生

雨漏りしている場所は、多湿でカビが繁殖しやすい環境です。建材にダメージが出るだけではなく、喘息やアレルギー、シックハウス症候群など、健康被害も懸念されます。

柱や梁の腐食

木材の腐食を起こし建物構造の根底を支えている部分の強度が弱体化する可能性があります。耐震性が低下し、最悪の場合は傾きや倒壊につながります。

漏電

雨漏りでブレーカーが濡れてしまった場合、漏電が生じる可能性があります。漏電によって火災や感電などの非常に危険な被害がもたらされます。

シロアリの繁殖

水分で腐食した木部は、シロアリにとって最適な繁殖環境で、短期間で食い荒らされます。腐食にシロアリ被害が加わる事によって、急激に建物のダメージが進行し傾きや倒壊へつながります。

もし雨漏りを応急処置したまま放置した場合、これらの二次災害が進行するおそれがあります。そうなると修繕箇所が多くなりダメージも深くなるため、修繕費用が高額になります。さらに、倒壊の可能性や資産価値の低下、健康被害への懸念も考えられますので、異変を感じた時点での対処をおすすめします。

その他、雨漏り補修に関するお役立ちコンテンツ

雨漏りの原因特定は、専門の業者でなければ難しいです。ここでは、プロの業者が行う雨漏り調査方法の特徴と費用についてご紹介します。

雨漏りが発生するときは、雨水が1次防水と2次防水を突破して起こります。ここでは、1次防水と2次防水の役割を説明いたします。

雨漏りは放置しておいていいことはありません。2次被害にまで拡大すると補修にかなりの費用がかかる可能性があります。ここでは、2次被害にどのようなことがあるのかを説明します。

住宅には、雨漏りを防ぐために様々な工夫が施されています。ここでは、それぞれの雨漏りを防ぐ対策について説明いたします。

雨漏りが起こりやすい箇所としては「屋根、ベランダ、雨樋、外壁、窓」があげられます。ここでは、これらの箇所からの雨漏りの主な原因についてご説明します。

シロアリは雨漏りの二次災害として深刻な被害をもたらします。ここでは、シロアリの種類と駆除方法についてご説明します。

雨漏りの補修は優良業者を選ぶことが大切です。ここでは、選定方法のポイントと資格についてご説明します。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する