TOP > 雨漏り修理 > 雨漏りの2次災害とは
更新日:2019/05/14

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます
解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

雨漏りの2次災害とは

【この記事の要約】

雨漏りの2次災害とは、雨漏りが発生することによって、湿気や水で建物にダメージや悪影響が発生することです。進行すると深刻な被害が出る可能性があります。最悪の場合、建物の柱などが腐食したり、シロアリに食べられることがあり、修復にかなり費用がかかってしまう可能性があるので、早期に補修すること重要です。

雨漏り2次災害の症状

シミの発生

天井や壁に雨染みが出来ている場合は、建物内部まで水が浸入しいるサインです。腐食が進行する可能性がありますでの、早急な修繕が必要です。

カビの発生

雨漏りがしている場所は、多湿でカビが繁殖しやすい環境です。建材にダメージが出るだけではなく、喘息やアレルギー、シックハウス症候群など、健康被害も懸念されます。

柱や梁の腐食

木材の腐食を起こし建物構造の根底を支えている部分の強度が弱体化する可能性があります。耐震性が低下し、最悪の場合は傾きや倒壊の可能性があります。

白アリの繁殖

水分で腐食した木部は、白アリにとって最適な繁殖環境で、短期間で食い荒らされます。腐食に白アリ被害が加わる事によって、急激に建物のダメージが進行し傾きや倒壊へ繋がります。

漏電

雨漏りでブレーカーが濡れてしまった場合、漏電がおきる可能性があります。漏電によって火災や感電などの非常に危険な被害がもたらされます。

雨漏り2次災害が進行すると高額な修繕費が必要

雨漏りは、外壁や屋根、サッシなど様々な部分から柱や壁を伝って建物内部まで侵入します。シミやカビを発見した時点で、建物内部がダメージを受けている可能性があり、室内から見える部分の修繕と建物内部の修繕が必要になります。また、根本的な雨漏りの修繕も必要です。

雨漏りの2次被害が進行すると、修繕箇所が多くなりダメージも深くなるため、修繕費用が高額になります。また、倒壊の可能性や資産価値の低下、健康被害への懸念も考えられますので、早めの対処をおすすめします。

その他、雨漏り補修に関するお役立ちコンテンツ

台風は建物や車、命に関わる被害が発生する可能性があるため、事前の対策や準備が大切です。ここでは、台風の規模や自分でできる事前準備についてご紹介します。

雨漏りが発生するときは、雨水が1次防水と2次防水を突破して起こります。ここでは、1次防水と2次防水の役割を説明いたします。

シロアリは雨漏りの二次災害として深刻な被害をもたらします。ここでは、シロアリの種類と駆除方法についてご説明します。

築10年以上で雨漏りが生じる可能性があり、定期的なチェックが必要です。ここでは、予防と応急処置についてご説明します。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する