TOP > 雨漏り補修 > 自分でできる台風の事前対策・準備
更新日:2020/10/03

この記事を評価する

閉じる
この記事のアドバイザー情報※各タブをクリックすると詳細が見れます
解説者鈴木良太【編集者・サイト管理人】
幼少の頃、二世帯住宅に住んでいた祖母が悪徳業者に騙されたのをきっかけに外壁塗装110番を立ち上げました。累計20,000件を超えるお客様からの相談や、一級塗装技能士の資格を持つプロの職人に話を聞き、より正確な情報を掲載できるよう心掛けています。

自分でできる台風の事前対策・準備

【この記事の要約】

台風は、強い風と雨をもたらし、建物や車などに重大な被害をもたらす場合があります。また、重大な災害が発生し人命に関わる被害が起こる可能性がある場合は、避難が必要です。

このページでは、台風の規模と強さ、事前にするべき対策、やってはいけない行動、非常時の持ち出し品リスト、警報の種類について紹介しています。

台風とは

台風は、北西太平洋もしくは南シナ海にある低気圧で最大風速が17.2m/s(秒)以上のものを指します。強風と大雨がセットで発生することが多く、それにより、様々な被害が起こる可能性があります。

台風の規模と強さ

台風は、大きさを「強風域」、強さを「最大風速」で表します。

強風域は、半径500キロ~800キロ未満で「大型」の台風になり、半径800キロ以上の場合は「超大型」の台風になります。

500キロ未満の場合は、特に表現がありません。

最大風速

風速とは、地上10メートルでどのくらいの速さの風が吹いたかを表し、10分間に吹いた風速の平均を「平均風速」と呼び、平均風速の最大値を「最大風速」と呼びます。

瞬間的に吹いた風は、「瞬間風速」と呼ばれ、平均風速の1.5倍程度になる場合が多いです。また、一定期間内で最も大きな瞬間風速を「最大瞬間風速」と呼びます。

台風の強さは、最大風速を基準にしており、33メートル~44メートル未満で「強い」、44メートル~54メートル未満で「非常に強い」、54メートル以上で「猛烈な」と表現されます。

風の強さ

風の強さは、平均風速によって分類されており、どの程度の影響や被害があるかを知ることが出来ます。

平均風速10m/s以上~15m/s未満

「やや強い風」に分類され、時速は50km以下で一般道路の自動車並みのスピードです。

■人体への影響
風に向かって歩きにくく、傘がさせない状態になります。

■屋外や樹木への影響
樹木の全体や電線が揺れ始めます。

■走行中の車への影響
高速で運転している場合は、横風に流される感じがします。

■建造物への影響
樋が揺れます。

平均風速15m/s以上~20m/s未満

「やや強い風」に分類され、時速は50km~70kmで高速道路の自動車並みのスピードです。

■人体への影響
風に向かって歩くのが困難で、転倒する危険性があります。高所作業は落下する可能性があり危険です。

■屋外や樹木への影響
電線がビュービューと鳴き始めます。

■走行中の車への影響
高速で運転している場合の横風に流される感じが大きくなります。

■建造物への影響
瓦屋根や看板などが剥がれる可能性があり、雨戸やシャッターが揺れます。

平均風速20m/s以上~25m/s未満

「非常に強い風」に分類され、時速は70km~90kmで高速道路の自動車並みのスピードです。

■人体への影響
何かに掴まっていないと立っていられない状態で、飛来物が飛んでくる可能性があります。

■屋外や樹木への影響
細い樹が折れたり、根が弱い樹が倒れる可能性があります。また、看板の落下や道路標識が傾くといった被害が出始めます。

■走行中の車への影響
通常の走行が困難になります。

■建造物への影響
瓦屋根の飛散、固定されていないプレハブ小屋のズレや転倒、ビニールハウスの破損などが発生します。

平均風速25m/s以上~30m/s未満

「非常に強い風」に分類され、時速は90km~110kmで高速道路の自動車や特急電車並みのスピードです。

■人体への影響
飛ばされたり転倒する可能性が高いので、屋外にいるのは非常に危険です。

■屋外や樹木への影響
細い樹が折れたり、根が弱い樹が倒れる可能性が高くなります。また、看板の落下や道路標識が傾くといった被害の確率も高くなります。

■走行中の車への影響
走行中のトラックが横転する可能性があります。

■建造物への影響
金属屋根の固定が不十分な場合は、めくれる可能性があります。また、仮設足場の固定が不十分な場合は、崩れる可能性があります。

平均風速30m/s以上~35m/s未満

「猛烈な風」に分類され、時速は110km~125kmで特急電車並みのスピードです。

■人体への影響
飛ばされたり転倒する可能性が非常に高くなります。

■屋外や樹木への影響
細い樹が折れたり、根が弱い樹が倒れる可能性が非常に高くなります。また、看板の落下や道路標識が傾くといった被害の確率も非常に高くなります。

■走行中の車への影響
走行中のトラックが横転する可能性が高くなります。

■建造物への影響
金属屋根の固定が不十分な場合は、めくれる可能性が高くなります。また、仮設足場の固定が不十分な場合は、崩れる可能性が高くなります。

平均風速35m/s以上~40m/s未満

「猛烈な風」に分類され、時速は125km~140kmで特急電車並みのスピードです。

■人体への影響
飛ばされたり転倒する可能性が非常に高くなります。

■屋外や樹木への影響
樹の多くが倒れます。また、電柱や街灯も倒れる可能性があります。

■走行中の車への影響
走行中のトラックが横転する可能性が非常に高くなります。

■建造物への影響
外壁材が広範囲に剥がれる可能性があります。

平均風速40m/s以上

「猛烈な風」に分類され、時速は125km~140kmで特急電車並みのスピードです。

■人体への影響
飛ばされたり転倒する可能性が非常に高くなります。

■屋外や樹木への影響
樹の多くが倒れます。また、電柱や街灯も倒れる可能性があります。

■走行中の車への影響
走行中のトラックが横転する可能性が非常に高くなります。

■建造物への影響
木造の倒壊や鉄骨構造物の変形が起こる可能性があります。

雨の強さ

台風は雨を伴うことが多く、雨の強さは、1時間の雨量で表現されます。

10㎜/h以上~20㎜/h未満

「やや強い雨」に分類され、ザーザーと降っているイメージです。

地面一面に水たまりができ、地面からの跳ね返りで足元が濡れたり、雨の音で会話が聞き取れないといった影響があります。

20㎜/h以上~30㎜/h未満

「強い雨」に分類され、どしゃ降りのイメージです。

傘をさしていても濡れ、車のワイパーを使用しても視界が悪くなります。また、寝ていても雨が降って気づくようになります。

30㎜/h以上~50㎜/h未満

「激しい雨」に分類され、バケツをひっくり返したイメージです。

道路に水が溜まって川のようになり、車のブレーキが効かなくなる「ハイドロプレーニング現象」が発生します。また、山崩れやがけ崩れが発生する可能性があります。

50㎜/h以上~80㎜/h未満

「非常に激しい雨」に分類され、滝のように降るので、水しぶきであたり一面が白くなり視界が悪くなります。

車の運転は非常に危険で、山崩れやがけ崩れに加えて土石流など災害が発生する可能性があります。

80㎜/h以上

「猛烈な雨」に分類され、息苦しいような圧迫感あり、恐怖感を感じます。

大規模な災害が起こる可能性があるので、避難指示に備える必要があります。また、道路が冠水して歩けなくなる場合があるので、早めの避難を検討する必要があります。

事前にするべき家の中と外の対策

台風の雨風によって、住宅が被害を受ける可能性があるので、事前に対策を行うことが望ましいです。

側溝や排水口の対策

普段よりも雨水が大量に流れ込むので、掃除をして水はけを良くすることが重要です。バルコニーの側溝や排水口で水が溢れると、室内に水が浸入する可能性があります。

風で飛ばされそうなものの対策

庭やバルコニーに植木鉢や物干し竿などがある場合は、強風で飛ばされる可能性があります。

強風で飛ばされると、窓ガラスが割れる可能性があるので非常に危険です。また、2階以上のベランダから物が落下した場合は、通行人に当たってけがをするなど、重大な事故に繋がる可能性があります。

屋根の対策

■日本瓦
経年劣化している瓦は落下する可能性があるので、差し替えや葺き替えなどのメンテナンスを行う必要があります。安価に対策する場合は、シーリングで瓦同士を接続する「ラバーロック工法」が有効です。

■スレート
経年劣化しているスレートは、強風に煽られて割れる可能性があるので、ビスでの固定や補修が必要です。

外壁の対策

■サイディング
目地のシーリングが劣化している場合は、隙間から雨水が外壁内部へ侵入する可能性があるので、補修が必要です。

■モルタル
大きなクラックがある場合は、雨水が浸入する可能性があるので、補修が必要です。

フェンスの対策

フェンスのビスが緩んでいると支柱から外れる可能性があるので、締め直す必要があります。また、控え柱を追加で設置して、フェンスの強度を上げることで、倒壊を防ぐことができます。

但し、強風に耐えられない可能性があるので、フェンスを外して倒壊などの被害を予め防ぐのも一つの方法です。

窓の対策

台風で窓が割れる原因は、強風ではなく、飛来物がぶつかることによる破損です。

窓を飛来物から守るには、雨戸やシャッターを降ろすことが有効ですが、地域や建物によっては、雨戸やシャッターが無い住宅があります。その場合は、窓ガラスの外側、もしくは内側からダンボールを貼り付けることで、ガラスの破片が飛び散るのを防ぐことができます。

ダンボールが用意できない場合は、ガムテープを米の字に貼ることで、ガラスの飛散を抑えることができます。但し、ダンボールに比べて効果が薄いです。

ドアの対策

玄関ドアの下部に雨水が吹き込む可能性があるので、新聞紙やタオルなどで隙間を埋めて対応します。

また、突風によってガタつきが発生する事があります。その場合は、バーロックにボールペンなどを詰めてドアを固定することで、ガタつきを防ぐことができます。

床上の浸水対策

床上浸水は、室内の床や家財が水没するので、従来の生活をすることができなくなるため、非常に大きな被害をもたらします。

床上浸水を防ぐためには、土のうや水のうが有効です。土のうは、玄関や門などの水が流入する箇所に設置し、水のうは、玄関や門などに加えて、排水口を塞いで逆流を防ぐのにも適しています。

事前にするべき車の対策

運転の際に避けるべき場所

車を運転する際は、既に冠水した道路や冠水する可能性があるアンダーパスや鉢状の道路、川や海沿いの道路を避ける必要があります。

山間部や傾斜地は、地盤が緩むので、土砂崩れや崖崩れが発生する可能性があり、巻き込まれるだけではなく、道路が寸断される可能性もあります。

一本道の開けた道路や高層ビルが密集している場所は、遮蔽物が無いので風の影響を受けやすいので注意が必要です。

駐車の際に避ける場所

駐車する際は、冠水する可能性がある川や海沿い、低地を避けて、高台などの冠水する恐れが少ない場所に停めましょう。

また、山間部や傾斜地の土砂崩れや崖崩れ、遮蔽物の無い場所の強風、建築現場や老朽化した建物の落下物などにも注意が必要で、できれば、室内に駐車した方が安全です。

■車用のカバー
車用のカバーを付けることで、万が一、飛来物によってフロントガラスなどが割れた場合に、車内への浸水を防ぐことが出来る場合があります。但し、強風によって車のボディが擦れる事があるので、裏起毛でサイズの合ったカバーを使用しましょう。

車両保険

車両保険は、物がぶつかって出来る破損だけではなく、水没も補償範囲内です。また、保険を使用すると等級が下がって保険料が高くなりますが、台風被害の場合は、1等級のダウンで、事故有係数の適用期間が短いので、割高となる保険料が少ない特徴があります。

これだけあれば安心!非常時の持ち出し品リスト

・飲料水
・食料品(カップラーメン、缶詰、ビスケットなど)
・貴重品(通帳、印鑑、保険証、現金)
・救急用品(消毒液、ばんそうこう、包帯、常備薬など)
・レジャーシート
・毛布タオル
・衣類
・ポリ袋
・ウエットティッシュ
・簡易トイレ
・洗面道具
・ローソク
・ライター
・携帯ラジオ
・軍手や手袋
・電池
・携帯電話充電器
・懐中電灯

事前に確認するべきこと避難場所の確認など

迅速かつ安全に避難ができるように、自宅や勤務先からの避難場所と避難経路を予め確認しておきましょう。

避難場所や安全な避難経路は、国土交通省が提供している「全国自治体ハザードマップ」や「ハザードマップポータルサイト」、各市町村が用意する「防災情報マップ」で確認することができます。

避難場所は、イオンなどの一部の商業施設も避難場所の対象となっていますが、災害の種類によって、避難場所が異なる場合があるので注意が必要です。

これはやってはダメ!接近中の行動

強い台風が上陸した際に、よく発生する死亡事故が3つあります。

用水路の見回り

1つ目は、田んぼなどの用水路の見回りです。増水した用水路は道路と境目がわからないので、落ちて足を取られて水路に落ちる事故が起こります。

港湾の見回り

2つ目は、港湾の見回りです。防波堤や波打ち際は、高潮が発生して攫われる危険があります。

屋外作業

3つ目は、屋外作業、特に屋根に登った作業が危険です。暴風や突風による落下事故や飛来物による事故が発生する危険性があります。

気象庁が発表する警報の種類

警報は、気象庁が台風や地震など、重大な被害が起こる可能性がある災害に対して発表し、危険性に応じて3つの種類に分かれています。

注意報

注意報は、災害が発生する恐れがある際に発表される警報で、大雨注意報、洪水注意報、強風注意報、波浪注意報などがあります。

警報

警報は、注意報よりも危険性が高い災害が発生する恐れがある際に発表される警報で、大雨警報、洪水警報、暴風警報、波浪警報などがあります。

特別警報

特別警報は、数十年に一度の非常に危険な現象が起こる可能性がある際に発表される警報で、直ちに命を守る行動をとることが推奨されます。大雨特別警報、暴風特別警報、波浪特別警報、高潮特別警報があります。

「避難指示」「避難勧告」などは各自治体ごとに発令

避難指示や避難勧告は、各自治体が避難準備、避難勧告、避難指示の3段階に分けて発令します。

避難準備

避難準備は、避難勧告や避難指示に事前準備として発令されます。避難の準備を促す、又は、高齢者や小さな子供など、避難に時間を要する者は避難を推奨しています。

避難勧告

避難勧告は、被害が予想される地域の住民の対して避難を促すために発令されます。避難準備よりも緊急性が高く危険なため、迅速は避難が必要です。

避難指示

避難指示は、すぐに被害起こる、もしくは、すでに被害が起こっている際に発令されます。人命に関わる被害が予想されるので、直ちに避難が必要です。

まとめ

台風は、強風域と最大風速で規模と強さを表し、風と雨によって様々な被害をもたらします。台風被害から住宅を守るために、屋根や外壁のメンテナンスや窓やフェンスの対策が重要で、車への被害に対しては、室内への駐車や車両保険が非常に有効です。

また、避難勧告や避難指示が発令された場合は、身の安全を確保する為に避難しなければなりません。避難経路と避難場所を事前に確認し、迅速かつ安全に避難することが重要です。

その他、雨漏り補修に関するお役立ちコンテンツ

雨漏りの原因特定は、専門の業者でなければ難しいです。ここでは、プロの業者が行う雨漏り調査方法の特徴と費用についてご紹介します。

雨漏りは放置しておいていいことはありません。2次被害にまで拡大すると補修にかなりの費用がかかる可能性があります。ここでは、2次被害にどのようなことがあるのかを説明します。

住宅には、雨漏りを防ぐために様々な工夫が施されています。ここでは、それぞれの雨漏りを防ぐ対策について説明いたします。

雨漏りが起こりやすい箇所としては「屋根、ベランダ、雨樋、外壁、窓」があげられます。ここでは、これらの箇所からの雨漏りの主な原因についてご説明します。

シロアリは雨漏りの二次災害として深刻な被害をもたらします。ここでは、シロアリの種類と駆除方法についてご説明します。

築10年以上で雨漏りが生じる可能性があり、定期的なチェックが必要です。ここでは、予防と応急処置についてご説明します。

雨漏りの補修は優良業者を選ぶことが大切です。ここでは、選定方法のポイントと資格についてご説明します。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る
今すぐ相場を確認する