TOP > 外壁塗装の見積りチェックポイント > 見積書を取るときの注意点 > 塗装に必要な塗料の量(缶数)を計算する方法

塗装に必要な塗布量(缶数)を計算する方法

外壁塗装110番 アドバイザー 鈴木良太

手抜きのない塗装をするには、メーカーの定めた基準塗布量を守らなければなりません。使用する缶数が少ないと基準塗布量が少なくなってしまいます。そのため、使用する缶数を大体でも把握しておくことをお勧めします。

使用する缶数を把握するには、各メーカーの商品ページか、商品カタログに記載がある基準塗布量から計算します。

基準塗布量とは?

基準塗布量とは、各塗料ごとに定められている、1缶(一斗缶)あたりでどれくらいの面積を塗ると塗料が持つ性能を保つことができるか?という使用量です。メーカーにより、標準塗坪、標準塗布量、標準所要量など書き方が違いますが意味は同じです。

例えば、1缶あたりで100m2の基準塗布量の塗料があった場合に、1缶あたりで200m2塗ってしまうと塗料の厚みがなく、耐久性や見た目が悪くなります。

メーカーにより、1缶当たりの塗り面積を掲載しているところもあれば、所要量というm2あたりの量(kg)を掲載している場合もあります。

よく「うちの家を塗装するのにこの缶数で足りるの?」と不安に思う方もいますが、外壁や屋根、付帯部分の面積がわかれば、使用する缶数を計算するのは簡単です。

但し、正確な缶数を計算するには、塗る部分の正確な面積を計算しなければなりません。面積を正確に計算するのは難しいので、あくまでもここでの缶数の計算は大体どれくらい使うのかを把握するために使います。

必要缶数の計算方法

外壁や屋根の面積がわかれば、小学校で習う数学の知識があれば必要缶数を計算できます。

外壁屋根の面積を計算するには?

外壁や屋根の面積を正確に計算するには図面から計算しなければなりませんが、大体の缶数を調べるだけなら延べ床面積から以下の外壁や屋根面積を使えば十分です。この表の数字の面積の求め方は、外壁の面積の求め方屋根の面積の求め方で説明しています。

坪数(平米数) 外壁面積(m2) 屋根面積(m2)
20坪(66.2m2) 100~109 40~44
25坪(82.8m2) 110~119 45~54
30坪(99.3m2) 120~129 55~64
35坪(115.9m2) 130~139 65~74
40坪(132.4m2) 140~149 75~84
45坪(149.0m2) 150~164 85~94
50坪(165.5m2) 165~180 95~105

使用量から計算する方法

この数字は、1m2当たり塗るのに使う塗料の量です。メーカーの公式サイトにもカタログにも必ず掲載されています。

数字が小さい方が、壁の素材による凹凸が少なく、劣化による塗料の吸い込みも少なく塗りやすい壁になります。

■使用量0.11kg/m2で壁面積が150m2だった場合
0.11×150=16.5kg
16.5kg÷15=1.1缶
1回塗るのに必要な缶数なので、中塗り・上塗りで2.2缶使うことになります。

1缶当たりの塗り面積から計算する方法

こちらの数字は、予め1缶当たりで塗れる面積が出ているので、あとは壁の面積を1缶当たりで塗れる面積で割れば求められます。カタログなどにはこの数字が出ていないことが多いです。

数字が大きい方が、壁の素材による凹凸が少なく、劣化による塗料の吸い込みも少なく塗りやすい壁になります。

■1缶当たりの塗り面積が136m2で壁面積が150m2だった場合
150÷136=1.1缶
1回塗るのに必要な缶数なので、中塗り・上塗りで2.2缶使うことになります。

なぜ、使用量の数字は幅があるのか?

使用量の数字は0.11~0.17のように必ず幅があります。これは外壁などの劣化状況や素材により使う量が異なるからです。

例えば、劣化が激しい状態だと塗料を良く吸い込んでしまいます。そのため、kg当たりの塗れる面積が少なくなってしまいます。また、平らな壁よりも凹凸がある壁の方がkg当たりの塗れる面積が小さくなります。

これらの判断は素人には難しいです。最終的には信頼できる業者に建物を見て判断してもらい、しっかりと塗装をしてもらうことが重要です。

その他、見積書を取るときの注意点に関するコンテンツ

外壁塗装の見積書を見ていると見慣れない項目がたくさん出てきます。ここでは、内訳の説明と相場をまとめて説明していきます。

本当にお得?パック料金プランを申込む前に注意する点まとめ お得に感じるパック料金プランですが、注意しないと騙される可能性があります。ここでは、注意する点をまとめて説明していきます。

外壁塗装は安ければ良いと言うわけではありません。原価がわかれば、割引の限界がわかり、それを越えた割引がどのようになるかがわかります。

見積りと言っても出し方によって正確さが異なります。ここでは、概算と現地調査をしての見積書の違いについて説明していきます。

ピックアップ

半年以内に外壁塗装を検討している方は以下のコンテンツを読むことをオススメします。外壁塗装で失敗しないために重要な、価格相場や業者の選び方、今の業者との契約を解除するクーリングオフの書き方などを説明しています。

外壁塗装で失敗しないためには、優良業者から複数の見積りを取り比べることが重要です。当サービスを利用すれば、簡単に複数業者から見積りが取れます。

当サイトの紹介業者で施工した内、情報公開に協力いただいた482棟、総額558,623,419円分のデータを元に作成しています。これが本当の相場です。

業者と契約済みでも契約から8日以内であれば、契約解除できます。ここでは、クーリングオフの書き方、サンプルを掲載しています。

外壁塗装は、どんなに良い塗料を使っても業者が手を抜くと、塗料が持つ性能を発揮できません。そのため、業者選びが一番重要です。

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る