TOP > 本当にあった外壁塗装のトラブルを弁護士が解説 > 訪問販売で契約したら下請けの業者が雑な施工をしました。

最近の相談内容

訪問販売で契約したら下請けの業者が雑な施工をしました。

訪問販売の業者で契約したところ下請けの業者が塗装しにきました。終わってみると外壁にムラがあるし、シーリング工事が明らかに雑です。契約を交わした元受の業者にやり直しを要求しましたが、対応すると言ったきり何もやってくれません。

下請けの職人の名刺はもらっているので、下請けに直接連絡をしたいのですが、問題ないでしょうか?それとも元受にしつこく連絡した方がいいのでしょうか?

 71歳 女性 埼玉県
民法第634条で、仕事の目的物に問題がある場合は、注文者は、請負人に対し相当の期間を定めて修補を請求することができる旨、定められています。

これを、「瑕疵修補請求権(かししゅうほせいきゅうけん)」といいます。ただし、軽微な瑕疵でその修補にかかる費用が高すぎる場合は、修補請求はできないとされています。

今回のように、実際に工事を行ったのが下請業者であっても、瑕疵修補請求は、あなたが、直接請負契約を結んだ、元請会社に対し行うことになります。

注文者と下請負人との間には、直接の法律関係は生じません。元請業者が対応してくれないようであれば、弁護士から内容証明郵便を送ってもらう、調停や訴訟に進むといった方法が考えられます。

弁護士プロフィール

諏訪・高橋法律事務所:高橋智美

外壁塗装業者選びで失敗しないために。小冊子を無料でプレゼント
ご成約頂いたお客様に10,000円キャッシュバック
弁護士法人ベリーベスト法律事務所

過去の相談内容

ピックアップ

外壁塗装業者

外壁塗装の基礎知識

運営団体について

ページトップへ戻る